1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

月によって相場は変わるの?4月の引越相場について調べてみた


4月は転勤や進学などで引越し件数が多くなります。引越し業者が忙しいので引越相場も高くなります。

4月の引越相場はどれくらいなのでしょうか。4月の引越相場と引越し料金を安くする方法を解説します。

引越しを予定している方は参考にしてください。

4月の引越相場は3月の次に高い

新年度が始まり引越しに迫られる方は少なくありません。4月に引越しを予定している方は引越相場が気になるはずです。

4月の引越相場はどれくらいなのでしょうか。

4月は引越し件数が多い

月ごとの引越相場を理解したい方は、月ごとの引越し件数を押さえておくと良いでしょう。引越し件数が多くなると引越し業者が忙しくなるので、引越し料金・引越相場が高くなるからです。

4月は転勤や進学など引越し件数が多くなります。このことは総務省が発表している住民基本台帳移動報告で確認できます。

2016年の住民基本台帳移動報告によると、4月の市区町村間移動者数・都道府県間移動者数・都道府県内移動者数の合計は1,463,174名です。3月の1,891,668名には劣りますが1年で2番目に多い数です。

3番目に多い8月が793,252名なので、3月と4月に引越しが集中していることが分かります。3月・4月は引越し業者の繁忙期といえるでしょう。

4月の引越相場が高い理由

先ほど説明した通り、引越し業者が忙しくなると引越し料金・引越相場は高くなります。普段より多い作業員、トラックなどの手配が必要なので、割増料金が加算されるからです。

引越し料金は次の計算式で求められます。

引越し料金=基準運賃・料金+実費+オプションサービス料

※基準運賃・料金はトラックの大きさと作業時間あるいは移動距離で決まります。
※実費は作業員の人件費、梱包資材費などです。
※オプションサービス料は、不用品処分料、ハウスクリーニング料などです。

4月の引越相場は通常期の3割増し

四月の引越料金は通常期(5月~2月)に比べどれくらい高くなるのでしょうか。

個別の引越し料金はケースにより異なりますが、2月の引越相場は通常期に比べ3割以上高くなるといわれています。

やむを得ず引越しする方は、割高になることを覚悟したほうが良いかもしれません。

4月の単身・家族の引越相場

4月に単身・家族で引越しした方の引越相場は次の通りです。引越相場が気になる方は覚えておきましょう。

<4月の引越相場>

・単身・荷物少なめの場合 40,000円~65,000円程度
・単身・荷物多めの場合 65,000円~100,000円程度
・2人家族の場合 90,000円~130,000円
・3人家族以上の場合 110,000円~

引越し料金は荷物の量・移動距離・引越し作業時間などによっても変動します。個別の引越し料金の相場は、いくつかの引越し業者から見積もりをとって確認する必要があります。

4月の引越相場より安く引越しする方法

引越し料金が高くなると分かっても、転勤や進学を控えている方は予定を変えられないはずです。4月に出来るだけ安く引っ越したい方は次の方法を試してみませんか。

引越し前に不用品を処分する

引越し料金は荷物の量により変わります。引越し料金を抑えたい方は、引越し前に不用品を処分してみてはいかがでしょうか。

処分するものは、訪問見積もり時に引越し業者の担当者と一緒に決めましょう。使用するトラックの大きさに影響を与えないモノを処分しても、引越し料金に影響を与えないことがあるからです。

引越し業者の担当者に相談すれば、何を処分すればどれだけ引越し料金が安くなるかわかります。処分するものを効率よく決められるのでオススメです。

不用品は、フリーマーケット・オークション・リサイクルショップで売却すると良いでしょう。いらないものがお金に変わるので引越し費用の足しにできます。

ただし、手間がかかるので引越しまで時間がない方にはオススメできません。忙しい方は引越し業者に不用品をまとめて処分してもらいましょう。

費用はかかりますが、手間をかけずにまとめて不用品を処分できます。

引越し料金を安くできるスケジュールを組む

スケジュールの組み方も引越し料金に影響を与えます。土日祝・午前中の引越しは、引越し業者が忙しいので引越し料金が高くなります。

引越し料金を抑えたい方は、平日・午後の引越しを検討しましょう。スケジュールに余裕のある方には、引越し日・引越し時間を引越し業者に任せるフリー便がオススメです。

引越し業者の空いた時間に引越しを行えるのでかなり安い料金で引越しできることがあります。

見積もりをとるときは、引越しの予定日を出来るだけ多く提示しましょう。1日だけに絞ってしまうと、引越し業者のスケジュール調整が難しくなるので値引き交渉をしづらくなるからです。

3日、4日程度の候補を提示すると引越し業者と交渉しやすくなります。簡単ですが、引越し料金を抑える重要なポイントです。

4月の引越し依頼はお早めに

4月に引越しする方は、予定が決まったら出来るだけ早く引越しを依頼しましょう。引越し業者によっては早割などの割引を適用してくれるところがあるからです。

割引を受けにくい4月であっても割引されるのでお得ですよ。

※3月、4月の引越しは早期に引越し業者の予定が埋まることがあります。希望する日時に引越しできなくなることがあるので、割引の有無にかかわらず早めに依頼しましょう。

まとめ

4月は3月に続き引越し業者の繁忙期です。比例して引越相場も高くなります。4月に引越しを予定している方は紹介した方法で引越し料金を節約してみてはいかがでしょうか。

さらに引越し料金を節約したい方には、引越し料金比較サイトの一括見積もりがオススメです。

複数の引越し業者を競合させることで、引越し料金を大幅に抑えることができます。簡単な引越し情報を入力するだけなので、引越し料金を節約したい方は試してみてはいかがでしょうか。


lp4

  関連記事