1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越し業者の営業マンを攻略するポイント


引越し業者の営業マンは、引越し業者の窓口になってくれる存在です。うまく活用できれば引越しを円滑に進めることができます。引越し業者の営業マンを攻略するポイントを解説するので、これから引越しする方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

引越し業者の営業マンとは

引越しに慣れていない方は、どのように引越しを進めればよいかわからないはずです。引越しというと荷物を搬出入する作業スタッフをイメージしがちですが、これらの作業スタッフだけで引越しが完結するわけではありません。

引越しは、引越しを依頼して担当者に見積もりを出してもらい契約するところからスタートします。引越しの正確な見積金額は、荷物の量・住環境などを確認しないと出せません。

これらを確認するために行うのが訪問見積りです。訪問見積りにやってくるのが引越し業者の営業マンです。つまり、引越し業者の営業マンは引っ越しの見積金額を算出する担当者なのです。

営業マンは引越し業者の窓口

基本的に、引越し業者の作業スタッフとは引越し当日まで顔を合わせません。それまでのやり取りは引越し業者の営業マンと行います。引越しを円滑に進めるには、引越し業者の窓口である営業マンと良好な関係を築く必要があります。

営業マンは引越しのアドバイザー

引越しの見積もりを出すには、引越しに関する幅広い知識が必要になります。営業マンは引越しのスペシャリストと考えてよいでしょう。

引越しについて詳しい知識がない方は、わからない点や気になる点を営業マンに尋ねてみてはいかがでしょうか。スペシャリストならではの知識や悩みを解決してくれるサービスを教えてくれるはずです。「営業マンは敵」と捉えられがちですが、良好な関係を築くと強力な味方になってくれます。

営業マンに相談したいポイント

引越しの詳しい知識がない方は、営業マンからアドバイスを受けると良いでしょう。次のポイントを相談すればよい引越しになるかもしれません。

引越し料金の節約方法

引越し料金は、荷物の量・荷物を運ぶ距離・使用する車両などをもとに「計算」されます。計算で求められるので、引越し料金を安くするにはポイントを押さえて引越しの条件を変更する必要があります。

引越し業者の営業マンに相談すれば、何をどのように変更すれば引越し料金を安くできるか教えてくれます。引越し料金を安くしたい方は、営業マンに料金を抑えるポイントを相談すると良いでしょう。

引越しの段取り

引越しに慣れていない方は、引越しをどのように進めればよいかわからないはずです。引越しの段取りについても、引越し業者の営業マンから教えてもらえます。

もちろん、ウェブサイトなどを参考にすれば引越しの段取りを調べることはできますが、引越し業者の営業マンから教えてもらえばそれ自体が打ち合わせになります。

引越しを円滑に進められるので、引越しの段取りは引越し業者の営業マンに相談することがオススメです。

営業マンから引越し業者を選ぶ

実際に、引越しするとなると引越し業者選びに悩むはずです。どの業者を選べばよいかわからない方は、営業マンから引越し業者の質を推測するとよいかもしれません。

営業マンは引越し業者の窓口であり顔なので、営業マンから引越し業者の質を推測することができます。引越し業者の営業マンを評価するときは、次のポイントをチェックしましょう。

営業マンの態度

訪問見積もりを受けるときは、営業マンの態度をチェックしましょう。営業マンの態度は人により様々です。人により異なるので営業マンから引越し業者の質は評価できないと思うかもしれませんが、教育の行き届いている引越し業者に態度の悪い営業マンはほとんどいません。

営業マンに教育が行き届いていないということは、作業スタッフにも教育が行き届いていない可能性があります。

大切な荷物を預ける作業スタッフに教育が行き届いていないと、荷物を傷つけられる、新居を傷つけられる恐れなどがあります。態度の悪い営業マンがいる引越し業者は、出来るだけ避けたほうが良いでしょう。

契約を強要してくる

営業マンが契約を強要してくる引越し業者にも注意が必要です。礼儀正しかった営業マンが、料金説明あたりから「今契約しないと引越し料金をあげます」など無理に契約を迫ってくることがあります。

立場を利用して契約を迫る営業マンがいる引越し業者を、良い引越し業者ということはできません。都合の悪いトラブルが起きたときに、知識の差を利用して引越し業者が有利になるようにトラブルを解決しようとする可能性などがあるからです。

引越し業者は、依頼者の意思を尊重してくれる営業マンがいるところを選びましょう。このような営業マンがいる引越し業者であれば、トラブルが起きても誠実に対応してくれるはずです。

熱心すぎる営業マン

熱心な営業マンは依頼者の要望をしっかり聞いてくれるので歓迎ですが、熱心すぎる営業マンはこちらの都合を考えてくれないので困ります。

訪問見積りで「検討したい」と伝えたのに契約するまで帰れないと粘る営業マン、何度も電話をかけてくる営業マン、他の引越し業者の動向を聞き出そうとする営業マンなどが熱心すぎる営業マンといえます。

熱心すぎる営業マンがいる引越し業者は、依頼者の要望より自社の都合を優先する恐れがあります。新規契約をとることに夢中なので、契約をとってしまうと依頼者の要望を聞き入れてくれなくなるかもしれません。

トラブルを避けたい方は、熱心すぎる営業マンがいる引越し業者も避けたほうが良いでしょう。

他社の悪口を言う営業マン

営業マンの中には競合する引越し業者の悪口を言う方がいます。依頼主の不安をあおって契約をとろうとする行為なので、このよう営業マンも熱心すぎる営業マンと同じです。依頼主の都合ではなく自社の都合を優先しているといえます。

新規契約をとることに夢中なので、契約を結ぶと依頼主の要望を聞いてくれなくなる可能性があります。気持ちよく引越しを終えたい方は、他社の悪口を言う営業マンがいる引越し業者を避けた方がよいかもしれません。

以上のポイントをまとめると、適切な教育を受けていない営業マン、何かしらの方法で依頼主をコントロールしようとする営業マンがいる引越し業者は避けた方が良いということになります。

引越しに慣れていない方は不安になるかもしれませんが、営業マンを選ぶポイントは他のサービスを利用するときと同じです。引越し業者選びに悩む方は、誠実で信頼できる営業マンがいる引越し業者を選ぶと良いでしょう。

まとめ

引越しの満足度は作業スタッフの質によるところが大きいので、営業マンだけで引越し業者の良し悪しを判断することはできません。

しかし、営業マンの質から引越し業者の質を推測することはできます。引越し業者選びに悩む方は、営業マンをしっかりチェックしましょう。

信頼できる営業マンを見つけた方は、引越しに関する様々な相談をするとよいかもしれません。スペシャリストならではの視点で相談に応えてくれるはずです。確かな営業マンを選び、良い引越しをしてください。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事