1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越し業者に訪問見積もりを受ける前に理解しておきたいポイント


訪問見積もりを依頼したものの何をどうすればよいかわからないことはありませんか。

お困りの方に、訪問見積もりの概要、事前にやっておくべきこと、当日に行うことを解説します。不安な方は参考にしてください。

引越し業者が行う訪問見積もり

引越し業者が行う訪問見積りとは、営業担当者が引越し前の自宅に訪れて情報を収集しながら正確な見積もりを出すサービスです。

引越しの概算見積りは電話やインターネットで出せますが、引越しの条件は千差万別であるため、正確な見積もりは訪問見積もりをしないと出せません。

訪問見積もりを行わない引越しプランもある

利用する引越しプランによっては訪問見積もりを行わないことがあります。

コンテナボックスや使用する車両の最大積載量で引越し料金を決めているプランでは、荷物の量を気にする必要がないからです。訪問見積もりが面倒な方は、このようなプランを利用するとよいかもしれません。

訪問見積もりを受ける前に行うこと

引越し業者の営業担当者は、訪問見積もりで荷物の量や周辺環境(荷物の搬出経路、主変の道路状況など)などを確認します。

これらのほか、依頼者に質問して正確な見積もりを出すために必要な情報を集めます。訪問見積もりを受ける方は、引越しに関する次の情報などを整理しておきましょう。

引越し先の住所など

最初に整理しておきたい情報が引越し先の情報です。番地や建物の名前はもちろん、一戸建て・集合住宅などの情報も必要です。集合住宅の場合、新居の階数、エレベーターの有無まで把握しておきましょう。以上のほかでは、周辺の道路状況、トラックを止められる駐車場の有無なども聞かれます。

引越しを依頼する日時

引越しを依頼する日時も必要な情報です。引越し料金は、引越しする日時により大きく異なることがあります。

基本的には、引越し業者が忙しくなるほど引越し料金は高くなります。3月・4月の繁忙期、土日祝、午前中は、引越し依頼が多くなりやすいといわれています。

訪問見積もりを受ける方は、引越し業者の営業担当者が来る前に引越しを依頼したい日時を決めておきましょう。

スケジュールにゆとりのある方は依頼したい日時の候補を複数用意しておくとよいかもしれません。営業担当者に提示すれば、その中から引越し料金が安くなる日を教えてくれるはずです。

引越し業者に依頼したい作業内容

引越し業者に依頼したい作業内容も、訪問見積もりを受ける前に決めておきましょう。基本的な引越しプランには、大型家具の梱包・荷物の搬出・荷物の運搬・荷物の搬入がセットされています。

荷造り・荷解き・セッティングなどは希望に応じて依頼できます。引越し業者にお願いしたい作業と自分たちで行う作業を明確にしておくと良いでしょう。

引越し業者に運んでもらう荷物

引越し業者に運んでもらう荷物も訪問見積もり前に決めておきます。引越し料金は荷物の量などによって決まるので、引越し業者に運んでもらう荷物が多くなると高くなります。

引越し料金を安くしたい方は、自分で運べる荷物は自分で運んだほうが良いかもしれません。引越し業者の営業担当者に相談すれば、どの荷物を自分で運べば引越し料金が安くなるか教えてくれます。

訪問見積りでお願いした荷物の量よりも実際に運ぶ荷物の量が多くなると、追加料金を請求されることがあります。料金をできるだけ安く抑えたい方は、訪問見積りで正確な荷物の量を伝えましょう。

引越しを依頼するオプションサービス

利用したいオプションサービスも訪問見積もり前に決めておきます。代表的なオプションサービスは次の通りです。

・エアコンの取外し・取付け
・洗濯機の取外し・取付け
・AV機器の設置・配線
・ピアノの輸送
・ペットの輸送
・バイクや自転車の輸送
・ハウスクリーニング
・不用品の処分
・荷物の一時預かり

利用したいサービスがある方は、訪問見積もり時に伝えましょう。

情報が不正確だと見積もりが高くなるかも

訪問見積りでは、以上の情報などが必要になります。依頼人の注意点は、わかる範囲で構わないので出来るだけ正確な情報を提供することです。

引越し料金を安くしたい方の中には情報をぼかして交渉を有利に進めようとする方がいるようですが、逆効果になることが多いようです。

正確な情報が得られないと、万が一のリスクに備えて高めの見積金額を提示する営業担当者が多いからです。

訪問見積もり時にやるべきこと

訪問見積もりを上手に利用すれば、賢く・お得に引越しすることができます。訪問見積もりを受ける方は、次のポイントにも注意してみてはいかがでしょうか。

引越し業者の質を見極める

訪問見積もりを受けるときは、引越し業者の営業担当者をしっかり観察しましょう。営業担当者をみれば、引越し業者の大体の質が分かるからです。

営業担当者を教育していない引越し業者は、作業員も教育していない可能性があります。作業員に教育が行き届いていないと、大切な荷物や新居を傷つけられるかもしれません。

営業担当者は引越し業者の「顔」です。訪問見積もりは引越し業者の「顔」を見られる貴重な機会なので、有効に活用しましょう。

価格交渉

訪問見積もりを受ければ正確な見積金額が出ます。正確な見積金額は交渉の余地がないという意味ではありません。営業担当者と交渉すれば、ほとんどのケースで値引きしてもらうことができます。

価格交渉をスムーズに進めたい方は、出来るだけ複数の引越し業者から訪問見積もりを受けましょう。引越し業者に競合他社を意識させることで、交渉を優位に進めやすくなるからです。大した交渉をせずに大幅な値引きを引き出せることもあります。

複数の引越し業者から訪問見積もりを受けるときに便利なのが、引越し料金比較サイトです。簡単な情報を入力するだけで、複数の引越し業者から概算見積もりをとれます。

概算見積りをもとに訪問見積もりを受ける業者を2、3社選べば、希望する条件に合わない引越し業者から訪問見積もりを受ける手間を省けます。引越し業者が競合他社の存在を理解している点もメリットです。

梱包資材などの特典をもらう

引越し業者の中には、契約成立時に梱包資材などの特典をプレゼントしてくれるところがあります。引越しを依頼する業者が決まった方は特典をもらい忘れないようにしましょう。

特典がない引越し業者も、営業担当者にお願いすれば梱包資材などをプレゼントしてくれるところが多いようです。プレゼントしてくれないときは、「他社はプレゼントしてくれる」と言ってみるとよいかもしれません。

訪問見積もりは無料

ほとんどの引越し業者が、訪問見積もりを無料で行っています。荷物の量などで異なりますが、所要時間は30分程度です。

訪問見積りには立会人が必要ですが、必ずしも本人である必要はありません。ただし、第三者が立ち会うと正確な情報を伝えられない可能性があります。忙しくない方は、出来るだけ立ち合いをした方が良いでしょう。

まとめ

正確な見積金額を出すため、引越し業者は訪問見積もりを行います。訪問見積もりを受ける方は、必要な情報を提供できるようにしておきましょう。

訪問見積もりを活用すれば、業者の質を推測することや引越し料金を安くすることもできます。貴重な機会なので、しっかり準備をして無駄にしないようにしましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事