1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しの訪問見積もりを受ける前に抑えておきたいポイント


引越しで重要な役割を果たす訪問見積もり。訪問見積りではどのような点をチェックすればよいのでしょうか。見積もり料金を安くするにはどのように交渉すればよいのでしょうか。

訪問見積もりを受ける前に抑えておきたいポイントを解説します。興味のある方は参考にしてください。

引越しの訪問見積りの内容

引越し料金は、利用する引越し業者により大きく異なります。引越し料金を知るには、それぞれの業者に見積もりを依頼する必要があります。

引越しの見積金額は、利用するトラックの大きさ(運搬する荷物の量)・移動する距離あるいは移動にかかる時間・実費・オプションサービス料金などから算出されます。

大体の荷物の量、移動する距離あるいは移動にかかる時間が分かれば概算の見積金額は出せますが、正確な見積金額はわかりません。正確な見積金額を出すには、正確な荷物の量、住環境などを把握する必要があるからです。

これらを確認するために行うのが訪問見積りです。訪問見積りとは、引越し業者の営業担当者などが依頼者の自宅を訪れて行う見積もりです。訪問見積りでは、次のポイントなどを確認します。

荷物の量

訪問見積りで確認する最も重要なポイントといわれているのが、引越し会社が運ぶ荷物の量です。

住んでいる人の数が同じでも、家庭によって荷物の量は大きく異なります。使用するトラックの大きさを決めるので、見積金額に大きな影響を与えます。正確な見積金額を算出するために欠かせないポイントです。

駐車場や道路の環境

旧居や新居の周辺環境も訪問見積りで確認します。具体的には、旧居や新居までトラックが通れること、旧居や新居の周りにトラックを駐車できることなどを確認します。

トラックが通れない、あるいはトラックを駐車できない場合は、旧居・新居からトラックまで作業スタッフが荷物を運ばなくてはならないので、必要な作業スタッフの人数が増えます。

そのため、駐車場や道路の環境も訪問見積りで重要なチェックポイントとされています。

エレベーターの有無

集合住宅の場合、エレベーターの有無もチェックします(エレベーターがある場合は使用の可否もチェックします)。

決められた階数以上に住んでいてエレベーターを使用できない場合は、必要な作業スタッフの人員が増える、あるいは作業スタッフにかかる負担が大きくなるので引越し料金が高くなります。そのため、エレベーターの有無も訪問見積りで確認します。

これらの情報をもとに、利用するトラックの大きさ、作業スタッフの人数などを決めて正確な見積金額を算出します。訪問見積りでは、利用するオプションサービス、希望する引越しの日時などについても確認します。

訪問見積もりの所要時間

訪問見積りの所要時間は、利用する引越し業者や荷物の量、事前の準備などで変わります。一般的には、30~60分程度で終わることが多いようです。

短時間で訪問見積もりを終わらせたい方は、荷物の量が分かりやすいように整理しておくとよいかもしれません。引越し業者に運んでもらう荷物と自分たちで運ぶ荷物、処分する予定の荷物を区別しておくと、訪問見積もりがスムーズに進みます。

引越し料金を安くするポイント

訪問見積りを受ければ、正確な見積金額が出ます。少しでも安く引っ越したい方は、どのような点に気をつければよいのでしょうか。訪問見積りで気をつけたいポイントは次の通りです。

引越し日時はいくつかの候補を用意しておく

引越し料金は、引越しする日時により異なります。基本的には、引越し業者が忙しくなるほど高く、引越し業者が暇になるほど安くなります。

引越し業者が忙しくなりやすい時期(3月・4月、土日祝・午前)、暇になりやすい時期(12月・1月、平日、午後)はありますが、依頼者がピンポイントでこれらの日時を知ることはできません。

そのため、引越し料金を安くしたい方は希望する引越し日時をいくつか用意しておき、訪問見積もりのときに営業担当者に提示すると良いといわれています。提示した候補の中から、営業担当者が都合の良い日時(=引越し料金が安くなる日時)を選んでくれます。

スケジュールに余裕のある方は、引越し日時を引越し業者に任せるフリー便の利用を検討するとよいかもしれません。日時は選べませんが、引越し料金がかなりお得になります。訪問見積もりの前にスケジュールを確認してみてはいかがでしょうか。

引越し業者にしてほしいことを明確にしておく

訪問見積もり前に、引越し業者に何をしてほしいか明確にしておくことも重要です。必要ないサービスを頼むと無駄な費用が掛かるからです。

訪問見積もりの前に、どの荷物を運んでもらうか、荷造り・梱包は誰がするのか、新居での荷解きは誰がするのか、どのようなオプションサービスが必要なのかなどを考えておくと良いでしょう。

引越し業者にしてほしいことを明確にすることで、引越し料金を抑えることができます。

複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼する

以上のほかでは、複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼することでも引越し料金を安くすることができます。

先ほど説明した通り、引越し料金は引越し業者の忙しさで変わります。引越し業者の忙しさは一律ではありません。同じ日時であっても、忙しい業者、暇な業者があるのです。

忙しい引越し業者と暇な引越し業者を外から見分けることはできません。だから、複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼して、お得な引越し業者を探します。

引越し料金一括見積もりサイトの利用が便利

訪問見積もりの所要時間は30~60分程度です。一社でこれだけの時間がかかるので、複数の引越し業者から訪問見積もりを受けるとなると大変です。また、一社ずつ連絡して訪問見積もりを依頼するのも大変です。

このようなときに利用したいのが引越し料金一括見積もりサイトです。引越し料金一括見積もりサイトとは、ウェブサイトで引越しの条件を1度入力するだけで、複数の引越し業者へ概算見積もりの依頼を出せるサービスです。

訪問見積もりを受けるべき引越し業者が分かる

引越し料金一括見積もりサイトを利用すれば、手間をかけずに複数の引越し業者から概算見積もりをとれます。これらを比較することで、引越し料金の相場とお得な引越し業者が分かります。

つまり、訪問見積もりを受けるべき引越し業者が分かるのです。訪問見積もりを受ける引越し業者を2、3社まで絞り込めば、訪問見積りの手間を大幅に減らすことができます。

料金交渉を優位にすすめられる

引越し料金一括見積もりサイトのメリットは、訪問見積もりの手間を大幅に減らせることだけではありません。料金交渉を優位に進められる点もメリットとして挙げられます。

具体的な料金交渉の進め方は、競合他社の見積金額(最も安い見積り金額)を訪問見積りにやってくる引越し業者に伝えるだけです。

引越し料金一括見積もりサイト経由で訪問見積りにやってくる引越し業者は相見積もりであることを分かっているので、これだけで引越し料金の値下げを検討してくれます。料金交渉が苦手な方にはとても便利なサービスといえるでしょう。

まとめ

正確な引越し料金は、訪問見積もり後に算出されます。訪問見積りで荷物の量や住環境などをチェックする必要があるからです。

引越し料金を安くしたい方は、訪問見積もり前にスケジュールを確認する、依頼する内容を整理するなどしておくと良いでしょう。複数の引越し業者から訪問見積もりを受けることも重要です。

手間を減らしたい方は、引越し料金一括見積もりを利用すると良いでしょう。料金交渉を優位に進めやすくなるなどのメリットもあるので、引越しを検討している方にオススメですよ。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事