1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しの荷造りが間に合わないときは梱包代行サービスを使おう


引越しの荷造りに困っていることはありませんか。中には、引越しの当日までに荷造りが間に合わないと思っている方がいるかもしれませんね。

荷造りが間に合わない場合、引越しはできるのでしょうか。荷造りを間に合わせる方法はあるのでしょうか。これらの点について解説しています。気になる方は確認してください。

荷造りが間に合わない!は意外と多いトラブル

転勤が多いなど特別な事情がない限り、毎年のように引っ越しをする方は少ないはずです。滅多に行うことではないので、引越しが決まると何から手を付けて良いかわからなくなりますよね。

中でも私たちを悩ませるのが荷造りです。必要なモノをしまってしまうと、途中で引っ張り出さなくなるので計画的に行わなくてはなりません。

とはいえ、忙しい生活を送っていると計画的に荷造りすることは大変です。後回しにしていると引越し当日までに荷造りが終わらなくなってしまいます。

荷造りが終わらないトラブルは多くの方が経験しているといわれています。引越し業者が経験する一番多いトラブルという説もあるほどです。よくあるトラブルのひとつなので、荷造りが間に合わず焦っている方は、落ち着いて冷静に対処すると良いでしょう。

荷造りが間に合わなかったら引越しはどうなる?

ここで気になるのが、本当に荷造りが間に合わなかったときの引越しです。引越しを行うことはできるのでしょうか。

荷造りが間に合わなかった時の対応は引越し業者により異なります。引越し業者の作業スタッフが荷造りを手伝ってくれるケースもあれば、予定した時間に作業できないので引越し日を延期されることもあります。

作業スタッフが荷造りを手伝ってくれる場合、追加料金を取られることが一般的です。引越し日を延期する場合は、キャンセル扱いになるのでキャンセル料を取られます。

契約をキャンセルするので、もう一度、見積もりからやり直しになります。当然、引越し日を再設定しなくてはなりません。

荷造りが間に合わなかった時の扱いが心配な方は、引越し業者の営業担当者に確認すると良いでしょう。基本的な扱いを教えてくれるはずです。

荷造りが間に合わないときは引越し業者に相談

荷造りが間に合わないと感じた方は、引越し業者に相談すると良いでしょう。ほとんどの引越し業者が、荷造り・梱包を代行するサービスを用意しています。

このサービスでは、作業スタッフが引越しの数日前に自宅を訪れて荷造り・梱包を行ってくれます。引越し業者に依頼する全ての荷物を梱包してくれるので、荷造りが間に合わないと感じている方に最適です。

とても便利なサービスですが、急に依頼すると対応できないことがあります。基本的には、見積もり時に依頼するサービスなので、「荷造りが間に合わないかも」と思った段階で出来るだけ早く相談することが重要です。

荷造りの専門業者に依頼することも

時間に余裕のない方は、荷造り・梱包を専門的に行っている業者に依頼するとよいかもしれません。一部の地域には、このようなサービスを行っている業者があります。

対応できる状況であれば、当日対応してくれることもあるようです。ただし、スタッフ数が限られているので、必ず当日対応してくれるわけではありません。こちらのサービスを利用する方も、出来るだけ早めに相談したほうが良いでしょう。

荷造りに必要な日数

荷造りが間に合わないと感じている方の多くが、荷造りに必要な日数を把握していません。ゴールが見えていないので、あと少しで終わるのに焦っている方もいます。お困りの方は、荷造りに必要な平均的な日数を抑えておくと良いでしょう。

一般的な荷物の量であれば、一人暮らしの引越しで4、5日程度、家族の引越しで7日~9日程度で荷造りできるといわれています。引越しの1~2週間前から荷造りを始めれば間に合うことが多いようです。

これまで作業したに日数を思い出して、あとどれくらい作業しなければいけないか見定めてみてはいかがでしょうか。

引越し前に抑えておきたい荷造りのコツ

荷造りをスムーズに行いたい方は、基本的な作業のコツを覚えておくと良いでしょう。二度手間、三度手間を防げるので、無駄な時間を減らすことができます。

荷造りに必要な資材を揃える

これから荷造りを始める方は、梱包に必要な資材を揃えましょう。必ず必要になるのが、ダンボールとガムテープ、ハサミ、緩衝剤、ハンガーボックス、布団袋などです。

このほか、軍手、ビニールテープ、筆記用具、ドライバーなどがあれば荷造りをスムーズに行えます。基本的な資材は、引越し業者から無料でもらうことができます(資材によってはレンタルになります)。

荷物をグループ分け

やみくもに荷造りするとどこに何をしまったかわからななくなり、荷解きするときなどに困ります。荷造りを始める前に、荷物をグループ分けしましょう。次の手順でグループ分けすると荷解きが便利になります。

1.新居の部屋に番号を割り振る。
2.ダンボールに新居の部屋に割り振った番号を書く。
3.荷物を該当するダンボールにしまう。

ダンボールの側面にしまったものを書いておくと、荷物を探すときなどに便利です。

荷造りは使わないモノから行う

引越し前に使用するモノを荷造りしてしまうと、旧居でダンボールを開封することになります。このような手間を省くため、荷造りは使わないモノから行いましょう。シーズンオフの家電や洋服などから荷造りを始めると良いとされています。

旧居で使うかもしれないモノを詰めたダンボールは最終日に封をします。必要になったタイミングで使えるようにしておくと余計な手間がかかりません。

最後に荷造りするのは生活必需品です。生活必需品用のダンボールを作っておくと便利です。また、このダンボールさえあれば、新居に引っ越してからすぐにこれまで通りの生活を始められます。

時間がなくても割れ物は丁寧に梱包

荷造りが間に合わないと焦ってしましますが、荷造りが雑になることはオススメできません。荷造りを雑に行うと荷物が傷つきやすくなるからです。特に注意したいのが、食器類などの割れ物です。参考に、食器類の荷造り方法を紹介します。

1.ひとつずつ緩衝剤で丁寧に包む。
2.詰めすぎに気をつけて、緩衝剤で包んだ食器類をダンボールに入れる。
3.食器と食器の隙間、食器とダンボールの隙間を緩衝剤で埋める。
4.ダンボールに封をして、見えやすいところに赤ペンで割れ物と記載する。

食器類を荷造りするときはダンボール選びに注意しましょう。食器類は重いので、大きなダンボールにたくさん積めると底が抜けてしまいます。食器類は、小さいダンボールに少しずつ詰めると良いとされています。

まとめ

忙しい生活を送っていると、引越し当日に荷造りが間に合わないことがあります。荷造りが間に合わないと、作業スタッフに手伝ってもらわなくてはならないため追加料金が発生します。

あるいは、契約をキャンセルすることになりキャンセル料を請求されることもあります。荷造りが間に合わない方は、引越し業者が行っている荷造り・梱包サービスを利用するとよいかもしれません。

ただし、引越し直前だと依頼しても受けてもらえないことがあります。荷造りが間に合わないと感じた時点で、早めに相談したほうが良いでしょう。


lp4

  関連記事