1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

近距離の引越しをお得に行う方法


近距離の引越しにお金をかけたくない方は多いはずです。どのようにすれば、近距離の引越しをお得に行うことができるのでしょうか。ここでは、近距離の引越しをお得に行うコツを紹介しています。引越し料金を節約したい方は、参考にしてください。

近距離の引越しは意外と高い?

引越し料金は、利用するトラックの大きさ、移動する距離(時間)、作業スタッフの数、オプションサービス料金などにより決まります。移動する距離(時間)が短いので、近距離の引越しは引越し料金が安くなります。

ただし、トラックの大きさや作業スタッフの数は移動距離(時間)に影響されないので、近距離だからといって驚くほど引越し料金が安くなるわけではありません。このことを理解しておかないと「近距離なのに引越し料金が高い」と不満を感じることになります。

近距離の引越しがお得になるプラン

近距離の引越しをお得に行いたい方は、引越しプランを慎重に選びしょう。どのようなプランを選べば、お得に引越しできるのでしょうか。

近距離の引越しは午後便の利用を検討

近距離の引越しには、荷物を運搬する時間が短い特徴があります。引越しにそれほど時間がかからないので、午後便の利用を検討するとよいかもしれません。

午後便とは、引越し作業を午後から始めるプランです。午前便に比べ午後便を依頼する方は少ないといわれています。午前の間に新居に荷物を運んで、午後から荷解きをしたいと考える方が多いからです。

引越し業者が暇になることが多いので、午前便に比べ午後便は引越し料金が安くなる傾向があります。

午後便を利用すると、荷解きをその日のうちに終えられないと考える方が多いはずです。移動距離や荷物の量にもよりますが、近距離の引越しであれば夕方までに荷物を新居に搬入できることが多いようです。

夕方から荷解きをすれば、その日のうちに引越しを完了させることも可能です。近距離の引越しをお得に行いたい方にオススメのプランです。

フリー便でさらにお得に

引越し料金をさらにお得にしたい方にオススメのプランがフリー便です。フリー便とは、引越し作業の開始時間などを引越し業者に任せるプランです。引越し業者の都合にあわせて引越しを行うので、午前便や午後便などに比べて引越し料金が安くなります。

予定が決まり次第連絡してくれることがほとんどなので、スケジュールを全く組めないわけではありません。

近距離の引越しであれば、引越し開始時間が遅くなっても移動時間の短さである程度はカバーできます。近距離の引越しをお得に行いたい方が検討したいプランといえるでしょう。

近距離の引越しプラン

大手引越し業者を中心に、引越し業者の中には近距離の引越しに特化したプランを用意しているところがあります。具体的なプランの内容は引越し業者により異なります。

例えば、荷物の輸送距離、引越し日(指定した数日の間から選択など)が限定される代わり基本料金が半額になるプラン、荷物の量、輸送距離が限定される代わり定額で利用できるプラン、移動距離が限定される代わり引越し料金が大幅に安くなるプランなどがあります。

これらのプランを利用すれば、お得に引越しできるはずです。

近距離の引越しをお得に行うコツ

引越しのちょっとしたコツを知っておくことでも、近距離の引越しはお得に行えます。どのような点に気をつければよいのでしょうか。

積みきれない荷物は自分で運ぶ

引越し料金は、利用するトラックの大きさにより変わります。利用するトラックが大きくなると引越し料金も高くなるのです。引越し料金を安くしたい方は、小さいサイズのトラックに荷物が収まるように工夫すると良いでしょう。

近距離の引越しであれば、自家用車などで荷物を運べる方が多いはずです。引越し業者の営業担当者に小さなサイズのトラックに積みきれない荷物を教えてもらって、自分で運ぶとよいかもしれません。引越し料金を節約することができます。

あるいは、積きりプランを利用することもできます。積きりプランとは、トラックに積める分だけの荷物を運ぶプランです。トラックのサイズを指定できるので、引越し料金を抑えることができます。

積きりプランを利用する方は、引越し作業後に積めなかった荷物を自分で運ぶ必要があります。必ず、荷物の運搬方法を確保しておきましょう。

また、事前にどれくらいの荷物が積みきれないか把握しておくことも重要です。自分で運ぶ荷物の量が多くなりそうな方は、旧居の退去日より少し前に引越し作業を依頼しておくと良いでしょう。

シーズンや曜日にこだわる

近距離の引越しに限ったことではありませんが、引越しのシーズンや曜日にこだわることでも引越し料金をお得にできます。引越し料金は、引越し業者が忙しいほど割高になります。

引越し業者は、新生活が始まる前の2月後半から3月にかけて、新生活が始まった後の4月から5月前半にかけて忙しいといわれています。あるいは、土日祝は多くの方が引越しをするので忙しくなります。

近距離の引越しをお得に行いたい方は、これらのシーズンや曜日を避けると良いでしょう。お勧めは、11月~1月の平日です。引越し業者の閑散期といわれているので、お得な引越しを実現しやすいはずです。

近距離の引越しは自分で行える

レンタカーなどを利用すれば、近距離の引越しを自分で行うこともできます。自分で行う引越しはお得なのでしょうか。

大型家電や大型家具がないこと

近距離であっても、大型家具や大型家電があると自分で行うことが難しくなります。自分で引越しを行いたい方は、荷物の内容と荷物の量に注意しましょう。無理をすると、大切な荷物を傷つける、新居を傷つけるなどにつながることがあります。

レンタカーの料金

荷物を運搬できる自動車を所有していない方は、トラックなどを借りることになります。

トラックを6時間程度借りた場合の料金は7,000円から15,000円程度、12時間程度借りた場合の料金は9,000円~18 ,000円程度です(利用する会社やトラックの大きさなどにより異なります)。

引越し業者に頼んでもそれほど変わらないかも

友人などに引越しを手伝ってもらった場合、レンタカー台に加えてお礼のお金もかかります。これらを合計すると自分で引越しをしたとしても、10,000円~20,000円程度はかかると考えたほうがよいかもしれません。

自分で運べる程度の荷物の量であれば、引越し業者が用意している単身プランなどで対応できると考えられます。近距離の単身プランであれば、20,000円台で利用できることが多いといわれています(学割などを利用すればさらに安く引っ越すこともできます)。

自分で行った場合より少し高いですが、運搬中の荷物の破損に対する補償が受けられます。また、荷物を運搬する労力もかかりません。

自分で引っ越したほうがはるかにお得と思われがちですが、実際に比べてみると大きく変わらないことがあります。

近距離の引越しを自分で行いたい方は、引越し料金の見積もりとレンタカーの見積もりをとって比較してから選択すると良いでしょう。引越し料金は、一括見積もりを利用すると、安くなるといわれています。

まとめ

近距離の引越しをお得に行いたい方は、移動にかかる時間が短いことを利用して午後便やフリー便を選ぶとよいでしょう。あるいは、利用するトラックを小さくして、積みきれない荷物を自分で運ぶこともオススメです。

一般的に、自分で引越しをすれば引越し費用がお得になるといわれていますが、レンタカー台などを考えるとそれほどお得にならないことがあるようです。自分で引っ越したいと考えている方は、一括見積もりなどで引越し料金の見積もりをとって比較してみましょう。


lp4

  関連記事