1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

遠距離の引越しをお得に行う方法


遠距離の引越しを計画している方は、予想以上に引越し料金が高くて困っているかもしれませんね。コツさえ理解すれば、遠距離の引越しもお得に行えることをご存知ですか。

お困りの方に向けて、遠距離の引越しをお得に行う方法を紹介します。引越しを予定している方は、参考にしてください。

遠距離の引越し料金が高くなる理由

仕事や進学などで引っ越すとなると、引越し料金が気になりますよね。新生活を始めるにあたり、様々な費用が掛かるので当然です。引越し料金を安く済ませたいところですが、遠距離の引越しとなる希望通りには進みません。

引越し料金は「基準運賃+実費+オプションサービス料」で決まります。基準運賃はトラックの大きさと荷物を運ぶ距離(=距離制)、あるいは荷物を運ぶ時間(=時間制)から算出されます。それぞれ、荷物を運ぶ距離・荷物を運ぶ時間が長くなる基準運賃は高くなります。

実費は、引越しに係る費用のことです。梱包資材費のほか高速道路料金、ガソリン代などが含まれます。近距離の引越しに比べこれらの費用が高くなるので、遠距離の引越しにはお金がかかるのです。

遠距離の引越しを安く行うコツ

遠距離の引越しを安く行いたい方は、引越しプランを慎重に検討しましょう。引越しプランは、利用する引越し業者により異なります。希望するプランを用意しているところを選ぶことが重要です。

基本のプランはチャーター便

多くの引越し会社が用意している基本のプランは、引越し用のトラックを貸し切るチャーター便です。自分だけの荷物を載せて旧居から新居へ運ぶので、自分の都合にあわせて引越しできるメリットがあります。

また、他のプランに比べて荷物を紛失するなどのリスクも低いとされています。

一方で、一台の引越し用トラックを貸し切るので、引越し料金は高くなります。とても便利なプランですが、引越し料金を抑えたい方はその他のプランも検討したほうがよいかもしれません。

他の荷物と一緒に運ぶ混載便

遠距離の引越しを安く行いたい方にオススメのプランが混載便です。名前の通り、他の荷物と自分の荷物を一台のトラックに混載して運ぶ引越しプランです。基本的には、同じ方面へ引越しする方の荷物と混載します。

最大のメリットは、一台のトラックを複数の依頼者でシェアするので、引越し料金が安くなることです。対するデメリットは、自分の都合で荷物を運んでもらえないことです。たいていの場合、引越し日時の指定はできません。

他の依頼者の都合や引越し会社の都合に合わせないといけないので、新居に荷物が届くまで1週間程度かかることもあります。また、他の依頼者の荷物と混載するので、チャーター便に比べて荷物を紛失するリスクが高いといわれています。

荷卸ししたトラックを利用する帰り便

帰り便も遠距離の引越しにオススメのプランです。帰り便とは、引越しの荷物を降ろし終えて空になったトラックを利用する引越しプランです。

引越し業者にとって、メリットが大きいプランなので、引越し料金が安くなるといわれています。また、高速道路料金やガソリン代も片道分しかかかりません。

魅力的な帰り便ですが、デメリットもあります。あくまでも、引越しを終えて帰るトラックを利用するので、いつでも利用できるわけではありません。新居の近くから旧居の近くへ引越しがあったときに利用できるプランです。

そのため、引越しの日時を指定することはできません。

また、基本的に訪問見積もりなどはありません。荷物のおおよその量を電話などで伝えて、運んでもらうことになります。荷物の量が多すぎると、リスクが高いと判断されて引き受けてもらえないことがあります。

デメリットはあるものの、引越し料金をかなり安くできるプランと評価されています。遠距離の引越しを計画している方は、引越し業者に帰り便があるか尋ねてみるとよいかもしれません。

貨物列車を利用するコンテナ便

コンテナ便も遠距離の引越しをお得に行えるプランです。

コンテナ便は、旧居から貨物駅まで引越し業者に荷物を運んでもらい、貨物駅から新居の最寄り駅まで貨物電車で荷物を運び、新居の最寄り駅から新居まで引越し業者に荷物を運んでもらうプランです。長距離の移動は貨物列車で行うため、引越し料金が抑えられます。

ただし、スケジュールは貨物列車の運行状況に左右されます。そのため、荷物の到着まで数日かかることがあるようです。

また、トラックから貨物列車、貨物列車からトラックへと荷物の積み替えがあるので、チャーター便などに比べると荷物を紛失しやすい、荷物を傷つけやすいなどといわれています。デメリットも理解したうえで利用したい引越しプランといえるでしょう。

遠距離の引越しはどのプランを選ぶべき?

以上の引越しプランなどを利用すれば、遠距離の引越しをお得に行えるはずです。どのプランを選べばよいかわからない方は、次のポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

スケジュールにあわせて選ぶ

遠距離の引越しプランを選ぶときに、最も注意したいポイントがスケジュールです。いつまでに引越ししなければいけないかで選ぶべきプランが変わってきます。

スケジュールに余裕のない方は、引越し料金が高くなってもチャーター便を選んだほうが良いでしょう。自分の都合にあわせて引越しできるので、予定日に間に合わせることができます。

スケジュールに余裕のある方は、混載便、帰り便、コンテナ便から選ぶことができます。新居に荷物が届くまでの日数は、引越し業者の営業担当者に確認すればわかります。

引越しの品質で選ぶ

引越しの品質も注意したポイントです。遠距離の引越しは、移動時間が長いので荷物にかかる負担が大きくなります。出来るだけ荷物を傷つけたくない方は、チャーター便を選ぶと良いでしょう。次にオススメなのが、基本的にトラックを貸し切れる帰り便です。

混載便は、荷物を紛失するリスクが、コンテナ便は荷物を紛失するリスクや傷つくリスクがやや高くなるといわれています。

たいていの場合は、問題なく引越しできますが、一般的にややリスクが高くなるといわれていることは抑えておいた方が良いでしょう(チャーター便や帰り便でも荷物がなくなる、荷物が傷つくことはあります)。

荷物の量で選ぶ

荷物の量でプランを選ぶこともできます。荷物の量が多い方は、一台のトラックを貸し切るチャーター便が基本になります。引越し料金が気になるときは、コンテナ便を検討するとよいかもしれません。

混載便と帰り便はケースにより異なります。タイミングが合えば、荷物の量が多くても引き受けてもらえるかもしれません。

荷物の量が多くなるほど、利用するトラックが大きくなるので引越し料金は高くなります。遠距離の引越しをする方は、出来るだけ荷物の量を減らしましょう。

大型家具や大型家電などの中には、新居まで運ぶより現地で購入したほうが安くつくものもあります。引越し料金が気になる方は、引越し業者の営業担当者にどのように引越しを行えばよいか相談してみると良いかもしれません。

まとめ

遠距離の引越し料金は予想以上に高くなることが多いといわれています。お困りの方は、お得な引越しプランを選ぶと良いでしょう。遠距離の引越しは、チャーター便、混載便、帰り便、コンテナ便などを利用して行うことができます。

それぞれ、メリットとデメリットが異なるので自分に合ったプランを選ぶことが重要です。スケジュールや求める引越しの品質、荷物の量などにあわせて、最適な引越しプランを選んでみてはいかがでしょうか。


lp4

  関連記事