1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しで後悔しないためにチェックしておきたいポイント


転勤族でもない限り、人生で引越しをする機会はそう多くありません。右も左もわからないまま引越しをはじめ、後悔している方は意外と多いものです。

これから引越しをする方は、先輩たちが後悔しているポイントをチェックしておいた方がよいかもしれません。ここでは、引越しで後悔しやすいポイントとその対策を紹介しています。これから引越しする方は、参考にしましょう。

荷物をどこにしまったからわからなくて後悔

普段と変わらない日常生活を過ごしながら、引越しの荷造りをするのはかなり大変です。仕事や家事などが忙しいと、引越しの直前になって急いで荷物を詰め込むこともあるでしょう。このような方が気をつけたいのが、荷物をどこにしまったかわからなくなるトラブルです。

新生活が始まって生活必需品が見当たらないととても困ります。すべてのダンボールを開封する、代用品を購入するなどの手間がかかることもあります。

当然ながら、新生活のスタート時も忙しいので、余計な手間がかかると後悔してしまいます。これから引越しをする方は、このような後悔をしないように気をつけましょう。

ダンボールに内容物を記入する

荷造りをうまく進めるポイントは、スケジュールを立てて計画的に行うことです。引越しの1月前位から少しずつ計画的に荷造りを行っています。具体的には、季節用品など使わないモノから荷造りをすすめ、引越し前日に日用品を荷造りします。

最後に荷造りする日用品は、新生活でもすぐに必要になるものです。これらをひとつのダンボールにまとめて保管しておけば新居で困ることはありません。

もう一つのコツは、ダンボールに内容物を記入することです。外から見て何が入っているか分かれば開封の手間が省けます。内容物はダンボールの天面より側面に書くことをオススメします。重ねておいても中身が分かるからです。

引越し会社によっては、数色のガムテープを用意していて、内容物により使い分けることを勧めているところもあります。このような引越し会社を利用すれば、荷造りの手間を省けるかもしれません。

荷物や新居に傷がついて後悔

引越し作業で荷物や新居に傷がついて後悔する方も少なくありません。中には、大切な荷物が破損したという方もいます。

引越し会社の作業スタッフは気をつけていますが、人が行う作業なので常に完璧を求めることはできません。引越しにはつきもののリスクなので、リスクを減らす対策を考えておいた方が良いでしょう。

信頼できる引越し業者を選ぶ

このようなリスクを減らす対策のひとつが、信頼できる引越し業者を選ぶことです。どのような引越し業者を選んでもトラブルをゼロにすることはできませんが、信頼できる引越し業者を選べばゼロに近づけることはできます。

一般的には、大手引越し業者の方が安心して作業を任せられるといわれています。自社の研修施設などでトレーニングを積んだスタッフが荷造り・梱包・養生・搬出・搬入・設置を行ってくれるからです。

また、顧客相談窓口などが設置されていて、トラブルに対処しやすい体制がとられていることも魅力です。

以上のほかでは、荷造りを工夫することでも荷物の傷や破損は防げます。例えば、破損しやすい食器類は緩衝剤でくるんでダンボールの中でぶつからないように並べ入れます。食器と食器の隙間、ダンボールと食器の隙間にも緩衝剤を入れます。

ポイントを押さえて荷造りすれば、破損などのリスクを減らすことができます。荷造りの方法が分からない方は、引越し業者の担当者などに相談すると良いでしょう。

不用品の処分に関する後悔

引越しの荷造りを始めると、家の中にあるすべての荷物を引っ張り出すことになります。その中には、新居で使えない不用品がたくさん含まれています。不用品の処分に関する後悔も多いといわれています。

最も多いのが、不用品を処分するタイミングを逃して新居に持ち込んでしまったという後悔です。人によっては、引越し当日に、不用品処分を引越し業者に手伝ってもらうこともあるようです(基本的に、別料金がかかります)。

不用品の処分はどのように勧めればよいのでしょうか。

不用品は計画的に処分する

不用品は計画的に処分することが特に重要です。できれば、引越しの2カ月くらい前から処分の計画を立てて動きましょう。荷物の処分に時間がかかるからです。

基本の処分方法は、ゴミの日に捨てることです。大きなものは粗大ごみとして処分します。粗大ごみの処分方法はお住まいの地域で異なります。市役所などで詳細を確認すると良いでしょう。

粗大ごみとして処分する時間がない、大量のごみを処分したいなどの方は不用品回収業者に依頼するとよいかもしれません。費用は掛かりますが、たいていのものは処分してもらえます。

不用品を処分して引越し費用を捻出

不用品の中にはまだまだ使えるものがあるはずです。これらはゴミとして処分するのでなく売却することがオススメです。不用品は、リサイクルショップ、ネットオークション、フリーマーケットなどで売却できます。

最も手間がかからないのがリサイクルショップです。売却するものによっては、自宅まで引き取りに来てくれます。ただし、店舗で売却することを想定した価格でしか買い取ってくれないので買取価格はやや安めです。

不用品を高値で売却したい方は、ネットオークションを利用するとよいかもしれません。

一般消費者間で取引を行うので、リサイクルショップの買取価格より高く、リサイクルショップの販売価格より安い価格で落札されることが多いようです。デメリットは出品や配送に手間がかかることです。

不用品をまとめて処分したい方にはフリーマーケットがオススメです。

価格交渉を楽しみながら安価で商品を購入したい方がターゲットなので高値売却は期待できませんが、不用品をまとめて処分しやすいとされています。デメリットは、開催時期が限られていること、参加料がかかること、出店の手間がかかることなどです。

引越し料金が高くついて後悔

引越ししてから料金相場を聞いて、引越し料金が高くついたと後悔する方もいます。数万円単位で「損」をする方もいるので、気をつけたいポイントです。

利用する機会の少ないサービスなので、素人には相場が分かりにくいとされています。後悔したくない方は慎重に検討したほうが良いでしょう。

一括見積もりサイトで相場を把握

引越し料金の相場は、同じ条件で複数の引越し業者から見積もりをとることでわかります。簡単な作業に見えますが、複数の業者に引越条件を伝えて、訪問見積もりをしてもらわなければならないので大変です。

そこでオススメしたいのが、引越し料金一括見積もりサイトの利用です。サイト内で引越しに関する基本的な情報を入力するだけで、複数の業者から概算見積もりをとれます。

概算見積もりを並べれば、素人でも相場を把握できます。相場を把握してから引越し業者を選べば「損」をすることはありません。

引越し料金一括見積もりサイトのメリットは相場を把握できることだけではありません。気になる引越し業者を2、3社ピックアップして訪問見積もりを受ければ、引越し業者を競合させながら料金交渉を進めることができます。

普通に訪問見積もりを受けた場合よりも、最大で50%も引越し料金を安くすることができるといわれています。料金交渉の強力なツールになるので、引越し料金を抑えたい方は引越し料金一括見積もりサイトを利用すると良いでしょう。

まとめ

要領が分からないと、引越しを終えてから後悔することが少なくありません。これから引越しをする方は、以上のポイントに気をつけて引越しの準備を進めてみてはいかがでしょうか。事前に準備をしておくことで、後悔する確率を減らせるはずですよ。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事