1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

不用品処分に引越し業者のリサイクルがオススメの理由



引越しの荷造りをしているとたくさんの不用品が出てくるはずです。不用品は様々な方法で処分できますが、引越し業者のリサイクルが特にオススメです。

なぜ、引越し業者のリサイクルがオススメなのでしょうか。その理由とその他の不用品の処分方法との違いを説明します。引越しを予定している方は参考にしてください。

引越しは荷物を整理するタイミング

引越しで荷造りを始めると、家の中にあるほぼすべての荷物と向き合うことになります。

家具・家電が備え付けられている社員寮などに引っ越す方、単身赴任から帰任する方などは、使っていたほとんどの荷物が不用品になるはずです。

これら以外の引越しをする方も、買ったまま使っていない荷物や新居には似合わない荷物など、たくさんの不用品が見つかるはずです。たくさんの不用品が出る方にオススメのサービスが、引越し業者のリサイクルです。

引越し業者のリサイクルを利用するメリット


引越し業者のリサイクルとは、引越しで不要になった家具や家電などを引越し業者が買い取る、あるいは引き取るサービスです。引越し業者によっては不用品買取サービス、不用品引取りサービスなどと呼んでいることもあります。

引越し業者のリサイクルは、メリットの大きなサービスといわれています。具体的に、どのようなメリットがあるのでしょうか。

不用品をお金に換えられる

最初に挙げられるメリットは、不用品をお金に換えられることです。本人にとって価値がないものでも、他人にとって価値があるものは少なくありません。不用品が出た方は引越し業者のリサイクルで査定してもらうと良いでしょう。

思いのほか高額で買い取ってもらえることがあります。大した金額にならなくても、収集・運搬料やリサイクル料金がかからないので実は経済的です。不用品を処分してできたお金は引越し費用に充てられます。

不用品処分の手配が不要

引越し業者のリサイクルならではのメリットが、不用品処分の手配が不要になることです。

他の方法で不用品を処分すると、粗大ごみの日を調べる、粗大ごみの申し込みを行う、収集・運搬の申し込みを行うなど様々な手間がかかります。

引越し業者のリサイクルは、引越し業者に申し込むだけなのでこれらの手間がかかりません。

また、引越し当日に不用品の買取と引取りを行ってくれるので、無駄な作業に時間を割く必要がありません。とても便利なサービスといえるでしょう。

引越し業者のリサイクルの注意点


引越し業者のリサイクルを利用する方は、いくつかのポイントに気をつけましょう。次のポイントなどに気をつけておけば、トラブルなく利用できるはずです。

引越し業者により買取・引取できる不用品は異なる

引越し業者のリサイクルで買取・引取出来る不用品は、引越し業者ごとに異なります。

家具・家電であればほぼすべてのモノを買取・引取している引越し業者があれば、一定のルールに基づき買取・引取している引越し業者もあるのです。

例えば、定められた年数を経過した家具・家電は買取していない、定められた種類の家電しか買取していない引越し業者などがあります。

買取・引取してくれる不用品を調べずに引越し業者のリサイクルを利用すると、買取・引取してくれなかった不用品の処分に困ることがあるということです。

最悪の場合、新居に持ち込まなければいけなくなるかもしれません。引越し業者のリサイクルを利用する方は、買取・引取の条件を事前に調べましょう。

有料で引き取りになることも

引越し業者が行っている不用品の引き取りは、大きく二つに分かれます。ひとつが無料で引き取り、もうひとつが有料で引き取りです。

無料と有料の線引きは引越し業者により異なりますが、購入から年数がたっていない不用品、傷や汚れなどがない不用品は無料で引き取ってもらえることが多いようです。

反対に、購入から年数がたっている不用品、傷や汚れが目立つ不用品は有料での引き取りになる恐れがあります。必ず無料で引き取ってもらえるわけではない点に注意が必要です(自分で処分した場合も、収集・運搬料金などはかかります)。

引越し業者のリサイクルとその他の処分方法を比較


不用品は引越し業者のリサイクル以外の方法でも処分できます。引越し業者のリサイクルと代表的なその他の方法を比較します。

リサイクルショップで売却

不用品はリサイクルショップで売却することもできます。リサイクルショップのメリットは、高値で買取してもらえる可能性があることです。

例えば、マニアに人気の商品や買取を強化している商品などがこれに当たります。当てはまる不用品を処分したい方は、リサイクルショップを利用したほうがよいかもしれません。

リサイクルショップのデメリットは、売却に手間がかかることです。売却までリサイクルショップのリサーチ、申し込み、査定の手間がかかります。

また、引越しとは別の日にスケジュールを組む必要があります。

ネットオークションで売却

ネットオークションで売却しても不用品を処分できます。ネットオークションのメリットは、高値で売却できることが多いことです。

商品の状態や出品のタイミングなどで落札価格は変動しますが、リサイクルショップの買取価格より高く、リサイクルショップの販売価格より安く売却できることが多いといわれています。高値で不用品を処分したい方にオススメです。

ただし、ネットオークションはリサイクルショップで売却する以上に手間がかかります。

具体的には、ネットオークションのアカウント作成、不用品の写真撮影、不用品の出品、落札者への連絡、入金確認、出荷作業などの手間がかかります。不用品の量が多くなるとかなり大変です。

また、必ず売れるわけではない点もネットオークションのデメリットといえます。

粗大ごみとして処分

不用品は粗大ごみとして自分で処分することもできます。メリットは、処分費用が安いことです。対するデメリットは、不用品を換金できないことと処分に手間がかかることです。

粗大ごみを処分するまで、自治体に申し込みをする、粗大ごみ券を購入する、粗大ごみ券を不用品に貼り付ける、決められた日時に決められた場所まで粗大ごみを運ぶなどの手間がかかります。忙しい方などにとっては、面倒な処分方法になるかもしれません。

廃品回収業者に依頼

以上のほかでは、廃品回収業者に依頼して不用品を処分することもできます。メリットは、自分の都合にあわせて不用品を処分できることです。

ただし、処分にかかる費用は粗大ごみより高くなることが多いといわれています。基本的には、その他の方法で処分したほうがよいかもしれません。

まとめ

引越しをするとたくさんの不用品が出ます。不用品の処分に便利なのが引越し業者のリサイクルです。引越し当日に不用品を買取・引取してくれるので手間がかかりません。

ただし、買取・引取してくれる不用品の条件は引越し業者により異なります。

また、必ず買取、無料で引取してくれるわけではありません。不用品を処分したい方は、利用前に買取・引取の条件を調べておきましょう。買取・引取してくれない不用品は、粗大ごみやネットオークションなどその他の方法で処分できます。

特徴を理解して、処分方法を選んでみてはいかがでしょうか。


lp4

  関連記事