1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しを格安で行う方法


新生活での出費を考えると、少しでも引越しにかかる費用を抑えたい方が多いはず。お困りの方に向けて、引越しを格安で行う方法を紹介します。

どのような方法で費用を節約できるのでしょうか。引越しの参考にしてください。

荷物の量が少なく新居が近い方は自力で引越し

新居に運ぶ荷物の量が少なくて、新居が近い方は自力で引越しするとよいかもしれません。もともと引越し費用の安い条件ですが、さらに節約して格安で引越しできることがあります。

荷物を運ぶ方法がない方はレンタカーで軽トラックなどを借りると良いでしょう。軽トラックのレンタル料はレンタカー会社により異なりますが、12時間で7,000円~15,000円程度であることが多いようです。

(※レンタルする車は荷物の量と最大積載量を考慮して選びます。)

自力で引越しするポイント

自力で引越しする方は、荷物の搬出・積み込み・運搬・搬入に注意しましょう。慣れない方がこれらを行うと、引越し中に荷崩れを起こすことがあります。

荷崩れを起こすと、荷物が傷つくばかりか、周囲の方へ迷惑をかける恐れもあります。搬出のポイントは無理をし過ぎないことです。運搬する車までの往復階数は増えるかもしれませんが、余裕をもって搬出・搬入することが重要です。

大型家具や大型家電などの搬出・搬入は友人などに手伝ってもらいましょう。トラックへの積み込みは、小さなものから大きなものの順で行います。大きなものを最後に積み込む理由は搬出が楽になるからです。

同じサイズのものは重いものが下に来るように積み込みます。これらを押さえておけば、自力で引越しできるはずです。

自力で引越しは本当に格安か慎重に比較する

一般的に、格安とイメージされがちな自力での引越しですが、実際に行うとそうではない場合があります。荷物が少なく近い距離であれば、引越し業者を利用してもかなり安い料金で引越しできることがあるからです。

自力での引越しには、搬出に使う自動車のレンタル料に加え、梱包資材代、協力してくれた方への謝礼などが必要です。

さらに、重い荷物を自分で運ぶ労力、荷物を搬出・搬入する時間などがかかります。引越し業者に依頼するより多少は安く引越しできたとしても、格安とは言い切れないことがあるのです。

自力で引越しを検討している方も、実行する前に格安で引越しを引き受けてくれる引越し業者がないか探したほうが良いかもしれません。

引越し業者を格安で利用する方法

自力での引越しにメリットを感じない方は、引越し業者を格安で利用する方法を模索してみてはいかがでしょうか。ポイントをおさえれば引越し業者を格安で利用することは可能です。

引越し料金の算出方法

引越し業者が設定する引越し料金は、「基本運賃+実費+オプション料金」で決まります。基本運賃には時間制と距離制があります。荷物を運ぶ距離が100㎞以内の場合は時間制、荷物を運ぶ距離が100㎞を超える場合は距離制を採用します。

時間制は4時間と8時間に分かれます。8時間を超え1時間増すごとに料金は追加されます。

距離制も距離が増えるごとに料金は追加されます。以上に使用するトラックの大きさ(荷物の量)を加味して基本運賃が決まります。実費は人件費や梱包資材費、交通費など基本運賃以外で実際にかかった費用です。

オプション料金はエアコンの取外し・取付けなどオプションサービス利用料金です。これらにより求められて引越し料金に、様々な要素を加味して実際の引越し料金は決まります。その他の要素を理解しておけば、引越し料金を格安にすることができます。

引越しするシーズン・曜日など

基本的に、引越し料金は引越し業者が忙しくなるほど高くなります。引越し業者の繁忙期とされるのが、新生活が始まる前の2月後半~4月末です。

曜日では、土・日・祝、時間では午前中が忙しくなります。格安で引越ししたい方はこれらのシーズン・曜日などを避けると良いでしょう。

一般的に、1月・12月、午後は引越し件数が少ないといわれています。

フリー便を利用

スケジュールにゆとりのある方は、フリー便を利用するとよいかもしれません。フリー便とは、引越し日時(引越し業者によっては時間だけ)を引越し業者に任せるプランです。

引越し業者の手が空いた時間に作業を開始するので他のプランに比べて格安です。具体的な日時については、見積もり時などに相談できます。引越し料金を格安にしたい方にオススメです。

使用するトラックを小さくする

引越し料金の基本運賃は、引越しにかかる時間もしくは移動距離に使用するトラックの大きさ(荷物の量)を加味して算出します。当然ながら、使用するトラックのサイズが小さくなれば引越し料金は下がります。

格安で引越ししたい方は、使用するトラックのサイズを小さくする方法を引越し業者に相談してみると良いでしょう。どの荷物を減らせばトラックのサイズを小さくできるか教えてくれるはずです。

減らしてほしいといわれた荷物を自分で運べば使用するトラックのサイズを小さくできます。

引越し料金を格安にしたい方の中には、やみくもに荷物を減らそうとする方がいるようです。どの荷物を減らせば使用するトラックのサイズを小さくできるか理解していないと無駄な行動になります。

自分で運ぶ荷物(減らす荷物)は、引越し業者に相談してから決めましょう。

長距離の引越しは混載便の利用を検討

基本的な引越しプランでは、トラックを一台チャーターして新居まで荷物を運んでもらいます。トラックを複数人でシェアすれば、引越し料金は安くなります。このようなプランを混載便といいます。

引越し業者の中には混載便を取り扱っているところがあります。長距離の引越しを格安で行いたい方は、混載便の利用を検討するとよいかもしれません。

ただし、混載便にはトラックが一杯にならないと出発しない、日程を調整できないなどのデメリットがあります。希望する方は、デメリットを含めた説明を引越し業者から受けてから検討しましょう。

相見積もりで引越し料金を格安に

さらに、引越し料金を安くしたい方は、複数の引越し業者から見積もりをとる相見積もりを利用すると良いでしょう。同じ条件の引越しでも、利用する引越し業者により引越し料金は変わります。

また、引越し業者を競合させることで料金交渉を優位に進めることもできます。相見積もりで利用したいサービスが引越し料金比較サイトです。

引越し料金比較サイトを利用する

引越し料金比較サイトは、簡単な情報を入力するだけで複数の引越し業者から無料で一括見積もりをとれるサービスです。

手間をかけずに複数の引越し業者から概算見積もりをとれる点、概算見積もりを比較して訪問見積もりを受ける引越し業者を選べる点、訪問見積りに来る引越し業者を競合させられる点がメリットです。

3社程度の訪問見積もりを受けて、それぞれの引越し業者に現在の最低見積もり料金を伝えるだけで値引き交渉ができます。ケースにより異なりますが、引越し料金比較サイトを利用しなかった時に比べ、最大で50%程度も料金が安くなることがあるといわれています。

格安で引越ししたい方が、必ず利用したいサービスといえるでしょう。

まとめ

格安で引越ししたい方は、自力で引っ越すとよいかもしれません。荷物が少なくて近距離の引越しであればお得に引越しできるといわれています。

とはいえ、この条件の引越しはもともと格安です。あまりメリットがないこともあるので慎重に検討しましょう。

引越し業者に依頼する方は、シーズンや曜日、時間、荷物の量などに気をつけましょう。条件が変わると引越し料金も変わります。格安で引っ越したい方は、引越し料金が安くなる条件を揃えることが重要です。

さらなる値引きを実現したい方は、引越し料金比較サイトを利用すると良いでしょう。手間をかけずお得に引越しすることができるはずです。


lp4

  関連記事