1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

近所への引越しをお得に済ませるコツ


住んでいる家が手狭になったため、家賃を安くするため、生活環境を改善するためなどの理由で近所へ引っ越すことがあります。近所への引越しは出来るだけ安く済ませたいですよね。

どのようなポイントに注意すれば引越し料金を安くできるのでしょうか。近所への引越しをお得に済ませるコツを紹介します。

荷物が少ない方はレンタカーを借りて自力で

近所で引っ越す方で、荷物が少ない方は、自力での引越しを検討するとよいかもしれません。荷物を運ぶ車がある方は、梱包資材費くらいしかかからないので格安で引越しできます。

一人で荷物を搬出・搬入できない方は、友人などに手伝ってもらうと良いでしょう。友人などに手伝ってもらった場合、謝礼を払うことが多いようです。

荷物を運ぶ車がない方は、レンタカーで軽トラックなどを借りてみてはいかがでしょうか。軽トラックのレンタル料は、12時間で7,000円~15,000円程度です。

借りる車は、荷物の量を見て決めます。それぞれの車には最大積載量が定められているからです。これを超えて荷物を積むことはできないので注意しましょう。

基本的に、自力で引っ越せば引越し料金は安くなります。近所への引越しであれば自力で引越しできなくはありません。

ただし、梱包資材費、友人への謝礼代、車のレンタル料を合計すると引越し業者に依頼した場合とほとんど変わらないこともあります。

引越し業者に依頼した場合に比べてかなり手間がかかるので、料金が大して変わらない場合は引越し業者に依頼したほうが良いでしょう。自力で引越しを予定している方も、引越し料金の見積もりだけはとった方がよいかもしれません。

近所への引越しは基本的に安い

引越し料金は高いものと思われがちですが、条件により安く済むこともあります。近所の引越しは基本的に安いといわれています。引越し料金は「基準運賃+実費+オプション料金」で算出されます。

基準運賃は、トラックの大きさ(荷物の量)と移動距離、もしくは引越しにかかる時間で算出されます。近所への引越しは、移動距離は少なく、時間もかかりません。

また、高速道路代などの実費を請求されることもありません。そのため、近所のへの引越しは、基本的に安いといわれるのです。

引越し業者の中には、かなりお得なプランを用意しているところもあるので、近所への引越しをお得に済ませたい方は引越し業者の利用を検討すると良いでしょう。

次のポイントなどに気をつければ、近所への引越しを安く済ませられます。

近距離の引越しに適したプランを選ぶ

引越し業者の中には近距離の引越しに適したプランを用意しているところがあります。

例えば、運搬する家財の量・輸送距離を限定する代わり引越し料金を抑えたプラン、同一市内、同一県内の引越しに限り特別価格を適用するプランなどです。このようなプランを利用すれば近所の引越しをお得に行えます。

引越し業者にピストン輸送してもらう

引越し業者によっては、近所の引越しに限りピストン輸送してくれるところもあります。ピストン輸送とは、旧居と新居を小さなサイズのトラックで何度か往復して荷物を運ぶ輸送方法です。

利用するトラックの大きさを小さくすること、利用するトラックの台数を減らすこと、スタッフの数を減らすことができるので、引越し料金は安くなります。

本来であれば4tトラックで行う引越しを、2tトラックで往復して行う引越しなどがこれに当たります。引越し料金は安くなりますが、搬出・搬入作業が複数回になるため時間と手間はかかります。

また、旧居と新居で立会人が必要になります。気になる方は、この点を理解したうえで引越し業者に相談すると良いでしょう。

荷物の量を減らしてトラックのサイズを小さくする

引越しの基準運賃は、利用するトラックの大きさと移動距離、もしくは引越しにかかる時間で算出されます。

同じ条件であれば、利用するトラックのサイズが小さいほど基準運賃は安くなります。近所への引越しを安く済ませたい方は、トラックの大きさを小さくするため荷物の量をできるだけ減らしましょう。

ただし、やみくもに荷物の量を減らすことはオススメできません。利用するトラックのサイズが小さくならなければ、引越し料金は安くならないからです。

荷物の量を減らしたい方は、引越し業者の営業担当者に相談してどの荷物を減らせば引越し料金が安くなるか確認しましょう。(※使わない荷物を旧居で処分することも重要です。)

減らしてほしいといわれた荷物は自分たちで新居に運びます。管理会社に許可を取れば、引越し前に荷物を搬入できることがあります。小まめに荷物を搬入できる点は、近所への引越しならではのメリットです。

作業開始時間にこだわる

近所への引越しであれば、荷物の輸送に時間がかからないので作業時間は少なくて済みます。この点を活かせば、引越し料金を安くできます。

通常、引越しには時間がかかるので、多くの方は午前からの作業を希望します。午後から荷解きを始めるためです。引越し料金は引越し業者が忙しくなるほど高くなる傾向があるので、午前から作業を開始する午前便は割高といわれています。

反対に、午後から作業を開始する午後便は希望する人が少ないので割安です。近所への引越しであれば、午後から作業を開始しても夕方から荷解きにとりかかれます。近所への引越しを安く済ませたい方は午後便を選ぶと良いでしょう。

引越し料金をさらに安くしたい方はフリー便を選ぶこともできます。フリー便とは、作業開始時間を引越し業者に任せるプランです。手の空いた時間(通常は午後から)から作業を開始するので、引越し料金は午後便より安くなります。

スケジュールに余裕のある方はフリー便を選ぶと良いでしょう。

シーズンと曜日にも注意

都合が許す方は引越しするシーズンと曜日にもこだわりましょう。先ほど解説した通り、引越し料金は引越し業者が忙しくなるほど高くなる傾向があります。

引越し業者のハイシーズンは新生活の準備が始まる2月後半~4月です。この間は引越し料金が高くなります。曜日でいうと、多くの方がお休みになる土・日・祝が人気です。仕事などの都合がつく方は、これらを外して引越しをすると良いでしょう。

相見積もりをとる

以上に加え、忘れてはならないのが相見積もりをとることです。引越し料金は、同じ条件でも利用する引越し業者により大きく異なります。相見積もりをとることで相場が分かるとともに、お得な引越し業者も分かります。

相見積もりをとるデメリットは、複数の業者に見積もりに必要な情報を伝えなくてはならないので手間がかかることです。

面倒な方は、引越し一括見積もりサイトを利用すると良いでしょう。引越し一括見積もりサイトとは、簡単な情報を入力するだけで複数の引越し業者から無料で見積もりをとれるサービスです。手間をかけずお得な引越し業者を見つけられます。

気になる引越し業者を3社ほど選んで順番に訪問見積りに来てもらえば、価格交渉をすることもできます。価格交渉のやり方は、最も安い見積り金額を伝えるだけです。これだけで料金を大幅に引き下げることができます。近所への引越しをお得に済ませたい方にオススメのサービスです。

まとめ

近所への引越しを安く済ませたい方は、自力で引越しを行うとよいかもしれません。自力での引越しを検討している方は、念のため引越し業者の見積もりも取りましょう。

引越し業者の中には、近所への引越しを格安で行えるプランを用意しているところがあります。

また、荷物の量を減らす、相見積もりをとるなど工夫を凝らせば、引越し料金をさらに安くできます。これらの点を工夫すれば、自力で引越しする場合とそれほど変わらない料金になることもあります。

近所への引越しを検討している方は、慎重に引越し方法を検討しましょう。


lp4

  関連記事