1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

やっぱり渡すべき?引越しの心づけの考え方


引越し業者のスタッフには心付けを渡したほうが良いといわれることがあります。本当に、心付けを渡したほうが良いのでしょうか。

ここでは、引越しと心付けの関係を解説しています。お悩みの方は参考にしてください。

引越しの心付けとは

引越しをするほとんどの方は引越し業者を利用するはずです。引越し業者を利用すると、作業スタッフが引越し作業を行ってくれます。

引越し料金とは別に、作業スタッフに心付けを渡したほうが良いという方がいます。心付けとは、感謝の気持ちを表すチップのようなものです。

心付けは渡すべき?それとも?

昔は、作業スタッフに心付けを渡す習慣が定着していたといわれています。

そのため、昔を良く知る方などは心付けを渡したほうが良いと考えることが多いようです。現在は、心付けを渡す方と渡さない方がいます。気持ちを表すものなので、渡すべきとも渡さなくてもよいとも言えません。

引越し料金とは別に、感謝の気持ちを表したい方は作業スタッフに心付けを渡すと良いでしょう。基本的に、心付けを渡しても渡さなくても引越し作業の内容は変わりません。

もちろん、作業スタッフが気持ちよく作業を進められるなどの可能性はありますが、あくまでも依頼人の感謝の気持ちを表すものです。それ以上でも、それ以下でもありません。

心付けの相場はどれくらい?

一般的な心付けの相場は作業スタッフ1人あたり1,000円といわれています。わずかな金額ですが、日当などにプラスできるので作業スタッフは喜んでくれるはずです。

奮発したい方は1人あたり2,000円を目安にするとよいでしょう。相場を外れるほど多い金額ではありませんが、一般的な心付けの倍になるので作業スタッフはかなり喜んでくれるはずです。

心付けの渡し方

貰えると嬉しいはずの心付けですが、渡し方によってはプレッシャーをかけることになります。心付けは出来るだけスマートに渡しましょう。

基本は、お金をポチ袋に入れて渡します。ポチ袋とは、お年玉などを入れる袋のことです。表書きは必要ありません。ポチ袋は作業スタッフの数より少しだけ多く用意しておきましょう。応援などで、作業スタッフが増えることがあるからです。

心付けを渡すタイミング

心付けは引越し作業前に渡すことが多いようです。

具体的には、作業前にリーダーと挨拶するときに渡すことが多いようです。リーダーに、心付けをまとめて渡すこともできますが、作業スタッフ一人ずつに直接手渡ししたほうが良いといわれています。

感謝の言葉とともに心付けを渡すことで依頼人の気持ちを作業スタッフに直接伝えられるからです。何かしらの理由で、リーダーにまとめて渡すときは、作業スタッフが揃っているときにしましょう。スタッフ全員に、心付けを渡したことを理解してもらえるからです。

作業前に心付けを渡すことで、作業スタッフのモチベーションを高める、コミュニケーションを図りやすくなるなどのメリットが期待できます。これらに魅力を感じる方は作業前に心付けを渡すと良いでしょう。

心付けは引越し作業後に渡すこともできます。引越し作業後に渡すメリットは、満足や感謝などの気持ちを伝えやすいことです。

また、心付けを渡す予定でも、作業に納得できなかったら渡さない選択もできます。正しいタイミングなどはないので、自分たちに都合の良いタイミングで心付けを渡すと良いでしょう。

心付けを受け取らないこともある

引越し業者の中には、引越し料金を受け取っているなどの理由で、心付けは受け取らないところがあります。気持ちだけを伝えて心付けを渡さなくても構いませんが、何かしらの品物を代わりに渡すこともできます。

感謝の気持ちを伝えたい方は、お金以外の心付けを渡すと良いでしょう。

心付けはお金に限らない

1人あたり1,000円程度とはいえ、作業スタッフが多くなるとまとまった出費になります。物入りの時期なので出費を抑えたい方は、お金以外の心付けを検討してみてはいかがでしょうか。

お金の代わりに「差し入れ」という形で感謝の気持ちを伝えることもできます。これも立派な心付けです。お金ではなく品物で感謝の気持ちを伝える方は、何を渡すかよく考えましょう。

昼食などを用意しがちですが、作業スタッフの中には弁当を用意している方がいます。すべてのスタッフが利用しやすいものの方が適しています。

定番といえるのがドリンク類です。重い荷物を搬出・搬入する引越し作業をするとたくさんの汗をかきます。作業中あるいは作業後に水分補給をできるドリンク類であれば、誰でも利用できます。作業スタッフが自分で購入する必要がなくなるので、良い心付けになるはずです。

ドリンク類のほかでは、小分けされたお菓子などもオススメです。作業スタッフが自分のペースで食べられるからです。ゴミが気になる方は、あわせてゴミ箱を設置しておくと良いでしょう。

みんなは心付けを渡している?

文化として定着しているわけではないので、必ずしも心付けを渡さなくてはならないわけではありません。

とはいえ、渡さないと失礼に当たらないか気になりますよね。ガッカリされて、作業員のモチベーションが低下したら大変です。引越しをしている方は、心付けを渡しているのでしょうか。

一般的に、引越しする方の半数程度が心付けを渡しているといわれています。傾向としては、家族で引越しする方は心付けを渡すことが多く、一人暮らしで引越しする方は心付けを渡さないことが多いようです。

年齢でいうと、年を重ねている方ほど心付けを渡すことが多いといわれています。これらを参考に、心付けを渡すべきか検討するとよいかもしれません。

心付け、実際のところ

心付けは、あくまでも感謝の気持ちを伝えるものなので、渡しても渡さなくても作業の内容は変わりません。

しかし、作業スタッフのモチベーションは変わることが多いといわれています。

また、依頼主と作業スタッフとの間で、コミュニケーションをとりやすくなるといわれています。誰かに感謝されると、感謝の気持ちに答えようとする方が多いからです。

とくに、お金や差し入れなどを受け取ると、その気持ちが高まります。もちろん、すべての方がこのように動くわけではありませんが、心付けに一定の効果を期待できることは事実です。

引越し作業の質を出来るだけ高めたいなど考えている方は、心付けを渡してみるとよいかもしれません。缶ジュース一本でも、作業スタッフのモチベーションを高められることはあります。

まとめ

一部では、引越しの作業スタッフに心付けを渡したほうが良いといわれています。このように言われる理由は、昔は心付けを渡す習慣が定着していたからです。

現在でも、引越しする半数程度の方が心付けを渡しているといわれています。感謝の気持ちを伝えるものなので、基本的に渡しても渡さなくても構いません。

渡すときは、1人あたり1,000円程度をポチ袋に入れて渡す、ドリンク類を差し入れするなどすると良いでしょう。心付けを渡すことで、作業スタッフのモチベーションを高めることや依頼主と作業スタッフとのコミュニケーションをスムーズにすることができるといわれています。

もちろん、ケースにより異なりますが、全くメリットのない行為ではありません。気になる方は、作業スタッフが気持ちよく働ける環境を作ってみてはいかがでしょうか。


lp4

  関連記事