1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

利用前に知っておきたい引越し業者が加入する保険


引越しにはトラブルがつきものです。運悪く、大切な荷物が破損することもあります。このようなケースに備えて、引越し業者を利用するときは保険の有無を確認しておきましょう。

保険に加入している引越し業者であれば、基本的に安心して利用することができます。ここでは、多くの引越し業者が加入している「運送業者貨物賠償責任保険」などについて詳しく解説しています。

引越し業者が加入している保険

人が行う作業なので、どれだけ丁寧な引越し作業を心がけても一定の確率で事故は起きます。引越し作業に多い事故が荷物の紛失や破損です。大切な荷物が事故に巻き込まれることは避けたいですが、完全に避けることはできません。

心配な方は、利用する引越し業者を決める前に、引越し業者が用意している保険を確認しましょう。ほとんどの引越し業者は「引越荷物運送保険」と「運送業者貨物賠償責任保険」を用意しています。

引越荷物運送保険

引越し業者が取り扱いしている保険商品です(取扱していない引越し業者もあります)。依頼主が保険料を支払うことで加入します。保険料は1,000円程度です。

詳しい金額は、見積書で確認できます。引越し業者と保険業者が年間包括契約を結び、引越し業者を利用する全ての方に提供していることが多いようです。

引越荷物運送保険の補償の範囲と保険金

引越荷物運送保険は、引越し業者が荷物の移動作業を開始するときから移動作業を終了するときまでの、荷物の損害ならびに荷物を搬出・搬入する建物の床や壁の損害に対する修理費用などを補償してくれます。支払う保険金の上限は1,000万円程度です。

補償の範囲や保険金の上限は加入する引越荷物運送保険により異なります。詳しい内容は、保険に加入するときに確認してください。

運送業者貨物賠償責任保険

運送業者貨物賠償責任保険は、引越し業者が委託された荷物を輸送中・保管中に、荷物に与えた損害を補償する保険です。

基本的に、引越し業者が加入する保険なので、依頼者が保険料を支払うことはありません。ほぼすべての引越し業者が加入しているといわれますが、大切な荷物を安心して預けるため、依頼する前に加入の有無を一応確認したほうが良いでしょう。

運送業者貨物賠償責任保険の補償の範囲と保険金

運送業者貨物賠償責任保険は、積み込み・輸送・積み降ろし・保管・梱包作業・開梱作業中の荷物に起きた偶発的な事故などを補償してくれます。

具体的には、破損・盗難・水濡れ・輸送用具の衝突・転倒などによる事故を補償してくれます。支払われる保険金の上限は1,000万円に設定されていることが多いようです。

すべての事故を補償してくれるわけではない

運送業者貨物賠償責任保険に加入している引越し業者であれば安心して利用できます。万が一の際に、保険金が支払われるからです。

ただし、すべての事故を補償してくれるわけではありません。次の事故などは補償されないので気をつけましょう。

・引越し業者に故意・重大な過失がある場合
・依頼主の故意による事故、破損
・自然災害による事故
・戦争やテロ行為、ストライキなどによる事故

基本的に、引越し業者の故意・重大な過失による事故は、運送業者貨物賠償責任保険ではなく引越し業者が補償します。

契約を結ぶ前に、「標準引越運送約款」を確認して、引越し業者の故意・重大な過失による事故を補償してもらえることを確認しておきましょう。

補償の対象にならない荷物

また、すべての荷物が補償の対象になるわけでもありません。貴金属・宝石類、現金・小切手などの貨紙幣類(金・銀などを含む)・有価証券、美術品・骨董品など、帳簿類、設計図などは補償の対象外です。

また、生鮮食品や生きている動植物、バイク、自転車、十分な荷造りができていなかった荷物、ばら積みの荷物などは補償の範囲が限られます。補償の対象にならない大切な荷物は、自分で運ぶなどの配慮が必要かもしれません。

破損しては困る荷物がある方は、契約前に補償の範囲を確認しておきましょう。

引越し前にチェックしたい保険のポイント

保険で補償される範囲や補償されない範囲、支払われる保険金の上限などは、引越し業者が加入する保険により異なることがあります。契約を結ぶ前に、引越し業者が保険に加入していることを確認するとともに補償の範囲、支払われる保険金額の上限を確認しましょう。

引越し業者が保険に加入している場合も、荷物の内容は正しく伝えましょう。とくに、壊れやすい荷物などは注意して運んでもらうように依頼します。これだけで事故の多くを防げるはずです。

基本的に、支払われる保険金額は、損害品の購入時の価格ではありません。修理費あるいは同レベルの商品を購入する再調達価格などとなります。

場合によっては納得できない金額になることもあるので、事故を起こさないに越したことはありません。気持ちよく引越しを完了させるため、事故は出来るだけ防いだほうが良いでしょう。

口コミなどで引越し業者の事故対応もチェック

一般的に、保険に加入している引越し業者は安心といわれていますが、必ずしもそうとは言い切れません。引越し業者の中には、翌年以降の保険料の引き上げを恐れて保険の利用を渋るところがあるからです。

もちろん、保険を使わずとも損害に対する補償をしてくれれば問題ありませんが、全額自社で負担しなければならない補償をスムーズに行ってくれないこともあります。

トラブルを避けたい方は、引越し業者が保険に加入していることを確認するときに事故対応についても確認しておきましょう。事故対応は、過去に利用した方の口コミなどを参考にできます。

スムーズに保険を利用してくれた引越し業者、あるいは補償を行ってくれた引越し業者であれば安心して利用できます。反対に、過去にトラブルを起こしている引越し業者は避けたほうが良いかもしれません。

まとめ

どれだけ丁寧に作業を行う引越し業者であっても、すべての事故を防げるわけではありません。このような事故に備え、これから引越しをする方は、引越し業者が保険に加入していることを確認しましょう。

引越し業者が加入している保険は、「引越荷物運送保険」と「運送業者貨物賠償責任保険」の2つです。両方に加入していれば手厚い補償を受けられると考えられます。

ただし、すべての事故、すべての荷物を補償してもらえるわけではありません。契約前に、補償の範囲・保険金の上限は確認しておきましょう。あわせて、引越し業者の事故対応についても確認しておけば安心です。

万が一のトラブルに備えて、しっかり準備してから引越し業者を選んでください。


lp4

  関連記事