1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

もしかして選別されている?引越し業者とブラックリストの関係


聞いていたより見積金額が高いと、「もしかしてブラックリストに載せられているのでは?」と心配になる方がいるかもしれませんね。

引越し業者はブラックリスをと作成しているのでしょうか。ここでは、引越し業者とブラックリストについて解説しています。

引越し業者とブラックリスト

一部では、引越し業者がブラックリストを作成しているといわれています。

ブラックリストとは、要注意人物を記載した名簿のことです。引越し業者の場合、対応するにあたり注意を要する人物をまとめた名簿がブラックリストに当たります。

ブラックリストに登録されてしまうと、引越しの依頼を受けてもらえない、高額な見積金額を提示されるなどといわれています。引越し業者は本当にブラックリストを作成しているのでしょうか。

ブラックリストの有無は不明

あって当然のように言われることがあるブラックリストですが、引越し業者が本当にブラックリストを作成しているかは不明です。

不明の理由は、実は作成されていないか、作成されていても社外に出ることはないからです。このようなリストを作成していることが公になれば、顧客を選別していたとして問題化する恐れがあります。

リストに登録されていた方は、当然ながら嫌な気持ちになります。公表してもメリットはないので、引越し業者自らがブラックリスをと作成していると認めることはないと考えられます。ブラックリストの有無が明らかになることは基本的にないでしょう。

引越し業者がブラックリストを作成している可能性はある

以上を前提としつつ、引越し業者がブラックリストを作成している可能性はあるといえます。他業種の企業の中には、ブラックリストを作成しているところがあるからです。

筆者の経験では、小売業の顧客相談室に勤める方から、過去に大きなトラブルを起こした顧客の名簿が存在すると聞いたことがあります。

もちろん、すべての引越し業者がブラックリストを作成しているとはいえませんが、引越し業者の中にこのような企業があってもおかしくはありません。

ブラックリストを作成するにはそれなりの体制、知識などが必要なので、大手引越し業者ほどブラックリストを作成している可能性は高いといえそうです。

クレームでブラックリストに登録される?

引越し業者がブラックリストを作成しているとすれば、過去にクレームをつけた方は心配になるはずです。どのような事情で引越しを依頼することになるかわからないので、ブラックリストに登録されていると困りますよね。

心配になる気持ちはわかりますが、常識的な範囲のクレームでブラックリストに登録されることはないといわれています。一般的には、次のようなケースでブラックリストに登録される恐れがあります。

こんなトラブルを起こすとブラックリストに載るかも

悪質なクレームを繰り返す、大きなトラブルを起こすことなどでブラックリストに登録されるといわれています。

例えば、「引越し業者に落ち度がないのに、損害を被ったとして適正ではない要求をする」「お金を払わなければSNSに書き込むなど脅す」「何度も契約とキャンセルを繰り返す」「引越し料金を支払わない」などの悪質なクレーム、大きなトラブルを起こすとブラックリストに登録される恐れがあります。

ブラックリストに登録されるとどうなる?

万が一、引越し業者のブラックリストに登録されるとどうなるのでしょうか。登録後の対応は引越し業者により異なると考えられます。

ブラックリストに登録されているからといって必ず問題を起こすわけではないので基本的にはこれまで通りサービスを受けられると考えられますが、他の利用者に比べよりセンシティブな対応をされる可能性はあります。

例えば、クレームをつけるとクレーム対応のスペシャリストが対応に当たるなどです。ケースによっては弁護士などの第三者が現れることも考えられます。

以上のほかでは、積極的にサービスを提供しないため、値引きに応じてくれないなどの可能性も考えられます。どのような対応がなされるにせよ、ブラックリストに登録されてメリットを得られることはありません。

他の引越し業者と情報が共有されることはない

ブラックリストの存在を気にする方の中には、引越し業者間で情報が共有されることを心配する方がいるはずです。

情報が共有されると引越し業者を利用しづらくなりますが、そのようなことはないとされています。情報の共有について心配する必要はないでしょう。

クレームをつけるときも常識的な対応を

残念ながら、引越し業者がブラックリストを作成しているかどうかはわかりません。ブラックリストの存在が気になる方は、クレームをつけるときも常識的な対応を心がけましょう。

感情的になること、高圧的になることに注意して、要望を伝えれば常識的な対応になるはずです。何かしらの要求をするときは、要求が適正なのか検討しましょう。

これらに気をつければ、引越し業者のブラックリストに登録されることはなくなるはずです。

まとめ

悪質なクレームや大きなトラブルを起こすと引越し業者のブラックリストに登録されるといわれています。本当にブラックリストがあるかどうかはわかりませんが、ブラックリストに登録されると不利益を被るかもしれません。

心配な方は、クレームのつけ方などに注意しましょう。常識的な範囲で行動すれば、ブラックリストに登録されることはありません。

お金を払う利用者であるとはいえ、お互いが気持ちよく取引できるように心がけることが重要です。気持ちよく働いてもらえば、より良いサービスを受けやすくなるはずです。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事