1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しで住所が変わったときに佐川急便なら転送できる?


引越しすると住所が変わるので困りますよね。このようなときに便利なのが、一部の宅配業者が行っている転送サービスです。佐川急便は転送サービスを行っているのでしょうか。

佐川急便の転送サービスについて解説いたします。

新居の住所へ荷物が届く転送サービス

宅配業者の中には転送サービスを行っているところがあります。

転送サービスとは、宅配業者に新居の住所を届けておくことで、旧居に届く予定の荷物を自動的に新居へ転送してくれるサービスです。

転送してくれる期間は1年間であることが多いようです。宅配便業者によっては、再手続きをすることでこの期間を延長することもできます。

転送サービスを利用するメリット

転送サービスを利用するメリットは、不意に届く荷物などを新居などに届けてもらえることです。

通販などを利用する場合は自分で住所を登録できるので新居へ荷物を届けられますが、過去に登録した住所をもとに企業が発送するDMなどは新居へ届けることが出来ません。転送サービスを利用すれば、このようなトラブルを避けることができます。

また、旧居に引越しした次の住人に個人情報が洩れる心配もありません。1年間にわたり荷物を転送してくれる宅配業者が多いので、新居に転送されてきた荷物を確認すれば登録したことを忘れていたサービスの住所変更も行えます。

佐川急便は転送サービスを行っている?

引越しする方にとって、荷物の転送サービスはとても便利なサービスです。そこで気になるのが、大手宅配業者のひとつである佐川急便が転送サービスを行っているかどうかです。

佐川急便が転送サービスを行っているのであれば利用したい方は多いはずです。佐川急便は転送サービスを行っているのでしょうか。

宅配便の転送はその都度対応している

佐川急便に問い合わせをしたところ、引越しなどで転送が必要になった荷物は、荷受人からの要請を受けて出荷人に確認をしたのち新しい住所に届けているそうです。

出荷人に確認をする理由は、荷物によっては転送できないものがあるからです。その都度の対応になるため、転送が必要な荷物の数だけ佐川急便に連絡する必要があります。

荷物の届け先を変更するには、「お問合せ送り状NO.」が必要になります。旧居に届く予定の荷物を新居へ届けてほしい方は、出荷人に「お問合せ送り状NO.」を確認しましょう。

DMなどの転送はできない

荷物の中には本人も知らない間に発送されるものがあります。この代表といえるのがDMなどの荷物です。

過去に登録した住所などをもとに発送されるので、荷物を受け取るはずの本人もいつ発送されるか知ることはできません。

佐川急便は荷受人から依頼を受けて住所変更したのち新住所に荷物を届けるので、このような荷物を新居に届けることはできません。

佐川急便は転送サービスを扱っていない

引越しなどで住所が変わった場合、佐川急便は以上のように対応しています。

つまり、佐川急便は転送サービスを行っていません。発送された荷物の住所変更をしたい方は、その都度、連絡して新住所を伝える必要があります。

引越し前・引越し後に気をつけたいポイント

残念ながら、佐川急便は転送サービスを行っていません。心配な方は、引越し前・引越し後にいくつかのポイントに気をつけるとトラブルを防ぎやすくなります。どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

通販などは新住所を登録する

引越し前・引越し後に通販などを利用する方は、間違えずに新住所を登録しましょう。引越し直前に通販などを利用する方は、出荷のタイミングに注意します。出荷のタイミングに注意すれば、いつ荷物が届くかわかるからです。

荷物の届くタイミングにより、旧居の住所を登録するべきか新居の住所を登録するべきかわかります。お届け日時を指定できる場合は、指定しておくとどちらの住所を登録すればよいかはっきりします。

いつ届くか分からない荷物は、引越し後の利用を検討すると良いでしょう。

引越しが決まった時点から住所変更を行う

引越しまで余裕のある方は、引越しが決まった時点から登録しているサービスの住所変更を始めましょう。

旧居に届けられるDMなどを確認しておけば、自分がどのサービスに登録されているかわかります。順番に住所変更をしていけば、引越し後に旧居に荷物が届けられることを防げます。

特に、注意したいのが佐川急便で届けられるDMなどの荷物です。佐川急便は転送サービスを行っていないので、佐川急便で届けられるDMなどの荷物は住所変更をしておかないと引越し後も旧居に届けられてしまいます。

時間に余裕のある方は、引越しが決まった時点から届けられる荷物をチェックして住所変更を行っていきましょう。

日本郵政とクロネコヤマトは転送サービスを行っている

佐川急便と同じく大手宅配業者に挙げられる日本郵便とクロネコヤマトは転送サービスを行っています。これらの宅配業者で届けられる荷物は、手続きさえ行えば新居に届けられると考えて良いでしょう。

ただし、日本郵便とクロネコヤマトでは転送サービスの内容が異なります。

日本郵便の転送サービス

日本郵便の行っている転送サービスは、最寄りの事業所に転居届を出すことで1年間にわたり旧居に届けられる予定の郵便物を新居に届けてくれるサービスです。

もちろん、サービスの利用に料金はかかりません。転送サービスの利用には、本人を確認できる書類と転居者の旧住所を確認できる運転免許証などが必要です。

忙しい方は、事業所などで転居届用紙をもらってポストに投函することやインターネットで申し込むことなどでも転送サービスを利用できます。

クロネコヤマトの転送サービス

クロネコヤマトの転送サービスは、申し込むことで1年間にわたり旧居に届けられる予定の荷物が新居へ届けられる無料のサービスです。

クロネコメンバーズにログインして「宅急便転居転送サービス」を選び「お客様情報」を入力することや営業所に設置されている仮申し込み書に必要事項を記載してセールスドライバーなどに渡すことで申込みできます。

申し込みをすると、旧居あてに「転居転送サービス本申込書」が郵送されます。こちらを新居で受け取り、署名と捺印をしてクロネコヤマトに返送することでサービスを利用できます。

引越ししていることを確認するため、郵便局の転送サービスを利用します。クロネコヤマトの転送サービスを利用する前に、郵便局に転居届を提出しておく必要があります。

注意点は、クロネコDM便、空港宅急便など一部サービスで転送サービスを利用できないことです。転送サービスを利用しても、荷物によっては旧居の住所に届けられることがあります。

まとめ

残念ながら、佐川急便は転送サービスを取り扱っていません。引越しで住所が変わった方は、その都度、荷物の転送を依頼する必要があります。

このような手間を避けたい方は、引越し前から住所変更手続きを行うとともに荷物の届け先を正しく指定するように心がけると良いでしょう。

あるいは、転送サービスを用意している日本郵政やクロネコヤマトなどを利用することもできます。適切にサービスを利用して引越し後のトラブルを避けましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事