1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

荷物が少なければお得!クロネコヤマトの単身パック


単身で引越しする方から人気を集めているプランが、クロネコヤマトの単身パックです。クロネコヤマトの単身パックはどのようなプランなのでしょうか。

詳しく解説するので興味のある方は参考にしてください。

宅急便感覚で引越しできるクロネコヤマトの単身パック

クロネコヤマトの単身パック(単身引越しサービス)は、宅急便感覚で引越しができるプランです。

単身パック用のBOXに積み込んだ荷物をクロネコヤマトのスタッフが旧居から搬出・新居へ搬入してくれます。家具・家電の梱包は不要です(小物の荷造りなどは自分で行います)。

荷物の少ない単身の引越しであれば、通常の引越しプランより安く引越し出来るといわれています。

荷物の量にあわせて選べるBOXサイズ

クロネコヤマトの単身パックには、荷物の量にあわせて選べる2つのプランが用意されています。一通りの家財をお持ちの方にオススメのプランが通常の単身引越しサービスです。

単身引越しサービスでは、内寸1.04m×1.04m×1.70m=1.83㎥のBOXを利用することができます。

このサイズのBOXに積み込める荷物の目安は、2ドアの冷蔵庫1台、全自動洗濯機(4㎏)1台、電子レンジ、ダンボール(350mm×430mm×310mm)10箱、衣装ケース(380mm×740mm×220mm)3個、布団袋1袋、スーツケース1個程度です。

荷物の少ない単身の引越しにオススメのプランが単身引越しサービス(miniタイプ)です。単身引越しサービス(miniタイプ)では、内寸1.04m×1.04m×1.30m=1.40㎥のBOXを利用することができます。

このサイズのBOXに積み込める荷物の目安は、ダンボール(350mm×430mm×310mm)15箱、衣装ケース(380mm×740mm×220mm)3個、布団袋1袋程度です。

利用するプランは現場で決められる

単身引越しサービスと単身引越しサービス(miniタイプ)で利用するBOXは、高さが40㎝違います。

どちらのプランを選ぶべきか悩んでしまいますが、どちらのプランを選んでも同じBOXが現場に運ばれてくるので悩む必要はありません。

単身引越しサービスで利用するBOXは上部が可動式になっていて、単身引越しサービスと単身引越しサービス(miniタイプ)の両方に対応できるのです。

現場で、BOXの大きさと荷物の量を見てからプランを決められるので、便利な引越しプランといえるでしょう。

単身プランの料金

クロネコヤマトの単身プランの料金は、利用するBOXの大きさ・台数と行き先で決まります。簡単に料金を算出できるので、訪問見積もりは行われません。

関東エリア・同一市区内で引っ越した場合、単身引越しサービスの料金は17,000円(税抜)~となります。単身引越しサービス(miniタイプ)の料金は16,000円(税抜)~です。

繁忙期(3月20日~4月2日)に引越しする場合は、シーズン加算として1BOXあたり2,000円(税抜)が割増されます。

反対に、クロネコヤマト公式サイト内「単身見積もりフォーム」または専用携帯サイトから申し込んだ場合は1件あたり2,000円(税抜)のWEB割引、搬出入日の双方が平日の場合は1件あたり2,000円(税抜)の平日割引、搬出日が14日以上先の場合は1件あたり1,000円(税抜)の早期割引、単身引越しサービスの利用が2BOX以上となる場合は1BOXあたり1,000円の複数BOX割引が受けられます。

上手に利用すれば、かなりお得に引越しできるプランといえるでしょう。(※繁忙期に発作業、着作業がある場合、平日割引、早期割引は適用されません。)

お届け時間帯を指定できる

単身引越しサービス、単身引越しサービス(miniタイプ)を利用した荷物は、一部を除き翌日からお届けできます。お届け時間は、一部を除き午前中、12時~15時、15時~18時、18時~21時のいずれかから無料で指定することができます。

忙しい方は1BOXあたり3,000円(税抜)を支払うことで、約束時間お届け時間指定サービスを利用することもできます(一部の地域は利用できません)。

このサービスを利用すれば、約束した時間の前後30分以内に荷物を届けてもらうことができます。

オプションサービスでさらに便利に引越し

クロネコヤマトの単身パックには、さらに便利に引越しできるオプションサービスが用意されています。

小物の荷造りを手伝ってほしい方は1BOXあたり6,000円(税抜)~荷造りサービスが利用できます。経験豊富なスタッフが荷造りを行ってくれるので、忙しい方でも快適に引越しできるはずです。

引越しに使用した資材を処分してほしい方は、資材回収サービスを利用することができます。料金は1件/1回につき3,000円(税抜)です。1件/1回あたりの料金なので、資材はまとめて処分したほうが良いでしょう。

以上のほか、洗濯機の取付やテレビのセッティング、バイクの輸送などのオプションサービスも利用できます。引越しに必要なダンボールなどの資材も購入できます。

便利に引越ししたい方は、オプションサービスを利用すると良いでしょう。

賢いクロネコヤマトの単身パックの利用方法

クロネコヤマトの単身パックの利用を検討している方は、賢い利用方法も抑えておきましょう。どのように利用すればよいのでしょうか。

荷物が多い方は複数のBOXを利用する

単身パックのBOX1台で運べる荷物の量は限られています。荷物の多い方は、その他のプランを検討してるかもしれませんね。

大型の荷物がなくて荷物の量が多い方は、単身パックのBOXを複数台利用すると良いでしょう。単身パックのBOXを2台利用すれば、かなりの量の荷物を運べます。

単価が安いので、2台利用しても通常の引越しプランより安くなることは少なくありません。荷物がやや多い方は、単身引越しサービスのBOXと単身引越しサービス(miniタイプ)のBOXを組み合わせることもできます。

無駄なく荷物を運べば、引越し料金を抑えられるはずです。

大型の荷物がある方はらくらく家財宅急便を併用

ソファーやベッドなど、クロネコヤマトの単身パックで対応できない荷物がある方は、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便を併用すると良いでしょう。

らくらく家財宅急便は、大きな家財を1つから輸送してくれるサービスです。梱包から開梱・設置までクロネコヤマトのスタッフが行ってくれます(分解・組み立ては有料)。

料金は、荷物の大きさと行き先で決まります。単身パックと同じく、お届け時間を4区分(地域によっては3区分)の中から指定することができます。

単身パックと併用する場合、集荷日などに注意しましょう。らくらく家財宅急便は、事前予約(前日の18時まで)すれば最短で翌日集荷、事前予約がなければ最短で翌々日集荷となります。

配達日は、前日の18時までに申込で最短翌々日となります。単身パックの荷物と一緒に届けてほしい方は、クロネコヤマトのスタッフに相談して日程調整をしてください。

ダンボールは自分で準備

クロネコヤマトの単身パックに梱包資材の無料サービスは附帯していません。ダンボールなどの梱包資材は自分で準備する必要があります。

ダンボール代を節約したい方は、スーパーやドラッグストアなどにお願いして不要なダンボールをもらうと良いでしょう。時間をかけて回れば、かなりの数のダンボールを集められます。

もらったダンボールを使用するときは強度や汚れなどに注意しましょう。これらに注意すれば、お得に引越しができるはずです。

まとめ

クロネコヤマトの単身パックは、専用のBOXに荷物を積んで新居へ届けてもらうお得なプランです。宅急便を利用する感覚で引越しできる点が特徴です。

大きな荷物は積みこめませんが、一般的な引越しプランに比べてお得といわれています。荷物が多い方も、複数のBOXやらくらく家財宅急便を利用することで賢く引越しできます。

単身の引越しを予定している方は、クロネコヤマトの単身プランの利用を検討すると良いでしょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事