1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越し業者を使わず郵送で引越しできる?


引越しを予定している方の中には、引越し業者を使わず郵送で引越しを完了させたいと考えている方がいるようです。

郵送で引越しを完了させることはできるのでしょうか。詳しく解説するので参考にしてください。

大型の家具・家電があると郵送で引越しできない

郵送での引越しを検討するときに、気になるのが大型家具や大型家電の扱いです。郵送で、ソファーやベッド、テレビや冷蔵庫などを新居へ送ることはできるのでしょうか。

郵便局のウェブサイトで確認したところ、ゆうパックで送れる荷物は「長さ+幅+厚さの合計が1.7m」「重さ30㎏」までです。

これより大きなソファーやベッド、テレビや冷蔵庫などは送れません。大型の荷物がある方には適していない引越しの方法といえます。

荷物がダンボールだけなら郵送で引越しできる

大型の荷物がなければ、郵送での引越しは可能です。

「長さ+幅+厚さの合計が1.7m」「重さ30㎏」までの荷物であれば送れるので、かなり大きなダンボールが利用できます。

生活必需品だけ送って家具や家電は新居で購入するなどを予定している方や基本的な家具や家電はセットされている新居へ引越しする方であれば、現実的な選択肢になります。

郵送で引越しするときの費用

郵送で引越しする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

ゆうパックの料金は、荷物の大きさと差出地・お届け先で決まります。東京から170サイズの荷物を送ると次の料金がかかります。

・東京都内 2,070円
・北海道 2,460円
・東北、関東、信越、北陸、東海 2,140円
・近畿 2,250円
・中国、四国 2,360円
・九州 2,570円
・沖縄 2,710円

以上は1箱あたりの費用なので、引越しにかかる費用は「配送料金×箱数」で求められます。

引越しで使用するダンボールの数は1Rで10枚程度といわれています。

引越し業者が用意するダンボールは、Mサイズで「長さ+幅+厚さの合計が1.2m」程度なので、「長さ+幅+厚さの合計が1.7m」のダンボールを使用すればこれより少ない数で引越しできると考えられます。

もちろん、実際にかかる費用はケースにより異なりますが、1Rの方であれば「配送料金×10箱以下」で引越しできると考えてよいかもしれません。

ちなみに、ゆうパックで東京から「長さ+幅+厚さの合計が1.2m」の荷物を送った場合の費用は次の通りです。

・東京都内 1,340円
・北海道 1,720円
・東北、関東、信越、北陸、東海 1,400円
・近畿 1,500円
・中国、四国 1,610円
・九州 1,820円
・沖縄 1,940円

こちらの配送料金も参考に、引越でかかる費用を予想してみてはいかがでしょうか。

郵送で引越しするときは梱包に注意

郵送で引越しするときは、荷物の破損などに注意が必要です。他の荷物と混載で運ばれるので、梱包の仕方が悪いとダンボールが痛んで荷物が破損してしまいます。

特に、大きなダンボールにたくさんの荷物を詰め込むと破損しやすくなります。郵送で引越しするときは、梱包の仕方に注意しましょう。

梱包のポイントは、丈夫なダンボールを使用すること、荷物の種類にあわせてダンボールを選ぶこと(重い荷物は小さめのダンボール・軽くてかさばる荷物は大きめのダンボール)、緩衝剤を適切に用いて荷物を保護することなどです。

食器など割れやすいものは、一つずつ緩衝剤で包んでから梱包します。出来るだけ丁寧な梱包を心がけましょう。

大型の家具や家電は他のサービスで配送できる

郵送で送れない大型の家具や家電がある方は、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便を一緒に利用するとよいかもしれません。らくらく家財宅急便は、ベッドやソファー、テレビや冷蔵庫などを1つから輸送するサービスです。

家具・家電の梱包から搬出・輸送・搬入・開梱設置・廃材回収までセットになっている点が特徴です。対象エリア内であれば、4区分(午前中・12-15時・15-18時・18-21時)の中から荷物のお届け日時を指定することもできます。

オプションサービスを利用すれば、家具の分解・組み立てを任せることも可能です。

配送料金は、9区分に分かれる荷物の大きさ(高さ+幅+奥行きの合計)とお届け先と都道府県で決まります。

東京から東京・大阪・福岡へ荷物を送った場合の料金は次の通りです。

東京
・Cランク250㎝まで(全自動洗濯機・単身用冷蔵庫など) 7,398円
・Dランク300㎝まで(2人掛けるソファー・食器棚など) 10,746円
・Eランク350㎝まで(家庭用冷蔵庫(大型)・シングルベッドなど) 16,254円
大阪
・Cランク250㎝まで(全自動洗濯機・単身用冷蔵庫など) 8,694円
・Dランク300㎝まで(2人掛けるソファー・食器棚など) 12,150円
・Eランク350㎝まで(家庭用冷蔵庫(大型)・シングルベッドなど) 19,170円
福岡
・Cランク250㎝まで(全自動洗濯機・単身用冷蔵庫など) 11,718円
・Dランク300㎝まで(2人掛けるソファー・食器棚など) 16,578円
・Eランク350㎝まで(家庭用冷蔵庫(大型)・シングルベッドなど) 25,758円

※以上は一例です。正確な費用の算出は見積もりが必要です。

引越し業者の単身パックを利用したほうが安いケースも

荷物の量が多い場合などは、郵送で引越しするより引越し業者の単身パックを利用したほうが安いケースもあります。

単身パックとは、単身者を中心に荷物が少ない方の引越しに利用されているプランです。専用ボックスに積みきれる量の荷物を定額で運んでくれます。

例えば、日通の単身パックSは「横幅108㎝×奥行74㎝×高さ155㎝(内寸)」に積みきれる量の荷物を定額で運んでくれます。同、Lサイズは「横幅108㎝×奥行104㎝×高さ175㎝(内寸)」の専用ボックスを使用します。

単身パックSサイズで、冷蔵庫(2ドア・109リットル)・薄型テレビ(20インチ)・テレビ台・電子レンジ・掃除機・カラーボックス・姿見・布団・ダンボール4ケース程度を運べます。

メリットは、家具・家電の梱包・開梱・設置をスタッフが行ってくれる点、万が一の時に補償が受け取れる点などです。

デメリットは、ベッドやソファーなどの大型家電を運べないことです。日通の単身パックは、WEB割引を適用すればSサイズで15,000円~、Lサイズで16,000円~利用できます。

まとめ

条件によっては、郵送での引越しは可能です。荷物の量が少なければ、お得に引越しできることもあります。

ただし、郵送が他の引越し方法に比べ必ず優れているわけではありません。引越しの条件によっては、引越し業者の単身パックなどを利用したほうが割安になることもあります。

賢く引越ししたい方は、見積もりをとって料金を比較しましょう。比較するときは、引越しにかかる手間も比べましょう。一般的に、郵送より引越し業者を利用したほうが手間はかかりません。

専門のスタッフが荷物の運搬・搬入・設置などを手伝ってくれるからです。費用がそれほど変わらないのであれば、手間がかからない引越し業者を利用したほうがお得です。

郵送での引越しを希望している方は、引越し業者の見積もりもとってみてはいかがでしょうか。

一括見積もりは、手間をかけず複数の引越し業者から見積もりをとれるのでオススメです。


lp4

  関連記事