1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越し業者の申し込みは1週間前でも可能?


仕事や家事が忙しくて引越し業者を探す暇がなかった方や仕事の都合で急な引越しが決まった方は、今から引越し業者を探せるか不安を抱えているかもしれませんね。

引越し業者は引っ越し1週間前でも予約できるのでしょうか。引越し業者を予約できる時期について詳しく解説します。お困りの方は参考にしてください。

1週間前でも引越し業者の予約はとれる?

引越しが間近に迫っている方は、とにかく引越し業者を抑えられれば良いと考えているはずです。

1週間前でも引越し業者を抑えられるのでしょうか。

1週間前でも引越し業者の申し込みは出来る

引越しが1週間前に迫っていても、基本的に引越し業者の申し込みはできます。

ただし、希望する日時に予約をとれるとは言い切れません。

それぞれの引越し業者が保有しているトラックの台数は決まっています。この台数によって1日に受けられる引越しの件数が決まります。

希望する日時にトラックが空いていれば、引越し1週間前であっても予約をとれます。希望する日時にトラックが空いていない場合は予約をとれません。

1週間前に予約をとれるかどうかはケースにより異なります。

1カ月~2週間前までの申し込みが基本

一般的に、引越しの申し込みは引越し日の3カ月前頃から行えます。引越し業者が保有しているトラックの台数に限りがあるので、出来るだけ早く申し込みを行ったほうが良いとされています。

時期により異なりますが、1カ月から2週間前までに申し込みを行えば希望する日時に予約をとりやすいといわれています。

引越し日まで余裕のある方は、早めに予約しましょう。

引越し1週間前に申し込みをする人は意外と多い

引越しが1週間後に迫っている方は焦りますよね。焦るのは仕方ないことですが、焦りすぎは禁物です。焦りすぎると引越しを失敗してしまいます。

過去に行われた調査では、引越し1週間前になって引越し業者を探し始める方は意外と多いことが分かっています。

特に、一人暮らしの方は、引越し間際になって引越し業者探しを始める方が多いようです。落ち着いて引越し業者を探せばまだ間に合うはずです。

引越し業者の繁忙期は急いだほうが良いかも

引越し業者の繁忙期に引越しを予定している方は急ぎましょう。多くの方が引越しをするので、あっという間に引越し業者のスケジュールは埋まってしまいます。

引越し業者の繁忙期は、新生活がスタートする前の3月と新生活がスタートする4月です。この時期は1年で最も引越し業者が忙しいといわれています。予約を取りづらい時期なので、出来るだけ早く申し込みしましょう。

スケジュールに余裕を持たせる

引越し業者が見つけられないときは、スケジュールに余裕を持たせるとよいかもしれません。

日にちだけ決めて作業開始時間は引越し業者に任せるなどすると、1週間前であっても引越し業者を見つけやすくなります。前の作業が終わってから対応してくれる引越し業者などが見つかるからです。

また、引越し業者の都合の良い時間帯に引越しを開始することで、割引も受けやすくなります。スケジュールに余裕のある方は、引越し業者に合わせてみてはいかがでしょうか。

たくさんの引越し業者に声をかける

引越し1週間前でも引越し業者を探すことはできますが、引越し1カ月前に比べると選択肢は減ります。引越し業者の繁忙期は、この傾向が特に強くなります。

引越し業者を確実に押さえたい方は、たくさんの引越し業者に声をかけましょう。希望する日時があいている引越し業者を見つけられるはずです。

たくさんの引越し業者に声をかけるときに便利なのが一括見積もりサイトです。一括見積もりサイトで、引越しの条件(希望する日時など)を入力するだけで、複数の引越し業者から見積もりをとれます。

1週間後の予定が空いている引越し業者を、手間をかけずに見つけられるはずです。

1週間前に引越し業者を予約するときの注意点

引越し1週間前に、引越し業者を予約する方は次の点に注意しましょう。見逃すと思わぬトラブルに遭遇するかもしれません。

料金交渉は慎重に

引越しを予定しているほとんどの方は、出来るだけ引越しに費用をかけたくないと考えているはずです。

一般的に、引越し料金は交渉で値下げできるといわれていますが、引越しが間近に迫っている方は注意しましょう。引越しが間近に迫ると、引越し業者の選択肢が少なくなるため値下げ交渉に応じてくれない引越し業者が増えます。

上手く交渉を進めないと、値下げできないばかりか交渉が決裂してしまう恐れもあります。

引越し直前でも値下げを実現したい方は、先ほど紹介した一括見積もりサイトを利用しましょう。

一括見積もりサイトを利用すれば、引越し業者の選択肢を得たうえで料金交渉を行えます。他社の引越し料金をたたき台に、料金交渉を進めることも可能です。

依頼が主導で交渉を進められるので、引越し直前であっても値下げを実現しやすいといわれています。お得に引越しをしたい方は、一括見積もりサイトの利用を検討してください。

荷造りは計画的に進める

引越し当日までに必ず行わなくてはいけないのが荷造りです。家中の荷物を梱包しなくてはならないのでかなり大変な作業です。

荷造りに必要な期間は、単身の引越しで5日程度、家族の引越しで7日程度といわれています。この間に、役所の手続き、ガスや水道、電気の手続き、住所変更なども並行して進めなくてはなりません。

かなり忙しくなるので、引越し1週間前から荷造りを始めると引越し当日に間に合わないこともあります。

引越し当日に荷造りが間に合わず、引越し業者が引越しはできないと判断した場合、キャンセル扱いになる恐れがあります。この場合、キャンセル料を請求されるうえ、もう一度、見積もり・予約からやり直しになります。

引越し業者のスタッフに荷造りを手伝ってもらった場合は、追加料金がかかります(ケースにより異なります)。

大きなトラブルに発展する可能性があるので、1週間前に引越しを控えている方は確実に荷造りを完了させましょう。

荷造りが間に合わない方は、引越し業者に相談して荷造りを任せるプランを利用してみてはいかがでしょうか(荷造りから開梱までは引越し業者に任せるプランもあります)。

引越し業者の荷造りスタッフが、専用の資材を使って手際よく荷造りを行ってくれます。利用する引越し業者により異なりますが、荷造りは引越し当日に行うことが多いようです。

荷造りを任せるプランのメリットは、手間をかけずに荷造りできることと大切な荷物をプロの作業員が安全に梱包してくれることです。

素人が梱包するよりも、運送中の破損のリスクなどを遠ざけることができます。荷造りを任せるプランも受付できる件数に上限があります。興味がある方は早めに申し込みしましょう。

まとめ

引越し1週間前であっても引越し業者を見つけることは可能です。

ただし、引越しが直前に迫ると選択肢は減ります。値引き交渉などを進めにくくなることが予想されるので、スケジュールに余裕のある方は出来るだけ早く引越し業者を探しましょう。

引越し業者を探すときに便利なのが一括見積もりサイトです。複数の引越し業者から一括で見積もりをとれるので、引越しが間近に迫っていても引越し業者を見つけやすいといわれています。

また、引越し業者を競合させることで値引き交渉を進めやすくなります。1週間前に引越しが迫っている方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。


lp4

  関連記事