1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

業者の有無にかかわらず当日に引越しする方法


何かしらの理由で急な引越しが決まった方や慌ただしく過ごしていた方の中には、準備を終える前に引越し当日を迎えてしまった方がいるかもしれませんね。

準備が完了する前に引越し当日を迎えた方は、どのように引越しすればよいのでしょうか。

引越し業者を利用できる場合と引越し業者を利用できない場合に分けて、当日中に引越しを完了する方法を解説します。

当日対応してくれる引越し業者を探す

準備が終わる前に引越し当日を迎えた方は、最初に引越し業者を探しましょう。対応してくれる引越し業者が見つかれば、当日中の引越しがグッと楽になります。

引越し業者を探すにあたり、理解しておきたいポイントを紹介します。

荷物が少ない引越しは当日対応の可能性あり

家族の引越しなどに比べて、荷物が少ない単身の引越しは当日対応してもらえる可能性が高いといわれています。荷物が多い引越しに比べ、スタッフやトラックを確保しやすいからです。

家族の引越しでも、当日対応してもらえる可能性はあります。家族の引越しを予定している方も、諦めずに引越し業者に相談してください。

相談は、早ければ早いほど良いとされています。当日を迎えている方は、すぐに引越し業者を探しましょう。

近距離の引越しが条件になる

いうまでもなく、当日中の引越しはスケジュールがタイトです。トラックの手配や、荷物の搬出、搬入などに時間がかかるので、移動時間にそれほど時間をさけません。

基本的に、遠距離の引越しは当日対応が難しいといわれています。同一都道府県内や隣の都道府県内までが、対応できるエリアになることが多いようです。

都心部の引越しの方が有利かも

当日の引越しに対応してもらえるかどうかは、トラックとスタッフに空きがあるかにかかっています。引越し業者が保有しているトラックの台数とスタッフの人数には限りがあります。

一般的に、都心部の引越し業者の方がトラックの台数、スタッフの人員とも豊富です。地方と都心部を比べると、都心部の方が当日対応してくれる引越し業者が多いかもしれません。

引越し業者の予約状況は時期によって異なる

引越し業者にも繁忙期と閑散期があります。新生活がスタートする3月と4月は1年で最も忙しい時期です。引越し業者のスケジュールが早くから埋まるので、この時期は当日対応してくれる引越し業者を見つけるのが難しいかもしれません。

反対に、月初や平日は空きが多いようです。月初は賃貸住宅の家賃の関係、平日は仕事の関係で空きやすいといわれています。

当日対応してくれる引越し業者が必ず見つかるわけではない

引越し業者の予約は、早い方で引越しの3カ月前から行います。遅い方でも1週間~数日前までには済ませます。

引越し当日には、すでに予約が埋まっていることが少なくありません。当日対応してくれる引越し業者が、必ず見つかるわけではない点に注意が必要です。

準備ができていない方はおまかせパックを利用

準備ができないまま引越し当日を迎えた方は、引越し業者に荷造りをお願いするおまかせパックなどの利用を検討しましょう。

引越し料金はアップしますが、専門のスタッフが荷造りを行ってくれるので素早く、確実に荷造りを行えます。

作業がスムーズに進むので、引越し業者にとっても請けやすい依頼になるはずです(スタッフを確保できる場合)。

地元の赤帽にも相談

引越し業者を見つけられないときは、地元の赤帽を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

赤帽は、軽貨物運送業を営む個人事業主の集まりです。個人事業主の集まりなので、スケジュールに空きがあれば柔軟に対応してくれるかもしれません。

引越し業者を使わず自力で当日引越しする方法

引越し業者が見つからなかった方は、自力で引越しする必要があります。どのような方法が考えられるのでしょうか。

レンタカーで引越し

自力で当日中に引越しするには、旧居の荷物を新居へ運びこまなければなりません。大きな家具や家電などがある方には、自動車のレンタルがオススメです。

荷物を運ぶ自動車を用意出来れば、当日中に引越しを完了できる可能性は高まります。

費用はレンタルする自動車などにより異なりますが、一般的な荷物の量であれば1~2万円程度で済むことが多いようです。

大きな荷物がない人は宅配便で引越し

ベッドやソファーなどの大きな荷物がない人は、小物をダンボールにまとめて宅配便で新居へ送ることも可能です。

翌日、あるいは翌々日に荷物が届くようにしておけば、新居へ生活必需品を持参するだけで引越しできます。

荷物が多い方は、レンタカーと宅配便の組み合わせを検討すると良いでしょう。宅配会社によっては、ドライバーが自宅へ集荷にやってきてくれます。

不用品などはリサイクルショップへ売却

当日中に新居へ運べそうにない荷物や不用品は、リサイクルショップへ売却できます。リサイクルショップの中には即日・出張買取をしてくれるところがあります。

必ず買取してくれるとは限りませんが、運べない荷物を買取してもらえれば引越しの手間を減らすことができます。

時間がないだけに利用できるかはタイミング次第ですが、検討する価値はあるといえます。

引越しの人員を確保する

自力での引越しにはかなりの労力がかかります。荷物の梱包作業や運搬作業などがあるからです。

荷物が多い方の場合、一人でこれらの作業を当日中にこなすのは難しいかもしれません。不安を感じる方は、友人や家族などにお願いして引越し作業の人員を確保しましょう。

人員が増えれば、引越しをスムーズに行えるようになります。大変な作業なので引越しを手伝ってくれた方には、日当の代わりに謝礼やタクシー代などを渡すことが一般的です。

自力で引越しするときの注意点

自力で引越しすることになった方は次のポイントに注意しましょう。

新居・旧居・荷物の破損

引越し業者を利用する場合、引越し業者に責任がある建物・荷物の破損は賠償してもらえます。

自分で引っ越す場合、建物・荷物の破損は自己責任になります。当日中の引越しでは、焦って作業をする方が多いはずです。建物や荷物の破損には注意が必要です。

手続きを忘れない

準備をしないまま引越し当日を迎えると、引越し作業を完了させることだけに意識が集中します。引越しは作業を終えれば完了するものではありません。

役所での手続きや電気・ガス・水道の手続き、利用しているサービスの住所変更手続きなども必要です。これらの手続きを忘れると、新居での生活に支障が出ます。

引越しをする方は、必要な手続きも忘れずに行いましょう。

まとめ

スタッフやトラックに空きがあれば、引越し当日に依頼を受けてくれる引越し業者はあります。引越し当日を迎えてしまった方は、引越し業者に相談してみると良いでしょう。

依頼を受けてくれる引越し業者が見つからない場合は、自力で引越ししなくてはなりません。レンタカーを借りる、宅配便で荷物を送るなどすれば、自力で引越しすることは可能です。

ただし、かなりの労力が必要になります。自力で引越しすることになった方は、出来るだけ友人や家族などの助けを借りましょう。

いずれの場合も、引越しに必要な手続きを忘れることはできません。以上を参考に、引越しに臨んでみてはいかがでしょうか。


lp4

  関連記事