1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越し料金の安い日はいつ?オススメの日を徹底解説


同じ内容の引越しでも、引越し日が異なれば引越し料金は異なります。引越し料金が安い日はいつなのでしょうか。

引越し料金を節約したい方に向けて、オススメの日を詳しく解説します。興味のある方は参考にしてください。

引越し料金の安い日はいつ?

引越し料金の安い日を把握したい方は、引越し料金の決まり方を抑えておきましょう。引越し料金の決まり方を理解することで、安い日を把握しやすくなります。

引越し料金の決まり方

引越し料金は、「基準運賃・料金+実費+付帯サービス料」で決まります。

基準運賃・料金は引越し業者が定める約款に基づき算出される料金、実費はスタッフの人件費や梱包資材費など、付帯サービス料はエアコンの取外し・取付けなどオプションサービス料金です。

計算方法が同じでも、引越し日が異なれば引越し料金に大きな差が出ます。

同じ条件であるにもかかわらず引越し料金に差が出る理由は、日によってスタッフの人件費や割引率・割増率などが異なるからです。

引越し業者が保有するトラックの数や引越し業者が雇っているスタッフの数はほぼ一定です。暇な時期にトラックやスタッフを遊ばせていても維持費がかかるので、引越し業者は引越し料金を安くしてでも契約をとろうとします。

反対に、忙しい時期はトラックやスタッフが不足するので、引越し料金を安くする必要はなくなります(割高になります)。引越し料金は、需給バランスにより1日単位、あるいは時間単位で変動します。

月の中旬は引越し料金の安い日が多い

引越し料金の安い日として挙げられるのが月の中旬です。月の中旬が安い理由は、賃貸住宅から引越しをする方が少なくなるからです。

相対的に引越し件数が減るので、引越し料金は安くなります。賃貸住宅は月単位の契約が基本なので、月末まで住んでから月末・月初に引越しする方が多いといわれています。

月の中旬は引越し料金の交渉を行いやすい時期といえるでしょう。

平日がオススメ

引越し料金は曜日でも異なります。土曜日・日曜日・祝日は、休みの方が多いので引越し業者は忙しくなります。

当然、引越し料金も高くなります。これらに比べると、平日は割安です。平日に休みを取れる方しか引越しをできないからです。休みをとれる方は、平日を狙うとよいかもしれません。

仏滅は引越し料金が安い?

以上のほかでは、六曜を参考にすると安い日を見つけやすいといわれることもあります。六曜とは、暦上の日を「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口・大安」の吉凶日に分けたものです。

例えば、仏滅には何をするにも凶の日、大安には何をするにも吉の日などの意味があります。それぞれの日に意味があるので、引越しを予定する方の中には六曜を参考にする方もいます。

縁起の悪い日に引越しをする人は少ない、縁起の良い日に引越しをする人は多いと思えますが、現在では六曜を参考にする方は減っています。

そのため、料金に与える影響も小さくなっています。全く影響がないとは言えませんが、気にしすぎる必要もありません。気になる方は、引越し業者の担当者に相談してみると良いでしょう。

引越し料金の安い日は引越し業者が知っている

基本的に、引越し料金の安い日は引越し業者が暇な日です。以上の条件に当てはまる日が引越し業者の暇な日とされていますが、あくまでも一般論です。暇といわれる日でも忙しい日はあります。引越し業者のスケジュールを依頼者側が把握することは出来ません。

引越し料金の安い日を知りたい方は、営業担当者に聞いてみると良いでしょう。引越し業者も暇な日をなくしたいので、安い日(暇な日)を教えてくれるはずです。

ただし、いきなり安い日を教えてくださいと言っても答えようがありません。まずは、引越しの条件と希望する時期を伝えて、オススメの日を教えてもらいましょう。

引越しの条件が分かれば利用するトラックなどが決まるので、具体的な日程を教えてくれるはずです。

引越し料金に影響を与えるその他の条件

引越し料金は引越し日以外からも影響を受けます。具体的に、どのような条件から影響を受けるのでしょうか。

引越し時期で変わる引越し料金

引越し料金に影響を与える大きな条件が引越し時期です。引越し業者の繁忙期といわれる時期は平日などを選んでも引越し料金は高くなります。

引越し業者の繁忙期とされているのが、新生活が始まる前の3月、新生活が始まる4月です。この時期は1年で引越し業者が最も忙しいといわれています。

引越し件数が3月に入った途端増える、5月に入った途端減るわけではないので、2月の後半、5月の前半も割高です。引越し料金を抑えたい方は、この時期を避けたほうが良いでしょう。

引越し作業開始時間にも注意

引越し料金は、引越し作業を始める時間帯でも変わります。引越し業者を利用する方の多くが、午前中に旧居から荷物を搬出して、午後に新居に荷物を搬入して、夕方から荷解きをしたいと考えます。

そのため、午前中から作業を始める午前便は人気です。午後から作業を始める午後便は近距離の引越しの方などしか利用できないため、午前便に比べると人気は劣ります。

引越し料金は需給バランスで決まるため、午前便に比べて午後便は割安です。さらに割安とされているのが、引越し業者に作業開始時間を任せるフリー便です。

引越し業者の空いた時間などを活用できるため、午後便よりも安く引越しできます。スケジュールに余裕のある方は、午後便やフリー便の利用を検討しましょう。

引越し業者選びは慎重に

以上のポイントに注意すれば、引越し料金の安い日が見つかるはずです。ただし、引越し料金の安い日は引越し業者により異なります。

何故なら、それぞれ忙しい日が異なるからです。A社が忙しい日はB社が暇、B社が忙しい日はA社が暇といったこともあります。安い日を見つけたい方は、出来るだけたくさんの引越し業者から見積もりをとりましょう。

沢山の引越し業者から見積もりをとるには、すべての引越し業者に引越しの条件を伝える必要があります。見積もりを集めるだけで大変な作業になります。

手間を減らしたい方にお勧めのサービスが引越し料金一括見積もり比較サイトです。こちらを利用すれば、簡単な引越し条件を入力するだけで、複数の引越し業者から無料で見積もりをとることが出来ます。

見積もりを比較すれば、簡単に引越し業者の絞り込みが行えます。引越し業者を絞り込んだら、それぞれの見積もりをたたき台に価格交渉を行うだけです。

これだけで、引越し料金を最大50%も節約できるといわれています。非常に便利なサービスなので、引越し料金の安い日を見つけたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

引越し料金は引越し日により異なります。日により引越し業者の忙しさが異なるからです。一般的に、引越し料金の安い日といわれているのが、月の中旬と平日です。

スケジュールに余裕のある方はこれらの日を狙うと良いでしょう。引越し料金はその他の条件からも影響を受けます。

例えば、引越する時期や引越しする時間帯なども影響します。引越し料金の安い日をお探しの方はこれらの点にも注意しましょう。

引越し料金一括見積もり比較サイトを利用すると、安い日・安い引越し業者を見つけやすくなります。興味のある方はお試しください。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事