1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しは家賃の安い時期が狙い目


引越しを予定していてスケジュールに余裕のある方は、家賃が安い時期を狙うとよいかもしれません。家賃が安い時期を狙えば、新生活にかかるコストを抑えられますが、具体的に、どの時期を狙えばよいのでしょうか。

時期ごとの家賃の推移とオススメの引越しのタイミングを紹介します。

時期で変わる家賃の相場

あまり知られていませんが、賃貸物件の家賃は時期で変動します。

同じ物件を安く借りられることがあるので、スケジュールに余裕のある方は時期を選んで引越ししましょう。1カ月あたりの差額はわずかでも、積み重なれば大きな金額になります。賃貸物件の家賃はいつが安いのでしょうか。

家賃が安いのは5月~8月

一般的に、家賃が安くなるといわれている時期が5月~8月です。すべての賃貸物件の家賃が下がるわけではありませんが、この時期に引越しをすれば安く借りられる可能性は高くなります。なぜ、家賃はこの時期に安くなるのでしょうか。

5月~8月に家賃が安くなる理由

賃貸物件の家賃は需給バランスで決まります。つまり、賃貸物件を借りたい人が多い時期は家賃が高く、賃貸物件を借りたい人が少ない時期は家賃が安くなります。借り手が少なくなると家賃が安くなる理由は、物件を空けておくことを嫌う大家さんが多いからです。

5月~8月は、新生活に向けた需要がひと段落するため家賃が安くなります。反対に、新生活に向けた需要が増す12月~3月は家賃が高くなります。企業の異動などが増える9月以降も家賃はやや高くなります。

つまり、賃貸物件の家賃は9月ごろから上昇をはじめ3月にピークを迎えると考えられます。引越しを予定している方は、以上の点を踏まえてスケジュールを立てるとよいでしょう。

オフシーズンの賃貸物件探しはメリットが沢山

オフシーズンに賃貸物件を探すメリットは、家賃が安い点だけではありません。このほかにもいくつかのメリットがあるといわれています。具体的に、どのようなメリットがあるのでしょうか。

不動産会社が色々な物件を紹介してくれる

5月~8月は不動産会社のオフシーズンです。ハイシーズンに比べると時間に余裕があります。そのため、物件を探している方の細かなニーズに応えてくれることが多いといわれています。

こだわりの物件を探したいなどの方も、5~8月に不動産会社に相談するとよいかもしれません(空き物件の数は少ない可能性があります)。

敷金や礼金が安くなることも

5月~8月になると、出来るだけ早く新しい借り手を探すために敷金や礼金などの初期費用を安くする賃貸物件もあります。このような物件を選べば、引越しにかかる費用を大きく減らせます。

また、借り手市場なので初期費用や家賃の値引き交渉をできることもあります。オフシーズンは費用が気になる方にとって引越ししやすい時期といえます。

気に入った物件をキープしやすい

競争相手が少ないので、気に入った物件をキープしやすい点もこの時期の特徴です。いくつかの物件を見学すると、どれも魅力的で選べないときがあります。

物件をキープできれば、どの物件がライフスタイルに合っているかゆっくり検討できます。物件選びに失敗する確率を減らせるので、物件探しをしやすい時期といえるでしょう。

物件の良し悪しはケースバイケース

オフシーズンの引越しで気になるのが賃貸物件の品質です。ハイシーズンで良い物件はうまると思われがちですが、そうではありません。物件の空くタイミングはそれぞれです。

条件の良い物件が4月や5月に空くこともあります。オフシーズンだからといって、条件の良い物件がないということはありません。

引越し料金も安いタイミングを狙おう

以上のタイミングで引越しをすれば、家賃や初期費用などを抑えやすくなるはずです。引越しするタイミングにまでこだわれば、さらに費用を抑えられます。引越しはいつが狙い目なのでしょうか。

5月~8月は引越し料金も安くなる

引越し料金も時期により変動します。引越し業者が保有しているトラックの数などに限りがあるので、引越し料金も需給バランスで決まります。

新生活が始まる3月~4月は、引越しの依頼が多くなるので引越し料金は高くなります。この時期を避けると引越し料金は安くなります。つまり、家賃の相場が下がる5月~8月は引越し料金も安くなります。

月の上・下旬より中旬が狙い目

引越し料金は同じ月の中でも変動します。賃貸住宅に住んでいる方が、月末に賃貸契約を解約して月の下旬あるいは上旬に引越しすることが多いからです。

この影響で、月の上・下旬は引越し料金が高くなりやすいとされています。引越し料金を安くしたい方は、月の中旬に引越しするとよいでしょう。

引越しする曜日にもこだわる

引越しする曜日も引越し料金に影響を与えます。仕事をしている方の多くが、土日祝日に引越しを希望するからです。

あるいは、金曜や月曜に有給休暇を取って、3連休を作って引越しする方もいます。土日祝日ほどではありませんが、月曜・金曜も引越し料金は高くなりがちです。相対的に引っ越す方が少ない火曜・水曜・木曜は、引越し料金が安くなるといわれています。

引越しする時間帯も重要なポイント

上記以外では、引越する時間帯にも注意が必要です。多くの方が、朝から引越し作業を始めて夕方に引越しを終えようと考えます。

午前便に予約が集中するので、午前便は割高になります。午後から引越し作業を開始する午後便は割安です。

さらに安いといわれているのが、引越し業者に作業開始時間を任せるフリー便です。引越し先が近い方などはフリー便を検討するとよいかもしれません。

引越し料金を安くするコツ

以上を理解したうえで、いくつかの点に気を付ければ引越し料金をさらに安くできます。どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

引越しのスケジュールは営業担当者と相談

紹介した通り、引越し料金は条件により変動します。基本的に、引越し業者の忙しい時期や時間帯は高くなります。

引越し業者のスケジュールを把握することは出来ないので、引越しのスケジュールは引越し業者の営業担当者と相談して決めると良いでしょう。

営業担当者に相談すれば、お得に引越しできる日時を教えてくれるはずです。とはいえ、全く希望がないと営業担当者も困るので、大体これくらいの時期に引っ越したい程度の希望は伝えましょう。伝えた希望の中から最も安い日時を教えてくれるはずです。

引越し業者の選別は一括見積もりで

沢山ある引越し業者の中から、自分に合った引越し業者を選ぶことは大変です。最も安い引越し業者を選ぶには、複数の引越し業者に条件を伝えて見積もりをとらなくてはなりません。

このような手間を省きたい方は、引越し料金一括見積もりサイトを利用すると良いでしょう。

簡単な引越し条件を入力するだけで、複数の引越し業者からまとめて見積もりをとれます。見積もりをもとに引越し業者を選別すれば、手間をかけずに自分に合った引越し業者を見つけられます。

また、引越し業者を競わせることも可能です。これまでの実績によると、引越し料金一括見積もりサイトを利用することで、引越し料金は最大半額になるといわれています。

まとめ

賃貸物件の家賃は引越しする時期で異なります。オフシーズンといわれる5月~8月に引越しをすれば有利な条件で契約できる可能性が高まります。

この時期は、引越し料金が安い時期でもあります。引越しする時期や曜日、時間帯にこだわれば、かなりお得な引越しが出来るはずです。スケジュールに余裕のある方は、紹介したポイントを参考に引越しの計画を立ててみてはいかがでしょうか。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事