1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

同棲に最適な安い引越しプランを紹介


同棲をするには別々の場所から新居への引越しが必要です。同棲の引越しを安く済ませるにはどのようにすればよいのでしょうか。

これから同棲を始めたい方にお勧めの引越しプランを紹介します。気になる方は参考にしてください。

同棲の引越しは1社にまとめるのが基本

同棲を予定している方は、出来るだけ2人で同じ引越し業者を利用しましょう。1つの引越し業者にまとめることで、引越し料金を安く済ませられます。なぜ、引越し料金が安くなるのでしょうか。

立ち寄りプランを利用できる

1つの引越し業者にまとめることで、同棲の引越しをお得に行える「立ち寄りプラン」を利用できます。

立ち寄りプランとは、引越しを始めた家から新居へ行くまでの間に、別の場所に立ち寄って荷物を積み降ろしするプランです。

つまり、彼氏(あるいは彼女)の家から引越しを始めて彼女(あるいは彼氏)の家に寄ってから新居へ行くことが出来ます。2台のトラックを手配しなくてよいので、別々に引越しするより割安です。

立ち寄りプランの注意点

お得な立ち寄りプランですが、いくつかの点には注意が必要です。1台のトラックで引越しをするので、2人の家が近くないと利用できません。

例えば、彼氏の家から新居までの間に彼女の家がある場合などに利用できます。彼氏の家、新居から彼女の家が離れている場合などは、追加料金を請求されることや受け付けてもらえないことなどがあります。

1台のトラックで2人分の荷物を運ぶので、荷物の量にも注意が必要です。荷物が多すぎる場合なども立ち寄りプランを利用できません。荷物を積みきれない場合も追加料金を請求されることがあります。

トラックに積み込める荷物の量は、引越し業者の営業マンに相談すればわかります。立ち寄りプランを利用する方は、必ず訪問見積もりを受けましょう。

立ち寄りプランを利用できなくても割引を受けられる

2人の家が離れている方や荷物の量が多い方などは立ち寄りプランを利用できません。このようなケースでも、引越し業者をまとめたほうがお得です。

引越し業者をまとめることで、割引を受けやすくなるからです。2つの引越しをまとめたほうが、総額が大きくなるので引越し業者も割引しやすくなります。

引越しのスケジュールを立てやすくなる

スケジュールを立てやすくなる点もメリットです。1つの引越し業者に同棲の引越しをお願いすると、同じ営業マンが担当してくれることが一般的です。

1人の営業マンに相談できるので、スケジュール調整をしやすくなります。引越し料金とは関係ありませんが、同棲の引越しで大事なポイントです。

自力で引越しすると安いかも

彼氏の家、あるいは彼女の家で同棲する場合、どちらかの荷物を新居へ運び込めばよいだけなので自力での引越しも検討できます。自力での引越しのポイントは次の通りです。

レンタカー代・梱包資材費などがかかる

自力で引越しする場合、荷物を運ぶ自動車が必要になります。自動車がない方はレンタカーを借りると良いでしょう。

どちらかの家に荷物を運ぶのであれば、大型家電や大型家具は揃っているはずなので軽トラックで対応できると考えられます。

軽トラックのレンタル料金は6時間で5,000円程度です。ここに1,000円程度の免責補償料と1000円程度のガソリン代がかかります。荷物を梱包する段ボール代・ガムテープなども必要です。梱包資材費は3000円程度かかります。合計で、10,000円程度あれば引越しできると考えられます。

自力で引っ越すときの注意点

移動距離が短くて荷物の量が少なければ、引越し業者に依頼するよりも自力で引越ししたほうが安いことが多いようです。

ただし、自力での引越しに補償はついていません。建物や荷物を傷つけても自己責任になります。慣れない引越し作業で、建物や荷物を傷つける可能性は低くありません。

節約したつもりが修理代を請求されて節約にならなかったということもあるので、引越し方法は慎重に検討しましょう。

予想以上に安い単身プラン

どちらかの家に引越しする場合は、単身プランも現実的な選択肢になります。

単身プランとは、専用のボックスに積み込めるだけの荷物を定額で運んでくれるプランです。

同一市区内の引越しで、荷物の量がダンボール15箱・衣装ケース3箱・布団袋1袋程度であれば、10,000円程度~利用できます。

荷物の搬出・運搬・搬入は作業スタッフが行ってくれます。もちろん、荷物が破損した場合の補償もうけられます。自力での引越しと同じくらいの費用なので、どちらかの家に引越しする方にオススメです。

同棲を始めるベストタイミング

同棲を検討し始めるとどのタイミングで行動に移すか悩む方が多いはずです。

一般的に、ベストのタイミングといわれているのが、結婚を意識しだしたときです。一緒に住むことで、これまで見えていなかったパートナーの姿が見えてきます。見えていなかった姿を見ることで、結婚生活が上手くいくかをある程度予想することができます。

また、同棲をしていると、結婚式の準備や新生活の準備がスムーズに進みます。この点からも、結婚を意識しだしたときが同棲のタイミングといわれています。

間取りは同棲の目的を考えて選ぶ

同棲をきっかけに賃貸物件を契約する方は間取り選びにも注意しましょう。ライフスタイルに合っていないと息苦しい同棲生活になります。

間取りは、同棲の目的にあわせて選ぶと良いといわれています。結婚を意識している方には、長く住むことを前提としてゆとりのある間取りを選ぶことをオススメします。キッチンの大きさなどにも注意しましょう。

同棲に利用されることが多い間取りが1DK・1LDK・2DKです。1DKには家賃が安いメリットが、1LDKには大きな部屋があるメリットが、2DKにはプライベート空間を作りやすいメリットがあります。2人で話し合って、住みやすい間取りを選んでみてはいかがでしょうか。

引越し費用は折半が基本?

同棲生活を始めるには様々な費用がかかります。その中には、引越し費用も含まれます。費用をどのように負担するかも頭を悩ませるポイントです。正解はないので、2人のルールに従うと良いでしょう。

2人とも働いているのであれば、折半をオススメします。折半をしておけば、色々なトラブルを防げます。2人の新生活を気持ちよく始められるでしょう。

不要な家具や家電などの処分方法

2人の生活を1つにまとめるので、同棲を始めると不要な家具や家電が出ます。不要な家具や家電は、リサイクルショップやオークション、フリーマーケットなどで売却するとお金にかわります。

使えなくなって廃棄するわけではないので、安く購入したいと考える方は多いはずです。引越し費用の足しになるので、計画的に売却を進めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

同棲の引越しは、引越し業者を1社に絞った方がお得です。2人の引越しを一緒に行う立ち寄りプランが利用できるからです。

立ち寄りプランを利用できない場合も割引を受けやすくなります。彼氏や彼女の家に引っ越す場合は、自力で引越しすることもできます。

ただし、それなりの費用と手間がかかるので賢い方法とは言えません。彼氏や彼女の家に引っ越す方は単身プランの利用を検討してみてはいかがでしょうか。これらの方法で、安い引越しを実現できるはずです。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事