1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

荷物の少ない引越しを出来るだけ安く行う方法


新生活で必要になる出費を考えると、引越しにかかる費用は出来るだけ抑えたいですよね。荷物の少ない引越しにかかる費用を安くするにはどうすればよいのでしょうか。

オススメの方法を紹介するので、興味のある方は参考にしてください。

基本は単身プランでお得に引越し

荷物の少ない引越しで、最初に検討したいのが単身プランの利用です。単身プランとは、一部の引越し業者が扱っている荷物の少ない方向けの引越しプランです。

専用のボックスに積み込めるだけの荷物を定額で運んでくれる点が特徴です。専用ボックスを複数利用すれば、荷物が多少増えても対応できます。

単身プランで人気を集めているのがヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービスと日通の単身パックです。それぞれどのような引越しプランなのでしょうか。

ヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービス

ヤマトホームコンビニエンスは、横幅104㎝×奥行104㎝×高さ170㎝の専用ボックスに積み込めるだけの荷物を運ぶ単身引越サービスと、横幅104㎝×奥行104㎝×高さ130㎝の専用ボックスに積み込めるだけの荷物を運ぶ単身引越サービスminiタイプを用意しています。
単身引越サービスで運べる荷物の目安は「冷蔵庫(2ドア)・全自動洗濯機(4㎏)・電子レンジ・ダンボール10箱・衣装ケース3個・布団袋1袋・スーツケース1個」程度、単身引越サービスminiタイプで運べる荷物の目安は「ダンボール15箱・衣装ケース3個・布団袋1個」程度です。

引越し作業は、作業スタッフが荷物の搬出・輸送・搬入・据付まで行ってくれます。荷物のお届け時間を1日4区分(地域によっては3区分)から選べるので、宅急便感覚で引越しできる点が特徴です。

待つ時間がない方は、1ボックスあたり3,000円を払うことで約束時間お届けサービスを利用することもできます。

引越し料金は、行き先都道府県と使用ボックス数で決まります。WEB割引(1件あたり2,000円割引)・平日割引(1件あたり2,000円割引)・早期申し込み割引(1件あたり1,000円割引)・複数ボックス割引(1ボックスあたり1,000円割引)を利用すれば、さらにお得に引越しができます。

東京から神奈川へ、WEB割引・平日割引・早期申し込み割引を利用して単身引越サービスで引越しした場合の料金は16,000円です。ヤマトホームコンビニエンスの通常の引越しに比べると31,000円もお得です。

単身引越サービスと単身引越miniタイプは、荷物の少ない方にお勧めのプランです。

日通の単身パック

日通は、横幅108㎝×奥行104㎝×高さ175㎝の専用ボックスに積みきれるだけの荷物を運ぶ単身パックLと横幅108㎝×奥行74㎝×高さ155㎝の専用ボックスに積みきれるだけの荷物を運ぶ単身パックSサイズを用意しています。
単身パックLで運べる荷物の目安は「冷蔵庫(2ドア・109リットル)・洗濯機(4キログラム)・薄型テレビ(20インチ)・テレビ台(小)・電子レンジ・掃除機・カラーボックス(3段)・衣装ケース・姿見・布団・ダンボール5個」程度、単身パックSサイズで運べる荷物の目安は「冷蔵庫(2ドア・109リットル)・薄型テレビ(20インチ)・テレビ台(小)・電子レンジ・掃除機・カラーボックス・姿見・布団・ダンボール4個」程度です。

引越し作業は、作業スタッフが家具類・家電製品の梱包・荷物の搬出・輸送・搬入・開梱・設置まで行ってくれます。

荷物のお届け時間は、1日4区分の時間帯から選べます。引越し料金は、WEB割引(2,000円割引)・複数ボックス割引(2ボックス以上で1ボックスにつき1,000円割引)・エリア割引(エリア・集荷日により1,000円割引)を利用すれば安くなります。

東京から大阪へWEB割引を利用して単身パックSで引越しした場合の料金は23,000円です。

この単身パックも荷物が少ない方にお勧めの引越しプランです。

荷物の少ない引越しが安いその他のプラン

単身プラン以外にも、荷物の少ない引越しを安く行えるプランはあります。どのようなプランがオススメなのでしょうか。詳しく紹介します。

荷物の少ない引越しは赤帽がお得

荷物の少ない引越しであれば赤帽もオススメです。

赤帽は、貨物軽自動車運送事業者が集まってできた協同組合組織で、軽トラックを貸し切りにして、ドアからドアへ荷物を運んでくれます。

軽トラックの荷台には、「エアコン1台・スキー1式・机と椅子1式・シングルベッド1台・テレビ1台・パソコン1台・冷蔵庫1個・食器棚1台・ダンボール1個」程度の荷物を積むことができます。

単身パックでは運べない荷物を運べる可能性がある点が魅力です。

引越し料金は、作業時間2時間以内・走行距離20㎞以内であれば13,500円程度です(1台1行程・ドライバー1名・土日祝日は2割増し)。作業時間・走行距離が増えると料金はこれより高くなります。

注意点は、引越し業者と同じサービスは受けられないことです。基本的に、ドライバー1名で作業を行うので、大きな荷物や重い荷物などは依頼者と一緒に運びます。

また、梱包資材のプレゼント・不要になったダンボールの回収などのサービスもありません。軽自動車に積みきれるだけの荷物しか対応できないので、荷物の量によっては積み残しが発生することもあります。

引越し料金は安いですが、通常の引越し業者と同じサービスを提供しているわけではない点に注意しましょう

ハート引越センターは赤帽よりお得かも

赤帽とよく似た引越しプランを用意しているのがハート引越センターです。

引っ越し専業でありながら軽車両部門があります。こちらを利用すれば、引越し業者のクオリティでありながら赤帽と同等程度の料金で引越しできます。荷物の少ない引越しを安く済ませたい方が注目したい引越しプランです。

自力で引越し+らくらく家財宅急便

荷物が少なくて移動距離が短い方は、自力での引越しも検討するとよいかもしれません。荷物の量が少なくて近距離の引越しであれば、レンタカーを借りても10,000円までで引越しできることがあります。

ベッドや冷蔵庫など大きな家具・家電は、ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便で送れます。らくらく家財宅急便は、家具や家電を1つから輸送するサービスです。梱包・搬出・輸送・搬入・開梱設置・廃材回収までセットになっているので、通常の引越しプランと同じ感覚で利用できます。

東京都内から東京都内へソファ(2人掛け)を送った場合の料金は10,746円、シングルベッドを送った場合の料金は16,254円です。

安い引越し方法を探している方は、「自力で引越し+らくらく家財宅急便」も候補に加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

荷物の少ない引越しを安く行いたい方にオススメの引越しプランが、ヤマトホームコンビニエンスの単身引越サービス、日通の単身パックです。

専用のボックスに積みきれるだけの荷物を定額で運んでくれます。これらのほかでは、軽自動車を使って引越しをする赤帽・ハート引越センターなども引越し料金は安いといわれています。

手間が気にならない方は、自力での引越しにらくらく家財宅急便を加えるとよいかもしれません。これらの方法などで引越しすれば、荷物の少ない引越しを安く行えるはずです。

いずれにせよ、実際の引越し料金の比較には見積もりが必要です。荷物の少ない引越しを予定している方は、複数の業者から一括で見積もりをとれる引越し料金見積もり比較サイトで見積もりをとるところから始めてみると良いでしょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事