1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

離島の引越しが安いプランを紹介


引越しの中でも特に大変といわれるのが離島への引越しです。離島への引越しを安く済ませるにはどのようすればよいのでしょうか。

今回は、離島への引越しをお得に行えるプランを紹介します。お困りの方は参考にしてください。

離島への引越しに対応している引越し業者を探す

島国の日本では、仕事の都合などで離島へ引っ越すことがあります。通常の引越しと同じように引越しできると思われがちですが、すべての引越し業者が離島への引越しに対応しているわけではありません。

引越し業者によって、引越する離島によっては、引越しを引き受けてもらえないことがあるのです。離島への引越しを検討している方は、対応してくれる引越し業者探しから始めましょう。次の引越し業者などは離島への引越しを得意としています。

九州から離島への引越しに強い中村引越センター

九州から離島(沖縄・奄美大島・宮古島・石垣島・西表島・対馬・壱岐・五島・種子島・屋久島など)への引越しを専門的に行っているのが、中村引越センターです。

最大の特徴は、離島への引越しを安く行えることです。中村引越センターでは、出来るだけ引越し先に近いコンテナの集積場を利用すること、トラックに荷物を混載することなどでコストを削減しています。

また、離島への引越しを専門に行っているので、他社に比べ安価な料金でフェリーを利用できます。これらの結果、他社に比べ安い料金で離島へ引越しできるのです。

福岡から石垣島へ引越しした場合の料金の目安は、約1名分の荷物で144,000円~184,000円、約2名分の荷物で194,000円~249,000円、約3名分の荷物で287,000円~357,000円です。

奄美大島専門の奄美引越便

日本全国から奄美大島方面への引越しを専門に行っている引越し業者が奄美引越便です。

具体的には、奄美諸島(奄美大島・喜界島・徳之島・与論島など)と沖縄群島(沖縄本島・宮古島・池間島・石垣島・西表島など)の引越しに対応しています。

最大の特徴は、フェリー会社との連携・集荷~配送を一括管理・広告費をカットすることで業界最安値を実現していることです。奄美引越便を利用すれば、安価かつ安全に引越しができます。

荷物が少ない方・お得に引越ししたい方向けのトクトクプラン、家族の荷物を丸ごと輸送したい方向けのファミリープラン、梱包から開梱まで任せ藍方向けのおまかせプラン、マイカーの引越しも任せられるマイカー引越しらくらくプランが用意されています。

関東から離島への引越しは引越しセンターTSUDA

関東から沖縄などへの引越しに強いのが引越センターTSUDAです。離島専門の引越し業者なので全国の離島へ格安で引越しできます。

長距離の引越しにオススメされているのが得々パックです。得々パックとは、JR・海上コンテナで荷物を運ぶプランです。大型家具の梱包はスタッフが無償で行ってくれます。移動中の人件費がかからないので、移動距離が長くなるほどお得になります。

ムービングS

ムービングSも離島への引越しに対応可能です。ただし、ムービングSが対応しているのは旧居から港までの引越しです。港から新居の引越しは依頼者が行わなくてはなりません。

もちろん、ムービングSの協力会社へ依頼することは可能です。この場合、ムービングSに手配してもらうこともできます。ムービングSの特徴は、船のコンテナに荷物を積み込むことを考慮した梱包を行ってくれることです。

3月(繁忙期)に杉並区から青ヶ島へ引越しした場合の料金は85,050円(港から離島への運賃除く)です。引越し内容により料金は変動します。

大手引越し業者も対応している

以上のほかでは、大手引越し業者も離島への引越しに対応しています(引越し先、引越しプランによっては対応していないこともあります)。

ただし、離島専門の引越しプランなどを用意している大手引越し業者はありません。とはいえ、大手引越し業者の安心感は魅力ですが、料金は引越条件により大きく変動します。

例えば、ヤマトホームコンビニエンスで東京から石垣島まで荷物の少ない単身者が引越する場合、120,000円~200,000円程度かかります。

離島への引越しで注意したいポイント

通常の引越しと離島への引越しでは注意点が異なります。どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

荷物の梱包をしっかり行う

通常の引越しと離島への引越しでは荷物の運び方が異なります。通常の引越しは基本的にトラックに荷物を積んで新居まで運びますが、離島への引越しではトラックと船便で荷物を新居まで運びます。

荷物の積み下ろしが増えるので梱包はしっかり行ったほうが良いといえます。ダンボールは出来るだけ新品のモノを使いましょう。重い荷物は小さなダンボールに入れると底が抜けにくくなります。

荷物の到着日時を確認しておく

離島への引越しは、基本的に船便を利用して行います。交通状況は引っ越す離島により異なります。

引越し先によっては荷物が到着するまで時間がかかることがあるので、引越しする前に荷物の到着日時を確認しておきましょう。スケジュールによっては、生活必需品だけ自分で運ぶなどの対応が必要になるかもしれません。

天候をチェックする

離島への引越しに大きな影響を与えるのが天候です。台風などで海があれると、荷物の到着が大幅に遅れることもあります。荷物の到着日時を確認した方も安心せず天候に気を配りましょう。

離島への引越しは見積もりを比較する

離島への引越しは、トラックと船便を利用して荷物を運ぶことが一般的です。通常の引越しとは料金の算出方法が異なるので、費用の相場を把握しづらいといわれています。

すべての引越し業者が離島への引越しに対応していない点も考慮すると、出来るだけたくさんの引越し業者から見積もりを取って対応状況や引越し料金を確認したほうが良いといえます。

このようなときに便利なサービスが、引越し料金一括見積もりサイトです。

WEBサイトで簡単な情報を入力するだけで、複数の引越し業者からまとめて見積もりをとれます。見積もりをとれば、離島への引越しの対応状況の確認と価格比較を同時に行えます。

本当に安い引越し業者が分かるので、離島への引越しをお得に行いたい方は引越し料金一括見積もりサイトを利用しましょう。

まとめ

引越し業者のすべてが離島への引越しを受け付けているわけではありません。離島への引越しを検討している方は、引越し業者探しから始めましょう。紹介した引越し業者であれば対応してくれるはずです。

離島への引越と通常の引越しでは注意点が異なります。荷物の梱包方法や荷物の到着日時などに気をつけましょう。離島への引越しにかかる料金はケースにより様々です。

料金が気になる方は、引越し料金一括見積もりサイトで複数の業者から見積もりをとりましょう。安い引越し業者がと離島への引越しの対応状況が分かります。大きな費用がかかるので、離島への引越しは慎重に進めましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事