1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

アート引越センターで不用品を処分してもらうときのポイント


引越しを予定している方の中には、引越し業者に不用品を処分してほしいと考えている方が多いかもしれませんね。

大手引越し業者のアート引越センターは、不用品の処分を行っているのでしょうか。アート引越センターを利用するときに知っておきたいポイントを解説します。利用を検討している方は、参考にしてください。

アート引越センターの不用品回収サービス

引越しサービスの人気オプションメニューが不用品回収サービスです。引越しででた不用品を、引越し業者に処分してもらえるのでとても便利ですよね。

残念ながら、アート引越センターは同サービスを行っていません。基本的に、アート引越センターに依頼して不用品を処分してもらうことは出来ません。

引越しででたダンボールは回収してくれる

ただし、すべての不用品を回収・処分していないわけではありません。引越しででたダンボールは、引越し後3カ月以内であれば無料で回収・処分してくれます。

その他の不用品がない方は、安心してアート引越センターを利用できます。

不要な家具の引き取りは行っていない

一方で、不要な家具の回収・処分は行っていません。代わりに行っているのが、提携するリサイクル業者の紹介です。こちらを利用すれば、他の引越し業者が行っている不用品回収サービスとよく似たサービスを利用できると考えられます。

とはいえ、全く同じサービスではないので、紹介してもらう前に詳細を確認しましょう。

一部の家電製品は回収・処分してくれる

家電リサイクル法の対象になる家電製品は、アート引越センターが回収・処分をしています。

具体的には、冷蔵庫・テレビ・洗濯機・乾燥機・エアコンの回収・処分に対応しています。回収・処分は有料サービスです。これら以外の家電製品には対応していません。

回収・処分してもらえない不用品の処分方法

アート引越センターが回収・処分してくれる不用品は、家電リサイクル法の対象になる家電製品だけです。

その他の不要品は、別の方法で処分する必要があります。出来るだけお金をかけず処分するにはどのようにすればよいのでしょうか。

使える不用品は売却する

引越しをすると、新居に合わないなどの理由でまだ使える家具や家電が不要になります。これらの不用品の中には売却できるものがあります。

まだ使える不用品がある方は、次の方法などで売却すると良いでしょう。家具・家電以外に、洋服・食器・CD・DVD・本なども売却できます。

リサイクルショップの利用

最も簡単に不用品を売却する方法がリサイクルショップの利用です。

買取金額は、利用するリサイクルショップや商品の状態などにより異なります。価値がないものでも0円で引き取ってもらえることがあります。査定を自宅で受けることもできます(リサイクルショップにより異なります)。

リサイクルショップのメリットは、沢山の不用品を手間をかけずに売却できることです。

デメリットは、業者の仕入れ価格になるので高額買取を望みにくいことです。近くにリサイクルショップがない方は、アート引越センターに紹介してもらうとよいかもしれません。

オークションサイトの利用

オークションサイトを利用して不用品を売却することもできます。オークションサイトのメリットは、直接取引なのでリサイクルショップより良い価格で売れる可能性が高いことです。

デメリットは、アカウントの開設や連絡、配送などに手間と時間がかかることなどです。

フリーマーケット

以上のほかでは、フリーマーケットを使って売却することもできます。メリットは、不用品をまとめて処分できることです。

デメリットは、開催時期が限られていることと出店に手間とお金、労力がかかることです。

売却できない不用品は粗大ごみとして処分

売却できない不用品の多くは、自治体のルールに従い粗大ごみとして処分することになります。基本的な粗大ごみの処分方法は次の通りです。

1.自治体の担当部署(粗大ごみ収集センターなど)に連絡して回収を依頼。
2.コンビニエンスストアやスーパーなど「粗大ゴミ券取扱店(名称は自治体により異なります)」で「粗大ごみ券」を購入する。
3.必要事項を記載した粗大ごみ券を粗大ごみに貼り付ける。
4.粗大ごみを、指定日に収集場所へ出す。

粗大ごみに該当する不用品や粗大ごみ処分の方法は自治体により異なります。引越しででた不用品を粗大ごみとして処分する方は、自治体で相談してください。

申し込みから回収まで時間がかかることがあるので、粗大ごみの回収依頼は出来るだけ早く行いましょう。

パソコンの処分方法

身近な家電のひとつパソコン(PCリサイクルマークがついているもの)は、家電リサイクル法の対象でも粗大ごみの対象でもありません。

パソコンは、PCリサイクル法に従い処分することになります。基本的な、処分方法は次の通りです。

1.不要なパソコンがPCリサイクル法の対象機器であることを確認する。
2.対象機器のパソコンメーカーなどに回収を依頼する。
3.自宅にエコゆうパック伝票が届く。
3.パソコンを梱包してエコゆうパック伝票を貼りつける。
4.「郵便局に戸口集荷を依頼する」「郵便局に持ち込む」のいずれかでパソコンを処分する。

パソコンの回収依頼は、パソコンメーカーのウェブサイトなどから行えます。

不用品は引越し前に処分する

アート引越センターで処分できない不用品は、以上の方法などで処分できます。手元に不用品がある方は、引越し前に処分を完了しましょう。引越し料金は移動する距離と荷物の量などで決まるので、不用品があると引越し料金が高くなる恐れがあります。

また、新居へ不用品を持ち込むと貴重なスペースを使ってしまいます。新居へ運んでも良いことはないので、不用品は引越し前に処分しましょう。

まとめ

アート引越センターは、不用品回収サービスを行っていません。回収を行っているのは、家電リサイクル法の対象家電製品と引越しで使用したダンボールだけです。

その他の不用品は、別の方法で処分する必要があります。その他の不用品の処分方法としておすすめなのが売却です。不用品は、リサイクルショップやオークションサイト、フリーマーケットなどで売却できます。良い値段が付けば引越し費用の一部をねん出することも可能です。

売却できない不用品は粗大ごみとして処分することになります。処分方法は自治体により異なります。新居へ不用品を持ち込んでもメリットはないので、引越で出る不用品は引越し前に処分しましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事