1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しの不用品(粗大ごみ)を処分する!簡単な方法6つ


71701

引越しの際は家にあるものを整理し、できるだけ少ない荷物で引越しするのが大切です。荷物が少なくなれば引越しにかかる手間を省くこともでき、時には引越し料金の軽減にもつながります。

粗大ごみや不要品が多い場合は、できるだけ早めに処分する段取りを立てていきましょう。ものによって処分の段取りは違いますし、処分方法によってはお金もかかります。

以下の方法を参考にして、最適な処分方法をセレクトしてください。

不要品を処分するの6つの方法

71702

不用品の処分は、パワーと時間がかかるものです。引越しの荷造りをしながら不用品の整理を進めて、できるだけ早く・安く処分していきましょう。

ここでは、以下の6つの方法をご紹介します。

1. 自治体の粗大ごみ回収を利用する
2. 不要品回収業者に依頼する
3. オークションを利用する
4. リサイクルショップに売る
5. 引越し業者に依頼する
6. 友人にゆずる

それぞれの詳しい方法・手順やメリット・デメリットをご紹介していきます。不用品の種類や量によって最適な方法は違ってきますので、処分するものやスケジュールに合わせて処分方法を選んでください。

1.自治体の粗大ごみ回収を利用する

71703

タンスやベッドなど、大きなものは粗大ごみで回収してもらうことができます。ほとんどのものを処分できるのが自治体で処分する際のメリットです。自治体によってルールも様々ですので、各自治体への確認を忘れないようにしてください。

ここでは、横浜市の回収方法を例に挙げていきます。

粗大ごみ回収の連絡をする

粗大ごみの回収は、受付センターに連絡が必要です。受付センターに電話、もしくはインターネットで申し込みます。

申し込む際は、粗大ごみの大きさや材質などの確認を忘れずに。何を粗大ごみに出すのかを知らせる必要がありますので、あらかじめまとめておきましょう。

手数料を振り込む

申し込みの際聞いた手数料を、指定の金融機関、郵便局、コンビニで支払います。領収書と収集シールを受け取り、粗大ごみに張り付けます。

指定された日に粗大ごみを出す

シールを張り付けた粗大ごみを、収集日の朝8時までに指定の場所に出します。雨の日でも回収してもらえますので、指定時間までに出しておきましょう。処分品が多い場合は、家族にサポートしてもらってください。

それほど手間がかからず、比較的安く処分できる方法です。ただし、家電リサイクル法が適応されるもの(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機)、パソコンはどの自治体でも引き取ってもらえず、危険物(タイヤ、ガスボンベ、塗料、薬品類)、金庫、バッテリー、バイク、ピアノといったものも引き取り対象外となることがほとんどです。

これらの処分は購入先やそれらを販売している販売店、販売元のメーカーなどに相談してください。

自治体にお願いする時のポイントは、スケジュールをしっかり管理し、早めに申し込みをすることです。上記に挙げた横浜市では、申し込みから回収までに約2週間程度はかかります。都合の良い日に引き取ってもらえるとは限りませんので、その点も注意が必要です。

2.不要品回収業者に依頼する

71704

不要品回収業者にお願いすれば、家まで引き取りに来てもらえるという大きなメリットがあります。即日対応の業者も多く、都合の良い日に引き取ってもらえるので大変便利です。一人暮らしで人手が確保できない人、急な引越しですぐに処分したい人におすすめの処分方法です。

インターネットで探せる引き取り業者の中でも、首都圏を中心に引き取りをしている業者を以下に挙げました。それぞれ特徴の特徴を確認して、自分に合うところを選んでください。

エコピット(対応エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)

0001

エコピットの大きな特徴は、パック料金が設定されていることです。

お任せパック/SSパック(リサイクル家電・PC関連除く)荷台容量:0.8㎡・・・12,000円
軽トラパック/Sパック(1R・1Kタイプ)荷台容量:2.5㎡・・・30,000円
1tトラックパック/(1DK・1LDKタイプ)荷台容量:5㎡・・・50,000円
2tトラックパック/(2LDK・3DKタイプ)荷台容量:14㎡・・・170,000円
4tトラックパック/(3LDK~)荷台容量:20㎡・・・250,000円

分別も不要で、荷物の量に合わせてパックプランを選ぶだけでOKという手軽さが大きな魅力といえるでしょう。エアコンの取り外し費用、スタッフ追加料金、掃除作業費など、諸費用まで込みの料金ですので、非常に手軽でお得です。

引越し時のごみ処理でそれほど大きなものがない場合は、お任せパック・軽トラパックで対応できるはずです。買取り対応、引越し作業対応など、オプションプランも豊富に設定されています。

クリーンクルー(対応エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のほぼ全域、その隣接エリア)

0002

クリーンクルーの特徴は、自社のHPにもある通り、「業界最安値」ともいわれる料金の安さ、対応エリアの広さです。法人の回収にも対応しており、事務用品や厨房用品など、大きめのものを扱っているのもポイントです。

最短で30分という速さで対応してくれるのも大きなメリットといえます。買取りには対応していないため、本当に不要なものを処分する際に利用しましょう。処分方法が分かりづらい金庫やバイク用品がある場合、不要品が多い場合などに利用するのがおすすめです。

片付けエコデュース(東京全域・神奈川全域 その他エリアは対応外)

0003

片付けエコデュースでは上記に挙げたエコピットのように、定額プランが設定されています。

軽トラック定額プラン(2.5立方米まで)・・・28,000円
段ボール(160㎝)で18箱、45Lのごみ箱30袋程度

2t平トラック定額プラン(5立方米まで)・・・58,000円
段ボール(160㎝)で35箱、45Lのごみ箱60袋程度

2t箱トラック定額プラン(8立方米まで)・・・78,000円
段ボール(160㎝)で60箱、45Lのごみ箱90袋程度

タンスやガスコンロ、ベッド、ベッドマットなら軽トラック定額プランで収まります。片付け後のごみ処理にも対応しており、比較的安く、まとめて処分できるのが特徴です。

遺品整理や仏具・神具のお炊き上げまで行ってくれますので、引越しの際に親の遺品を整理したい場合は、この業者がおすすめです。

不用品回収業者は、利用者が多い大都市圏に大きな業者が集中しています。上記に挙げたクリーンクルーは関西圏にも進出しており、多くの人に利用されていることが分かります。

機動力・対応力を兼ね備えているのが大きな業者の特徴ですので、すぐにでも不要品を処分したい人、大量に不要品がある人は、ぜひ上記に挙げた業者を参考にしてください。

また、地方にも地域未着型の不用品回収業者はたくさんあります。インターネットで探す場合は、「不要品回収 ○○市」「不要品買い取り ○○市」などのキーワードで検索すると、その地域の不用品回収業者を見つけることができます。

3.オークションを利用する

71705

オークションの利用が一般的になり、不要品をオークションで売る人も増えてきました。不用品を処分できるうえに、売れたらお金を得ることもできます。

国内にはいくつもオークションサイトがありますので、それぞれの特徴をつかんで利用してください。

以下に主なオークションサイトを3つ紹介していきます。

ヤフオク

yafuoku

ヤフオクは国内最大級、利用者が最も多いと言われているオークションサイトです。

初めての方は、やはりヤフオクがおすすめ。支払い方法などが簡単で、出品者も安心して利用できるオークションサイトですので、戸惑うことがありません。

ヤフオクの特徴は、歴史が長く知名度があり、多くの人が利用していること。また、出品されている品物が多く、その種類が多岐にわたっていることです。出品者は売れやすく、落札者は見つけやすい、そんなメリットがあります。

利用料金
出品手数料無料(落札時販売手数料5.4%・プレミアム会員月額410円が必要)

楽天オークション

rakuten

ヤフオクに次いで大きなオークションサイトが、楽天オークションです。

楽天オークションの特徴は、代金の支払いが楽天を通して行うため、安心感があることです。出品する際にはヤフオクのような利用料金がなく、その代わりにシステム利用料・落札者への楽天ポイン代を支払います。頻繁に楽天を利用している人は、ヤフオクよりこちらのほうがなじみがあるかもしれません。

ただし、利用者の数でみれば、ヤフオクに軍配が上がります。楽天オークションで落札したことがある人、ショッピングで楽天を利用している人は、こちらも検討してみましょう。

利用料金
出品手数料無料(システム利用料:落札金額の5.4%・落札者に付与する楽天ポイント代:落札金額の1.08%)

メルカリ

merukari

メルカリはスマホで手軽に出品できるという手軽さが魅力のオークションサイトです。

出品されているものは、インテリア用品やソファ、洋服やベビー・キッズ用品など、若い人向け、ママ向けのものが目立ちます。子供の洋服や使っていない香水、美容用品など、細かいものまで出品できるのが大きな特徴でしょう。

ヤフオクに比べてカテゴリーが限られている分、なんでも出品というわけにはいきませんが、女性向けのものはこちらのほうが目に留まりやすい可能性も。落札者もスマホで手軽に買う人が多く、少額のものが売れやすいという特徴もあります。

4.リサイクルショップに売る

71706

美品の家具、不要な食器類などは、リサイクルショップで売るという方法もあります。

最近は、地域に密着したリサイクルショップのほかにも、インターネットで探せるリサイクルショップが増えました。段ボールで送るだけで買い取ってくれるという業者もあり、一昔前のリサイクルショップのイメージよりも、幅広く展開されています。

また、最近出てきた業者の特徴は、買い取り・処分の両方に対応していることです。

不用品回収業者にも当てはまりますが、「買い取れるものは買い取り、買い取り対象外は処分」まで対応してくれる業者が増えていますので、万が一買い取り対象でない場合も、送り返されたり持ち帰ったりする手間を省けます。

ここでは、引越し・不要品買い取り・処分を一括で行える、お得な業者を一つご紹介しましょう。

トレファク引越(対応エリア:関西・中部・福岡・仙台)

tore

トレファクは家具の梱包、引越し先のセッティングから資材の準備まで、通常の引越しの準備と不要品買い取り・処分を行う業者です。引越し先は全国に対応していますので、上記対応エリアから全国へ引越しが可能です。

ブランド品から製造10年以内の電化製品、贈答品、インテリア雑貨まで、幅広く買取してもらえるのが大きな特徴です。引越しと不用品処理が一度にできますから、忙しい人は一気にお願いして手間を省くことができます。

近所のリサイクルショップを探す場合は、不要品回収業者と同じように「リサイクルショップ ○○市」でネット検索してみましょう。地域密着型のリサイクルショップもたくさん存在していますし、それぞれのHPで詳しく買取りできるもののリストが紹介されています。

5.引越し業者に依頼する

71707

引越し業者の中には、不要品の処分、買取りまで対応している業者があります。本業は引越しですので、すべての引越し業者にお願いするわけにはいきませんが、明確にHPで記載されている業者なら、確実引き取ってくれます。

不要品処分に対応している業者をご紹介しましょう。

ハート引越センター

haato

ハート引越センターは全国の引越しに対応している大手引っ越し業者の一つ。リサイクル料が必要な家電以外は、引越し料金内で引き取ってくれます。買い取りではなく処分ですので、本当に必要ないものだけを引き取り依頼してください。見積もり時に不用品の確認をお願いしておくと便利です。

ヤマトホームコンビニエンス

yamato

ヤマトさんでは不要な家具・家電の買い取りに対応しています。処分ではなくこちらは買い取りですので、処分する際は別途廃棄費用が必要です。

買い取りできるもの
冷蔵庫・洗濯機など家電類:製造より6年以内
家具類:購入より6年以内
雑貨など
買い取りできないもの
<家具類>
布生地製品の家具類(カーペット、カーテン、マットレス、布団など)
<家電製品>
エアコン、ブラウン管テレビ、パソコン、プリンター、ガスコンロ、ヒーター/ストーブ、コタツ、OA機器など
<その他>
貴金属、金券、美術品/絵画/骨董品、ブランド品、バッグ、靴、衣類、ゴルフセット、スキーセット、スノーボード、タイヤ、ゲームソフト、オルガン、健康器具など

業者によって、買い取りのみ対応、処分まで対応と、サービス内容が違っています。

引越し業者にお願いできれば一石二鳥ですが、あくまでも引越し業者ですので、必ず対応してくれるとは限りません。それぞれのサービスをよく確認し、見積もりの際に「不要品の処分、廃棄に対応していますか」と聞いてみるのが確実です。

6.友人にゆずる

71708

結婚で引越しする方、家具を大幅に買い替える方は、友人に譲るという方法も一つの手段です。

特に結婚する際は、単身用の冷蔵庫や小さ目の洗濯機などは、確実に不要になります。オークションで売りに出し、売れなかった場合は友人に譲るなど、引き取り手が思いつく場合は、選択肢の一つに入れておいてください。

リサイクル料のかかる4品目(エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビ)は、売却できない場合は人に譲ったほうがお得です。お金をかけずに処分できるうえに、人に喜ばれるというメリットまでついてきます。

まとめ

71709

一昔前まで不用品処理方法は「近所のリサイクルショップに売る」「粗大ごみとして処分する」「友人にゆずる」ぐらいの選択肢しかありませんでしたが、インターネットの普及により、多くの選択肢を選べるようになりました。

不用品処理方法は、内容や量によって最適な処分方法が異なります。子供の洋服や香水など、細かいものはオークションで売ってみる、大きな家電や家具は不用品買取・回収業者にお願いしてみるなど、内容によって処分方法を分けるのも一つの方法ですね。

引越し時はゴミも多く出ますので、その処理も考えておく必要があります。家族が多い場合は一括で処理できる不用品回収業者にお願いし、引越し時の手間を省いていきましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事