1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しの時の家電の梱包方法と処分方法【引取orリサイクル】


kaden0811
引越し時に大きな手間がかかる「家電」は、業者に運搬してもらうのが基本です。しかし、家電類の扱い方を知らない人が多いため、小型家電までそのままにしている人も。

大型家電はそのまま運搬しますが、小さな家電類は丁寧に梱包し、段ボールに入れておくのがルールです。動かないように緩衝材を入れて、いつでも運べる状態にしておきましょう。

この記事では、引越し時の家電の扱い方やリサイクルの利用方法について解説していきます。無駄なくスムーズに家電を運ぶために、ぜひ参考にしてください。

引越し業者に頼むなら家電は梱包しなくても大丈夫?

gyousyakaden0811
引越しする際、家電類の梱包はきちんとできていますか?家電=梱包しなくてよい、というイメージがあるかもしれませんが、実は梱包が必要なものもあります。

業者の人に任せっぱなしにせず、大切なものはルールに従って梱包しておきましょう。

<梱包する必要がない家電>
エアコン、洗濯機、冷蔵庫といった大型家電類は梱包する必要はありません。一人用の小型冷蔵庫もそのままでOK。

素人が梱包してしまうと運びづらくなり、逆に危険です。専用の資材を持ってきてくれますので、運ぶ際もプロにおまかせしておきましょう。

持ち手のあるオーブントースターやレンジも梱包の必要はなく、コンセントを抜いてコードをまとめておけば問題ありません。

<梱包したほうが良い家電>
小さな家電類は梱包が必要です。特に照明類・キッチン家電・プリンター・パソコン類の梱包は厳重に。

照明は傘を外し、緩衝材(プチプチ)で包んでおきます。

段ボールに入れられるものは入れておくのがルールですので、壊れないように新聞や緩衝材を敷き詰めて、動かない状態にしておきしょう。

キッチン家電は壊れやすいものが多いので、特に注意が必要です。細かい部品はできるだけ外して緩衝材で包み、動かないような形で段ボールに入れていきます。

プリンターはそのままで良いと言われることもありますが、故障しないように段ボールに入れておくほうが無難です。

デスクトップパソコンは本体とモニターをそれぞれ梱包して、段ボールに入れられる場合は入れておきましょう。

ノートパソコンは手持ちで移動させるのも一つの方法ですが、重い場合は厳重に梱包を。

アイロンや小さな照明(手元を照らす照明器具)、電話機なども梱包して段ボールに入れて運んでください。

家電は引き取りよりもリサイクルがお得!?

recycle0811
家電が不要になったら、リサイクルショップを活用しましょう。特に発売から3年~5年までの家電は高値で買い取ってもらえます。

テレビや冷蔵庫といった定番の家電のほか、便利なキッチン家電類も買い取りの対象です。

買い取り価格は新品の10分の1~5分の1程度が相場といったところ。新しければ新しいほど買い取り価格が高くなります。

ただし、冷蔵庫やテレビは製造から5年程度が買い取りの限度ですので、古いものはあきらめて引き取りにお願いしましょう。

新しいけどもう使わない、そんな家電を持っている時は、家電のリサイクルがお得と言えます。

意外と需要があるのは「一人用の冷蔵庫」です。

2ドアの冷蔵庫は一人暮らしでしか使用しませんので、「新品でも買えるけど、中古で十分」という人が中古で購入していきます。

期間限定のものや希少価値の高いものが買い取りの対象になりやすいようです。

家電の買い替えは引越しのどのタイミングで買えばいい?

timing0811
引越す時に家電を買い替える場合は、「買い替えてから新しいものを新居に運ぶ」「古いものを運んでおいて新しいものに買い替え」という2つのタイミングがあります。

どちらを選ぶのかは悩ましいところですね。

買い替えが決まっているのに古い家電を運ぶのは無駄に感じられます。

新居で新しいものを使い始めるのがベストですので、家電は引越し前に買い替え、新しいものを新居に運びましょう。

しかし、新しい家電を現住所に運び込んでおいて新居に運ぶ・・・というのもひと手間かかってしまいます。

そこでおすすめなのが「引越し前に家電購入 → 新居に新しい家電を運び込んで設置 → 古いものを引越し日に引き取り」という手順です。

新しく買った家電を新住所に運び込んでおいてもらい、古いものは引越し日に引き取りに来てもらいましょう。

家電量販店では引き取り日をずらしてもらうことが可能ですので、この方法が有効です。

ただし、新居が現住所から遠い場合はこの方法が使えませんので、購入した家電は引越し日当日に運んでもらいましょう。

「引越し前に購入 → 引越し当日に運び込みを依頼」という手順ですね。

古いものは家電量販店にリサイクル料を払って引き取ってもらうか、事前にリサイクルショップや家電引き取り業者に引き取ってもらいます。

毎日の生活に必要な冷蔵庫や洗濯機は引越し日ギリギリ(できれば前日)に引越してもらうとよいでしょう。

引越し業者に家電のみを運んでもらう事はできる?

kadennomi0811
近場の引越しや家電を知人に譲りたい場合、家電や大型家具だけを運搬してもらう、という依頼が可能です。

ほとんどの引越し業者で対応してくれますので、まずは見積もりをお願いしてみましょう。運搬するものと新居までの距離で料金が決定します。

料金体系は「家具・家電1点あたりの料金」ですので、通常の引越しと比べれば少し割高にはなりますが、大型家電を運ぶ手間を考えればお願いしたほうが良いでしょう。

料金目安は同一県内・家電1点あたりで5,000円~10,000円程度。家電が多い場合は「小さなトラック1台分」の料金になりますので少しお得になります。

家電は扱いも難しいですし、エレベーターのないマンションの場合はさらに運搬が難しくなります。

大きな冷蔵庫やエアコンがある場合は、素人の運搬は避け、プロの手で運搬をお願いしましょう。家電のみの運搬をうまく利用すると料金的にもお得ですね。

まとめ

引越し時の家電の扱いについて、さまざまなケースをご紹介しました。買い替えのタイミングは「引越し前」がベスト。

運搬時期や古い家電の処分方法を適切に手配しておけば、古い家電を運ぶ手間を省けます。

最近は細かい要望に応えてくれる引越し業者が増えて、無駄な手間をかけることなく引越しできるようになりました。

家電のみの運搬やリサイクルショップを上手に活用して、無駄なくお得な引越しをしてください。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事