1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越ししたけどナンバーを変更したくない!でも罰金になるって本当?


number0824
使い慣れたマイカーを移動させたい場合は、必要な手続きをきちんと済ませましょう。

管轄陸運局が変更になる場合は、住所変更だけではNGです。

ナンバープレートの変更まで完了させる必要がありますので、新生活を始める場所で必要手続きを行ってください。

とはいえ、初めてナンバープレートを変更する場合はその手順が分かりづらいものです。

ここではナンバープレート変更の手続きをわかりやすく解説していきます。

時間がない時の対処法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

引越しのナンバーの変更が必要な理由

道路運送車両法で定められている変更手続き

tetudukiriyuu0824
引越しの際に車も移動させる場合は、住所変更とともにナンバー変更が必要な場合があります。

管轄の陸運局が変更になる場合はナンバー変更まで必ず行いましょう。

道路運送車両法によると、「使用の本拠地が変わった場合には15日以内に変更登録の申請をしなければならない」と定められています。

つまり、管轄の陸運局が変更になる場合にナンバー変更をしておかないと、違法行為になってしまうということです。

法律に違反した場合は50万円の罰金が定められていますので、面倒くさいからと言ってそのまま移動させるのは絶対にNGです。

使い慣れた車のナンバーを変更したくないという人もいますが、法律で決められていますのでここはぐっとがまんを。

ナンバーにこだわりがある場合は希望ナンバーを申し込むことができますので、その制度を活用していきましょう。

ナンバー変更しておかないとどうなる?

手続きを怠ると、以下のようなトラブルが考えられえます。

・盗難や事故にあった場合に確認作業が遅れる
・所有車種にリコールがあった場合にその通知が受け取れない
・税金や保険の納付書類が届かず、延滞の原因に

また、これらに加えて前述したように罰金が科せられる可能性もあります。

以前のナンバーのまま利用している人もいますが、それは明らかな法律違反。決してリスクは小さくありません。

少し行動するだけでこれらのリスクを避けられるわけですから、引越しの際は必ず手続きを行ってください。

車のナンバーの変更方法と費用

syorui0824

まずは車庫証明を申請しよう

ナンバー変更には車庫証明が必要ですので、先に車庫証明を申請しましょう。

引越し先の車庫を確保し、管轄の警察署で申請手続きを行います。車庫証明申請に必要なのは以下の書類です。

自動車保管場所証明申請書(車庫証明申請書)
保管場所の所在図・配置図
保管場所使用原疎明書面(自認書)→ 月極駐車場や親せきの土地の場合は不要
保管場所仕様承諾証明書 → 自己所有の土地の場合は不要
免許証

これらをそろえ、書類をもって管轄の警察署に出向きます。

念のために認印は持参しておきましょう。

車庫証明の申請手数料は各都道府県によって異なりますが、おおよそ2,000円~3,000円前後です。

車庫証明の発行には最低でも3日程度、最大で7日程度は見ておく必要があります。

申請してすぐに手に入るものではありませんので、その点は要注意です。引越しをしたらすぐに車庫証明を申請してください。

ナンバー変更時に必要な書類

車庫証明を取得したら、以下の書類をそろえて管轄の陸運局に出向き、登録申請を行います。

自動車保管場所証明書(車庫証明)※発行1か月以内
車検証
住民票(新住所)※発行3か月以内
自動車納税申告書
申請書
手数料納付書

上記書類のうち、事前に準備しておくのは車庫証明と住民票です。

自動車納税申告書、手数料納付書、申請書は運輸局で当日手に入れることができます。

また、代理人が申請する場合は委任状も準備しておいてください。

自動車のローン返済が終わっていない場合も所有者と使用者が異なりますので、所有者の委任状、登記簿謄本(法人の場合)が必要です。

運輸局での手続きの流れ

運輸局では以下の手順でナンバー変更手続きを行ってください。

必要な用紙を購入して必要事項を記入する
申請に必要な手数料を支払う
ナンバープレートを返却
書類をそろえて提出する
新しい車検証とナンバーが交付される
古いナンバーを封印、新しいナンバープレートを装着

ナンバープレートを変更する場合は必ず車の持ち込みが必要ですので、陸運局へは車で出向いてください。

古いナンバーを外す工具は陸運局に用意されている場合が多いですが、念のため自分で持参するか、事前に確認したほうが良いでしょう。

新しいナンバープレートを装着したら、晴れて登録完了です。

ナンバー変更に必要な費用

車のナンバー変更には以下の費用が必要です。

申請書類の用紙代 100円
登録手数料 350円
ナンバープレート代 2,000円程度

手数料は地域によって多少異なりますが、おおむね上記費用と考えておけば間違いないでしょう。

車庫証明代と合わせて10,000円もあれば十分です。ただし、希望ナンバーを申請した場合は通常のナンバープレートよりも発行手数料が高くなります。

希望ナンバーの場合はナンバープレート代を5,000円前後準備しておいてください。

ナンバープレートの変更には上記以外の費用は必要ありませんが、車を輸送する場合は移送代が必要ですのでその分は余分に準備を。

大手引越し業者は輸送サービスがあり、東京↔大阪で30,000円から40,000円前後必要です。

手続きする時間がない場合は?

jikanganai0824
自動車の住所変更やナンバープレート変更は意外と時間がかかります。

車庫証明は警察署、ナンバープレート変更は陸運局と出向く場所も違っており、引越し後すぐに変更するのは非常にパワーが必要なものです。

仕事が忙しくてどうしても時間がないという人は、代行サービスの利用を検討しても良いでしょう。

全国対応の『けやきワントップサービス』によると以下の料金で代行サービスを利用できます。

・ナンバー変更が必要、車庫証明は自分で準備 → 28,000円
・ナンバー変更が必要、車庫証明まで依頼 → 38,000円

多少の出費はかかるものの、陸運局へ車を持っていってナンバー変更をするところまでお願いできて大変便利です。

書類調達までお願いしたい場合はオプションを利用しましょう。希望ナンバーの取得も別料金で対応してくれます。

まとめ

引越しの際の車のナンバープレート変更についてご紹介しました。手順をおさらいしておくきましょう。

・引越し後に車庫証明を警察署に申請
・住民票など提出書類をそろえる
・車で陸運局に出向き、新しいナンバープレートを交付してもらう

大きく分けるとこの3つのパートに分かれます。

車庫証明とナンバープレートの交付が違う場所ですので出向く手間がかかるうえに、必要書類をそろえるためには市区町村にも出向かなければなりません。

引越し後にスムーズに変更するためにも、手順をしっかり確認して、引越し後の手続きに備えてください。

また、費用に余裕がある場合は代行サービスの利用も視野に入れてください。

車の移送や引越し代金など大きなお金がかかる引越し作業ですが、せわしなく時間を切り詰めることを考えると、精神的にも体力的にも大変です。

仕事が忙しい方や小さな子供がいる家庭は無理をせず、前述したような代行サービスの利用を視野に入れて、費用を準備しておいてください。

新生活でも車はすぐに必要ですので、ナンバープレートの変更も早めに済ませて、落ち着いた気分で生活を始めていきましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事