1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越しの時にスーツをシワにしない上手なたたみ方と運び方


suitsiwa1103引越しの時の荷物の中で、最も手間がかかるのは「衣類」ではないでしょうか。

特に裾の長いスーツやコートは、畳んで運ぶとしわが付いてしまいます。運び方にも気を遣うものの一つです。

ここでは、スーツやコートの上手な運び方、たたみ方などをご紹介していきます。

引越し用梱包資材をうまく活用すれば、引越しの手間も省けて非常に便利です。ぜひこの記事を参考にして上手に運搬してください。

引越しの時のスーツやコートの運び方

suitscoat1103

しわにしないためにハンガーボックスを活用!

引越しの荷造りでは、「裾の長い衣類をどうやって運ぶか」が悩みの一つです。

特にスーツやコートはしわにしたくないもの。高価なものや仕事で使用するものは、荷造りも気を使います。ダンボールに畳んで入れると多少はしわが付いてしまいますので、可能な限りハンガーボックスを利用して運びましょう。

ハンガーボックスとは、衣類をハンガーにかけた状態で運べる梱包素材のこと。最近は引越し業者が用意してくれるようになり、非常に便利になりました。

スーツ・コートなど日常からハンガー掛けで収納しているものは、段ボールに荷造りするのではなく、ハンガーボックスにかけた状態で運搬可能です。

ハンガーボックスを希望する場合は、見積もりの際に必ず確認しましょう。

ハンガーボックスが付いているパックなのか、借りられるとしたら何個までなのか、自分の希望の個数は何個なのかなど、細かく打合せしてくのがポイントです。

特に家族のいる人はハンガーボックスを利用する場面も多いはずです。

職業柄スーツを着る機会が多い人は、ハンガーボックス1つでは収納しきれません。引越しパックによってはハンガーボックスが付いていない場合も考えられます。

事前の確認は非常に大切ですので、忘れないようにしてください。

また、ハンガーボックスにも種類があり、スーツが入る程度の通常バージョンのほか、ロングコートの裾が折れた状態にならないロングバージョンもあります。

大切なものをどうしてもしわにしたくない人は、ロングバージョンの有無の確認を。

少し裾が付いてしまっても大丈夫、という人は通常のハンガーボックスに入れ、裾が少し垂れた状態にしておけば大きなしわが付くことはありません。

段ボールにスーツを入れる場合

dannbo-rusuit1103コートやスーツが少量の場合は、段ボールに入れて運ぶ場合も多いと思います。

その場合は、たたみ方に一工夫すればしわになるのを防ぐことができます。できるだけしわにならないたたみ方をご紹介しましょう。

まず、袖の部分を中に織り込み、ふわっと2つ折り、もしくは3つ折りにして、段ボールの形に合わせてたたんで入れていきます。

この時、ハンガーをかけたまま入れられる大きさの段ボールならハンガー付きのまま入れてもしわになりません。

小さ目の段ボールの場合は必ずハンガーを取り、1つの段ボールに入れる衣類を3つ程度にとどめてください。

入れるときは互い違いに入れると荷物がずれず、さらにしわを防げます。入れすぎはとにかく厳禁ですので、たくさん詰め込むことだけは避けてください。

ひとり暮らしの場合はコートやスーツも少なめですから、段ボールに入れて運んでも支障はないでしょう。

折り目を少なくして、段ボールに詰め込みすぎないようにしておくのがしわにしないコツですね。

ハンガーボックスって無料で借りられるの?

hanga-muryou1103ハンガーボックスを借りられるのは、大手の引越し業者です。

地方に密着した小さな引越し業者の中には、ハンガーボックスを持っていない業者もあります。ハンガーボックスを利用したい場合は、事前に確認しておきましょう。

ハンガーボックスを無料で使えるかどうかは、引越し業者やパック内容によって違います。

「このパックは〇個まで」など、制限があるパックもありますので、申し込み時は要注意です。

最近では無料でハンガーボックスをレンタルできる引越し業者も増えてきましたが、それもケースバイケース。

一人暮らしのパックの場合は多くの場合、事前の梱包資材の中にハンガーボックスは含まれていません。利用を希望する人は、見積もり時の確認を忘れないようにしてください。

また、ハンガーボックス利用の際の注意点は引越し当日に作業する必要があること。

ハンガーボックスは引越し当日に作業員が持ってくる→ハンガーのついた衣類をハンガーボックスに入れていく、という流れです。

事前準備ではハンガーボックスに詰め替える作業ができないことがほとんどですから、当日の作業量も頭に入れておきましょう。

ハンガーボックスが借りられない・・・そんな時は?

hannga-karirarenai1103前述したとおり、ハンガーボックスはほとんどの場合引越し業者に用意してもらえます。

家族がいる場合はたくさんレンタルしておけば、引越しの手間を大きく省けるでしょう。

しかし、自力で引越しする場合や地方の小さな引越し業者にお願いした場合、ハンガーボックスを借りられないこともあります。

どうしてもスーツやコートをたたんで運びたくない人、また引越しの手間を省きたい人は、市販のハンガーボックスを利用して引越しするのがおすすめです。

ハンガーボックスは、さまざまな大きさ・素材のものが市販されています。実際に見てみたい人は近くのDIYセンターに足を運んでみましょう。

引越し業者からレンタルできるものとほとんど変わらないものが市販されていますので、そちらを購入してください。

ハンガーボックスはインターネットでも購入でき、簡単なハンガーボックスなら2個セットで1,300円~1,500円程度。保管までできるプラスチック製ハンガーボックスなら5,000円程度です。

何度も引越しをする転勤族の人は、繰り返し使用できる保管用の丈夫なものを持っておくのもおすすめ。

引越し準備もスムーズですし、収納場所がない場合はそのまま保管しておくことも可能です。

まとめ

スーツやコートをしわにしないで運ぶコツは、ハンガーにかけた状態のまま運ぶことです。

引越し業者で借りられるハンガーボックスが最適な運び方ですので、見積もりの際に必ず確認して、必要な個数を借りてください。

衣類をかけた状態のまま運ぶのは引越しの手間を省くことにもなり、非常に便利です。どうしてもたたんで運ぶことになったら、畳む回数を減らしてざっくりとした状態にしておくのが大切です。

詰め込みすぎると確実にしわになりますから、大きな段ボールに2・3着入れる程度にとどめてください。

大切なものは衣類用の袋に入れて、衣類の間にタオルをかませておくと綺麗に運ぶことができます。

大手引越し業者であれば確実にハンバーボックスを利用できます。家族のいる人、衣類が多い人は、業者から借りられるハンガーボックスをぜひ利用してくださいね。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事