1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

引越し時の清掃はどこまで?ハウスクリーニング業者へ頼むと費用は?


部屋の掃除

引越しの際は今まで居住していた部屋を掃除し、内見の際に少しでも印象を良くしておきたいものです。

どこまで清掃しておけばよいの?効率よい掃除の方法は?などなど、引越しの際の清掃についてこの記事で解説しています。

清掃のコツは原状回復が求められる部分を重点的にやること。

契約書の内容によってコツが少し違ってきますので、賃貸契約書を確認しておきましょう。

少しでもお得に引越しをするために、ぜひこの記事を参考にしてください。

引越しの時の清掃、どこまでやればよい?

引越し前の清掃は「原状回復」が目安

引っ越しの片付け
引越しする際の清掃はどこまでやればいいのか迷うところです。

あまりに汚れていると原状回復の規則で敷金から清掃料金を多く引かれてしまうのでは・・・そんな不安もあります。

引越し時の清掃は、基本的に「借主負担」となる部分をしっかりと清掃するのがコツです。

ここでは、敷金からハウスクリーニング代を大きく引かれないために、清掃で原状回復する方法を解説していきましょう。

借主負担とは「原状回復ガイドライン」の中で借主が責任を持つべき部分とされているところのことです。具体的には以下の部分です。

・カーペット部分のシミ、汚れ、カビ
・浴室、洗面台、トイレの汚れ、カビ、水垢
・キッチン全体の汚れ、油汚れ
・冷蔵庫の下の汚れ、さび
・部屋のクロスの汚れ(タバコのヤニなど経年劣化以外の汚れ)

「原状回復ガイドライン」には借主負担となる部分がさらに細かく記載されていますが、上記部分は「清掃」に関わるところだけに絞っています。

これらをきちんと掃除しておかないと、敷金から引かれるハウスクリーニング・清掃費用が高くなる可能性があるということです。

日常よく使う場所、特に水回りのキッチンやトイレ、浴室はいつもより少し念入りにしておけばOK。

年末の大掃除をする感覚で清掃すれば問題ありません。水垢は普段から掃除しておかないと取りづらくなりますので、その点だけは注意しておきましょう。

気を付けたいのは、カーペットのシミやカビ、クロスの汚れです。

原状回復で一番問題となりやすいのがこの部分で、経年劣化なのか借主個人の責任なのか区別がつきづらいところでもあります。

タバコのヤニで部屋全体ににおいや色が染みついている場合は、特に丁寧に掃除しなければいけません。

カーペット類はシミが落ちづらいので、専用の清掃液などで念入りに。汚れがひどい場合は1度の清掃では取り切れません。

引越し前から少しずつ清掃を進めておきましょう。

引越しの清掃を業者にお願いしたらいくらかかる?

清掃業者にお願いした場合の価格

そろばんどうしても政争の時間が取れない場合や、汚れがひどい場合はハウスクリーニング業者にお願いするのも一つの手です。

おおよその清掃費用の目安は以下の通りです。

<荷物がない場合の清掃費用目安>

アパート・マンション
ワンルーム、1K 20,000~38,000円
1LDK~2LDK 27,000~70,000円
3LDK~4LDK 53,000~85,000円
5LDK以上 65,000円~
一戸建て
ワンルーム   なし
1LDK~2LDK 27,000~78,000円
3LDK~4LDK 53,000~113,000円
5LDK以上 110,000円~

<荷物がある場合(居住中)の清掃費用目安>

アパート・マンション
ワンルーム、1K 30,000~45,000円
1LDK~2LDK 40,000~75,000円
3LDK~4LDK 80,000~105,000円
5LDK以上 100,000円~
一戸建て
ワンルーム   なし
1LDK~2LDK 40,000~120,000円
3LDK~4LDK 80,000~170,000円
5LDK以上 170,000円~

荷物がない場合は家賃の0.8か月分程度、荷物がある場合は家賃1か月分が目安といったところでしょうか。

このほかにも部分的にポイントでクリーニングをお願いすることができます。

時間がない場合はハウスクリーニングを利用するというのも一つの方法ですし、上記料金でお願いできるのであればそれほど高額ではありません。

ただし、いわゆる「ゴミ屋敷」のような汚れがひどい場合は倍以上の料金が必要と考えておきましょう。

また、クリーニングの内容が業者ごとに違っており地域によっても多少の価格差はありますので、お願いする場合はしっかりと内容確認を。

水回りだけでよい場合は部分クリーニングのほうがお得になる場合もあります。

自分でやるのがお得?業者にお願いするのがお得?

ハウスクリーニング
ワンルームは1LDKの場合はハウスクリーニング代もそれほど高くなく、業者にお願いしても料金面でそれほど大きな負担はのしかかりません。

でも、掃除にそれほどお金をかけるのは・・・と躊躇する人もいます。

今から引越しをして出ていく部屋にお金をかけたくない、という人も少なからずいるでしょう。

では、ハウスクリーニング業者にお願いしたほうが良いケース、自分で清掃したほうが良いケースを考えてみましょう。

<お願いしたほうが良いケース>

契約書に「敷金から原状回復費用を引かれる」と明記してある場合は、原状回復のためにきれいにし、敷金から引かれる清掃費用を少なくしておいたほうが良いでしょう。

仕事が忙しく手間がかけられない人、子供がいて掃除までできないという家族持ちの人、汚れが溜まっている人にハウスクリーニングをおすすめします。

何よりも時間が省けるのがメリットですので、上手に活用してください。

<お願いしないほうが良い(自分で清掃したほうが良い)ケース>

契約書に「ハウスクリーニング代として家賃〇か月分を敷金から引かれる」と明記されている場合、事前の掃除の有無にかかわらず引越し後に貸主がハウスクリーニングを依頼します。

この場合は事前にハウスクリーニングをお願いすると、はっきり言って損です。日常的な使用感、汚れをいつも通りの清掃で取り除く程度でOKです。

極端に壁やカーペットが汚れている場合は少し念入りに掃除し、経年劣化以外の汚れがないようにしておきましょう。

敷金から引かれる名目を「原状回復費用」としているのか「ハウスクリーニング代」としているのかで大きく違ってきます。

特に最近は契約時の特約部分に「ハウスクリーニング代を〇か月分」と明記される場合が増えています。

あいまいな「原状回復費用」で借主ともめないように、という貸主側の思いが反映されているようです。

筆者の経験では、10年以上前に借りていた賃貸物件は「原状回復費用」で敷金の半分を引かれ、直近で借りていた賃貸物件は「敷金なし・ハウスクリーニング代1か月分」でした。

原状回復のトラブルに注目が集まって以降は、貸主側の意識も変わってきています。

ハウスクリーニングをお願いすれば確実にきれいになりますが、引越しした後、貸主負担でハウスクリーニングが入るのであればお願いする必要はありません。

最近は貸主がハウスクリーニングを入れる物件が多いですから、できる限り自分ですみずみまできれいにするのが一番無駄なく料金面でお得と言えるでしょう。

まとめ

丘の女性

引越しの時の「原状回復トラブル」を避けるためにも、しっかりと清掃はしておきたいものです。

しかし、最近は引越し後に貸主負担でハウスクリーニングをお願いすることが多くなっていますので、自分でお願いする場合は汚れがひどい場合にとどめておいたほうがお得と言えます。

壁紙やカーペットのシミは特にトラブルになりやすい部分ですから、原状回復のために少し時間をかけて念入りに掃除しておきましょう。

また、「ハウスクリーニング代を〇か月分」という特約が付いている場合は大きな傷や汚れ以外の掃除は不要です。

絶対にクリーニング代を引かれるわけですから、無駄なお金をかける必要はありません。

特に汚れがひどくない場合は、普通の掃除+年末の大掃除程度の清掃でOKです。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事