1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

8月の引越しはお得?繁忙期と閑散期どっち?引越し料金は?


8gatsunohikkosshi1203

8月に引越しをすることになったら、いつごろから物件探しをすればいいの?8月の引越し相場は?時季外れの引越しは戸惑うこともあるでしょうし、相場もわかりづらいものです。

この記事では8月の引越しについて解説しています。

暑い時期は引越しをする人も少ないと考えがちですが、決してそんなことはありません。子供が夏休みになっているこの時期、家族の引越しは最適な時期でもあります。

繁忙期を避けてお得に引越しができる時期などをご紹介していきましょう。

8月は引越しの繁忙期?閑散期?

8gatsuhanbouki1203

上旬は落ち着き、中旬から繁忙期に入る8月

8月の暑いさなか、引越しするのは一苦労です。引越しに適しているとはいいがたい時期ですので、閑散期ではないの?と考える人も多いようです。

しかし、子供がいる人にとっては事情が違ってきます。子供が夏休みに入る時期は引越しに適した時期。

時間が自由になりづらい社会人の人は、お盆の長い休みを利用して引越しをする人もいるでしょう。長い休み=引越しに適した時期でもあるのです。

8月はお盆時期ぐらいから繁忙期になり、下旬にかけて繁忙期になります。どの月も下旬のほうが繁忙期ですが、8月は中旬から下旬にかけてが忙しくなる時期と言えるでしょう。

転勤や進学ではなく家の事情で実家近くに引越しをする人、9月から新生活が始まる人は8月下旬が引越しに最適な時期です。

暑さが気になる時期ではありますが、子供にとっては好都合ですし雨の少ない時期ですので天候の心配はありません。

「8月だからずっと閑散期」という考え方はNGです。上旬と下旬で事情が違ってきますので、繁忙期を避けるなら上旬がおすすめです。

8月の引越しで高くなる日、お得な日

8gatsutakakunaru1203

7月から8月にかけては夏休みの時期ですので、子供の学校のことは気にする必要がありません。

しかし、仕事がある大人はお盆休みか土日の引越しに限られます。下旬の土日とお盆休みに入る12日~16日は繁忙期と考えておけばよいでしょう。

繁忙期は当然、引越し料金も高く設定されています。

引越し料金をより安くするなら平日の昼間がベストです。仕事の事情で平日の引越しが難しい人もいますが、料金を重視するなら平日の引越しを選ぶのが賢いやり方です。

どうしても土日しか空いていないという場合は、引越し業者の都合に合わせて、午後からの引越しや深夜便を選ぶと安く引越しできる場合があります。

見積もりの時に「安く引越しできる日はありますか」と交渉してください。引越し業者の都合に合わせるのが引越し料金を安くする近道です。

8月の引越し料金の相場はいくら?

8gatsusouba1203

8月の引越しの平均相場

8月の引越しの平均相場を見てみましょう。

荷物の量や引越しの距離にもよりますが、おおよそ同一県内、想定量の荷物で計算してみると以下のような平均値になります。

8月上旬
ひとり暮らし 平均33,000円程度
家族(夫婦二人) 平均42,000円程度
家族(夫婦・子供二人) 平均67,000円程度

8月中旬~下旬
ひとり暮らし 平均66,000円程度
家族(夫婦二人) 平均82,000円程度
家族(夫婦・子供二人) 平均119,000円程度

上旬と中旬・下旬で差があるため相場だけではわかりづらいですが、やはり下旬は料金が高めです。

あくまでも平均ですので幅はありますが、繁忙期との差がはっきりしており引越し業者によってはこれ以上の金額になる場合も考えられます。

引越し料金が比較的安くなると言われている9月と比べると料金の差が歴然です。

8月全体の引越し相場
単身の引越し 52,000円 程度
家族の引越し 79,000円 程度

9月全体の引越し相場
単身の引越し 38,000円 程度
家族の引越し 75,000円 程度

大手引越し業者・月全体の比較ですので一概には言えませんが、8月の引越しが決して安い時期ではない、ということがわかると思います。

これらのデータからわかるのは8月に引越しをする場合は上旬の平日が最も安くなる、ということ。

夏休みに入って早めに引越しをしたい人は7月中に引越しを済ませており、8月に入ってから引越しをする人はできるだけお盆休みを利用しようとします。

そのため、穴場となるのは上旬ということです。

もっと安く引越しをしたいという場合は、荷物量の軽減や引越し資材の調達、引越し日時の調整で対応しましょう。

時期的に引越し業者が暇な時期ではありません。料金重視の人はできる限りのことをして、細かいところまで引越し料金を安くしていきましょう。

8月の物件状況は?空き部屋はあるの?

8gatsunobukken1203

8月の空き物件状況は?

最大の繁忙期である3月~4月には劣りますが、8月の下旬にかけては引越しの繁忙期に入るため、決して物件が少ない時期ではありません。

この時期に3月から4月にかけて空いた物件がそのまま残っていれば、家賃や敷金・礼金を安くする交渉のチャンスです。

また、3月の繁忙期では良い物件はすぐに埋まってしまいますが、8月の場合はそこまでではありませんから、じっくり選べるという大きなメリットもあります。

そう考えると、暑い時期の引越しにも利点はあるということですね。

家族がいる引越しの場合は、ある程度の広さが必要になります。新居探しも時間がかかる場合がありますので、早めに始めたいところ。

8月に引越しをする予定なら、7月の中旬ぐらいから物件探しをするのが最適な時期です。

8月の引越しは縁起が悪いと言われるワケ

8gatsuengi1203

お盆の引越しは縁起が悪い?

縁起の悪い時期の引越しは避けたい、という人もたくさんいます。実は8月の引越しは縁起が悪いという人もいて、その時期を避けて引越しをする人も。

では、なぜ縁起が悪いと言われているのでしょうか。

それはお盆の時期があるためです。

殺生をさけ、普段の行動を慎むべき時期であるお盆は、引越しを避けるべきという人もいます。

縁起が悪いというよりは、「避ける」「控える」「慎む」という意味で8月の引越しを避けたほうが良い、という人が多いようです。

縁起や風習を重んじる人にとってお盆は非常に大切な行事の一つです。新暦・旧暦の8月15日、7月15日周辺の引越しは避けたほうが良いかもしれません。

ただし、引越しの時期については特に禁忌があるわけではありませんので、縁起を担ぐ人はその時期を避けるぐらいの気持ちでよいでしょう。

まとめ

8月の引越しについて解説しました。暑い時期の引越しだから閑散期、と思いきや意外と込み合っているのが8月の引越しです。

引越し料金を低く抑えたい場合は上旬を狙い、下旬の引越しの場合は平日の昼間を狙うとよいでしょう。少しでも料金を安くしたい場合は、引越し業者の都合に合わせるという方法を実践してみてください。

引越し業者の空いた時間を有効活用できるため、引越し業者にも喜ばれます。

引越しに体力を使う時期ですので、事前に水分補給の準備を忘れずに。引越し業者の方にもお茶を渡すなど、心遣いが大切な時期です。

荷物のまとめ方を工夫するなどして、できるだけスムーズに引越しできるように準備しておきましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事