1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

9月の引越しの繁忙期は?料金をお得にするにはいつが良い?


9gatsunohikkoshi1203

サラリーマンにとっては一つの区切りでもある9月は、転勤が多くなる時期でもあり、時期によっては引越し業者が込み合っている時があります。

料金面でも繁忙期が反映されており、少し割高になることも珍しくはありません。

また、物件が多くなる分、空き物件をじっくり見たいという人にとってはお得なこともあります。

この記事では9月の引越しについて詳しく解説していきます。最適な引っ越し時期を選んで、お得な引越しを実現させてください。

9月の引越しはお得?繁忙期?

9月は転勤が多い時期!下旬は繁忙期に

9gatsutenkin1203

9月の引越しは、閑散期でも繁忙期でもなく、引越し業者の忙しさとしては「普通の月」といったイメージでしょうか。

おおむねそのイメージと合致している場合が多く、大手業者の意見の中にも9月は繁忙期の中に入っていません。

3月・12月に次いで転勤や退職が多い時期ではありますが、1か月まるまる込み合っているわけではないようです。

特に込み合うのは下旬です。どの月も下旬が込み合うことが多いですが、9月は特に最終週の土日に集中しているという意見が目立ちます。

その理由は、9月1日付で転勤辞令→下旬に引越し→10月に着任、という流れがあるから。

仕事をしている人ならわかると思いますが、辞令が出てから1か月程度で着任となるため、下旬に引越しをする人が集中します。

最終週の土日やシルバーウィークは混みあっていますので避けたいところです。地域事情によっても異なりますが、繁忙期と同じぐらい込み合うこともあります。

引越し料金に大きく影響しますから、引越し時期をずらせる場合はずらしたほうがお得です。

9月に安く済ませるならどの日が良い?

9gatsuyasukusumaseru1203

どの月でも下旬が繁忙期になりがちですから、当然ながら9月も上旬の平日がおすすめです。引越し料金も安めに設定されていることが多く、引越し業者の都合が良ければ割安な料金で引越しできます。

また、9月の繁忙期の特徴は、転勤による引越しが多いこと。転勤の引越しは会社負担もしくは一部会社負担となることが多く、料金交渉する人が少ないのも特徴の一つでしょう。

その分繁忙期の引越し料金相場が高くなりますから、個人の引越しで価格交渉する場合は少し難航する場合も考えられます。

最終週の土日やシルバーウィークに関しては、価格交渉は期待できないかもしれません。ただし、9月の繁忙期は下旬の週末、特に最終週の土日のみで、3月や4月ほど繁忙期になるわけではありません。

地域事情も関係していますので、料金がそれほど高くならない地域もあります。

料金を安く済ませるためには、早めの見積もりがカギです。見積もりを取る時に比較的空きのある土日にすれば、週末の引越しでもお得に引越しできるでしょう。

9月の引越し料金の相場

9gatsuryoukin1203

9月の引越し料金が高くなる時期は?

前述したように、9月は最終週の土日以外はそれほど込み合うわけではありません。平日であれば通常の引越しと変わりなく、日によっては閑散期と同じぐらいの料金になることもあります。

ここでは、9月に引越しした人の例を見てみましょう。

同一市区町村の引越し

単身・荷物少なめの場合
9月上旬 土日 20,000円 程度
9月中旬 平日 27,000円 程度
9月下旬 平日 30,000円~50,000円 程度

単身・荷物多めの場合
9月上旬 土日 20,000円~30,000円 程度
9月中旬 平日 28,000円~30,000円 程度
9月下旬 土日 50,000円~120,000円 程度

家族の引越しの場合
9月上旬 土日 30,000円~50,000円 程度
9月中旬 平日 40,000円~60,000円 程度
9月下旬 土日 65,000円~150,000円 程度

同一市区町村の場合、移動距離が短いため引越し料金はそれほど高くなりません。

しかし、上旬・中旬と下旬では少し料金に開きが見られ、やはり下旬が繁忙期であることを感じさせます。

また、シルバーウィークも繁忙期になり、長い休みが続く年は引越し料金がぐっと高くなります。

しかし、大きな引越し業者はスタッフも多く場合によってはそれほど繁忙期ではないこともありますので単純な比較は難しいところです。

3月や4月のように「必ず繁忙期である」という時期とは違い、「最終週の土日はほぼ繁忙期」「場合によってはシルバーウィークや週末が繁忙期」が9月の引越し事情と言ってよいでしょう。

9月は引越し業者事情に左右されやすい時期です。早めに引越し日を決めておくのがベストですが、転勤ですぐにでも引越ししなければいけない場合は週末の土日を避けて。

繁忙期は料金だけでなく、作業員の配置や意識にも影響します。できればゆとりある平日や上旬を狙って引越しするのがおすすめです。

9月の物件状況は?

9gatsuakibukken1203

転勤に伴って増えていく空き物件

9月は転勤が多くなる時期ですので、9月に入ると空き物件が増えてきます。部屋探しのベストシーズン、3月に次いだ第二のオンシーズンという人もいます。

3月や4月に比べてゆとりがあるのも大きなメリット。物件が多く比較的ゆっくり選べるという、引越しに向いている月でもあります。

物件にこだわりのある人、広めの部屋を探したい人はオンシーズンと思っていて間違いないでしょう。

下旬になると引越しの繁忙期に入りますが、その分空き物件は豊富ということ。不動産屋も3月や4月に比べれば込み合っておらず、対応も丁寧です。

そろそろ引越ししたい、良い物件を探したいという人にとってとても良い時期と言っても過言ではないでしょう。

9月の引越し、縁起が悪い?

9gatsuengigawarui1203

9月の引越しは縁起が悪いと言われる理由

「縁起の悪い時期には引越しをしたくない」そんな人も多いはずです。昔からの慣習を重んじる地域では、引越しの時期も縁起を担ぎ、良い日取りを選んで引越しをします。

実は「9月の引越しは縁起が悪い」と言われており、今でも引越しを避ける人がいます。理由はいろいろありますが、仏教の「正五九祭」に基づき、1月・5月・9月の引越しを避けるという説が有力です。

田植えや稲刈りのある5月・9月は忙しく、その時期に引越しをするのは避けるという意味合いもあります。

しかし、縁起が悪いと言われている時期に引越しをしても問題はなく、その時期に引越しをしたからと言って悪いことが起きるわけではありません。

特に縁起の悪さが気にならない場合は、いつでも引越ししてOKです。

まとめ

9月の引越し事情を解説しました。

それほど引越しが込み合う時期ではないものの、下旬は繁忙期になることもあるのが9月の特徴です。シルバーウィークは年によって休みの長さが違いますので、その年の休みの長さによっても繁忙期の時期が違います。

転勤が多く最終週の土日が込み合うという特徴もあります。

また、料金面は3月・4月に比べるとそれほど高くはありません。最大の繁忙期に比べれば、最終週の土日もお安め。

もちろん距離が長くなる・荷物が多くなるごとに料金は上がっていきますが、単身や標準的な荷物の引越しであれば、それほど影響はないでしょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事