1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

11月の引越しは閑散期?お得な料金で引越しするには?


11gatsukansanki1203

引越し料金をできるだけ安くするには、閑散期を選ぶのが賢いやり方です。

繁忙期に比べて半額程度で引越しできる場合もあり、料金重視の人にとっては閑散期がベストと言えるでしょう。

1年のうちでも11月は特に閑散期と言われています。

ここでは11月の引越し事情や物件の状況、縁起の良い引越し日などについて解説しています。よりお得に引越しする方法もありますので、引越しを考えている人はぜひ参考にしてください。

11月の引越しは繁忙期?閑散期?

1bannokansanki1203

1年で1番と言ってよいぐらいの閑散期

夏休みも終わり、少し寒くなってくるこの時期、引越し業者は閑散期に入ります。

1月に入ると繁忙期と言ってよい時期が来ますが、その直前である11月は閑散期と考えておいて間違いありません。年末までに引越しするには少し早く、転勤や進学もほとんどない時期ですから、自然と閑散期になります。

11月は行楽シーズンで祝日も2日ありますから、連休や祝日は引越しよりも行楽地へ出かける人が多い時期です。

また、結婚式にも適したシーズンですので知人の結婚式にもよく呼ばれることもあるでしょう。

紅葉を楽しむ、子供の七五三に出かける、いい夫婦の日に食事にでかける、友人の結婚式に出席するなど、引越し以外の出費が必要になる時期でもあります。

大きな出費が必要になる引越しは避ける人が多いのも納得です。

引越し料金重視の人は、1年で最も閑散期になる11月の引越しがお得です。

オフシーズンは引越し日時も希望が通りやすく、希望通りの引越しができるのが大きなメリットです。

荷物が多く引越し料金が高くなりがちな人、遠くに引越しを考えている人は、ぜひ11月の引越しを検討してください。

11月の引越し料金はお安め?

閑散期の料金で引越しできる時期

11月は上旬・中旬・下旬の引越し料金の差が少なく、比較的安い料金で引越しできる時期です。

一般的な料金、大手引越し業者による閑散期の料金で比較してみます。

単身・荷物少なめの場合
30,000円~50,000円 程度

単身・荷物多めの場合
50,000円~75,000円 程度

家族の引越しの場合
60,000円~130,000円 程度

荷物量・引越し距離によって料金に差が出ますが、県内の引越しであればおおむね上記料金内で引越しが可能です。

家族がいる場合はちょっと料金が高めに感じられますが、4人家族の場合は10万円を超えてしまう場合もよくあります。安くするためには荷物を少なめに整理しておき、すっきりとスリムな引越しを目指しましょう。

1ヵ月を通じて閑散期の11月ですが、その中で繁忙期を上げるなら月末最終週の土日です。

また、祝日が土日に続いて連休になっている時期も、若干引越し件数が増えることが考えられます。繁忙期を完全に避けるなら、土日を避けて平日に引越し日時を設定しましょう。

閑散期ですので希望の時間が通りやすく、引越し料金が跳ね上がることはほとんどありません。

もっと安くするならどうすればよい?

mottoyasuku1203

もっと引越し料金を安くするとすれば、引越し日時を引越し業者の都合に合わせると安くなる可能性はあります。

ただし、閑散期の料金ですから料金がもともと安めに設定されています。11月は値引きが難しいかもしれません。

最も安くするには、引越しトラック1台分、コンテナ1台分など、最低限の資材で運べる荷物量にしておくことが大切です。

値引きをするというよりは、料金増加を防ぐといった意味合いのほうが強くなります。

引越し業者が利用する引越し資材、作業員が増えるごとに料金が加算されますので、荷物量には十分注意しておきましょう。パック料金内で収まるようにしておくと、料金の加算を防げます。

業者によっては日時を指定しないことで料金が安くなりますので、交渉してみる価値はあります。複数の引越し業者で見積もりを取り、最も安いところにお願いするという基本も押さえておきましょう。

11月の物件事情は?

11gatsubukkenjijyou1203

11月は物件がやや少なめで探しづらい時期

引越し閑散期である11月は、当然ながら物件も少なめになります。繁忙期に比べれば探せる物件の量が少なく、物件にこだわる人には向いていない時期です。

9月・10月の転勤の多い時期を過ぎ、まだ空いている物件があれば家賃交渉が可能な場合もあります。ただ、たくさんの物件から選びたい人はこの時期を避けましょう。

10月・11月はブライダルシーズンでもあり、若い夫婦向けの物件や家族向けの物件はすぐに埋まってしまう可能性もあります。

特に新築は新しい家族を持った人に人気が高いですから、見つけた場合は早めに決断を。物件が少ない時期だからこそ、早めの決断が必要な場合もあります。

日当たりが良い、間取りが良いなど良い点が多い人気物件は当然ながら空きも少なめです。

11月に引越しを考えている人は、少し早めに物件探しをするのも一つの手ですね。こだわりがある人ほど早めの物件探しがおすすめです。

11月の引越しは縁起が良い?悪い?

engigayoiwarui1203
11月の引越しでは、特に縁起が悪い日はありません。

季節的にも縁起が悪い時期ではなく、引越しを避けたほうが良いという言い伝えもありませんから、縁起を担ぐ人も気にする必要はないでしょう。

どうしても気になる場合は、「不成就日」と言われる縁起の悪い日を避けるとよりベストです。不成就日は何事にも縁起が悪く、新しいことを始めるのに向いていません。

「大安」「天赦日」「一粒万倍日」は縁起が良いと言われていて、この日に引越しをする人もいます。

縁起が良い日は引越し業者が込み合うことも考えられますが、繁忙期ほどの忙しさではありません。料金が高くなることも考えられなくはありませんが、それほど心配することはないでしょう。

料金重視の場合は日を選ばないほうがお得ですので、見積もりの際に引越し業者の都合をヒアリングしてください。

まとめ

11月は1年の中でも特に引越しが少ない時期で、料金を重視する人にとって最適な時期です。季節的にも汗をかく時期ではなく、引越しには適した時期ですからねらい目でもあります。

物件が少なめという点では、家にこだわりのある人にとってはベストと言えませんが、比較的ゆっくり探せる場合もあります。

ただし、前述したようにブライダルシーズンでもありますので、人気の家族向け物件は埋まりやすいという特徴も。若いカップルが多く住んでいる地域に引越しをする場合は、物件探しを早めに始めましょう。

また、閑散期と言っても「複数の引越し業者に見積もりをお願いする」「荷物を整理しておく」「引越し日時を業者の都合に合わせる」など、料金を安くする努力は怠ってはいけません。

家族の引越しは県内の移動でも大きな出費となりますので、できる限りの努力を欠かさないようにしておきましょう。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事