1番安い引越し業者教えます!

みんなのリアルな引越し体験レポートをまとめています。これから引越ししたい方は参考にしてみてください。

12月の引越しは繁忙期ってホント?安く引越しする方法は?


クリスマスの帽子と女性

何かと忙しくなる12月に引越しする予定になったら、どうしますか?仕事も忙しいうえに引越し業者も込み合い、さらには料金も高くなりがちな時期です。

よりお得に引越しをしたいなら、スケジューリングや見積もり交渉に工夫が必要です。

ここでは、12月により安くスムーズに引越しをする方法を紹介しています。年末の忙しい時期に・・・と嘆いている人はぜひ参考にしてください。

引越し日時や荷物整理を徹底して工夫すれば、安くスムーズな引越しが可能です!

12月の引越しは繁忙期?閑散期?

年内に引越ししたい人が集中する12月

散らかった部屋

暮れが押し迫る年末にかけては、転勤や配置換えも若干あり、引越し件数が増加していく時期です。

「年が明ける前に引越しを済ませておきたい」という人が12月に集中して引越しをします。

特に集中するのは中旬から下旬で、引越し業者も繁忙期(3月・4月)に次ぐ忙しさになります。

年始には引越しを済ませておき、落ち着いた気分で新生活を始めたいと思うのは自然な流れです。そのため年末・年始で比べると、明らかに年末のほうが込み合っています。

帰省ラッシュにぶつかると渋滞に巻き込まれる可能性もあり、引越し業者は非常に忙しく、また時間が読めない時期でもあるでしょう。

昔から「師走」と言われるだけあり、世の中全体が年末に向けて忙しくなる時期です。人込みも多く帰省ラッシュの時期は道路まで混みあいます。

引越し業者ももちろん例外ではありませんので、12月の引越しは繁忙期であることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。

月の中で少しでも込み合わない時期を狙うのがスムーズでお得な引越しのコツです。

12月の閑散期はいつ?

閑散期の海

12月は月を通じて忙しい時期ですが、比較的すいている時期を上げるとすると12月上旬の平日です。午後便やフリータイム便を利用するとさらにお得になるでしょう。

12月は繁忙期に次ぐぐらいの料金になりますが、平日であれば料金を抑えることは十分可能です。縁起を気にしない場合は、大安の日を避ければさらに安くなる可能性もあります。

引越し業者に忙しい日をヒアリングしておき、その日を避けて引越し日時を決めるという手もありますので、見積もり時にしっかりと確認・交渉していきましょう。

12月の引越し料金はどれぐらい?

繁忙期と同じぐらいの料金になることも

5万円

12月は繁忙期と同じ料金になることも珍しくありません。大手引越し業者に見積もりを取ったと仮定して料金を比較してみましょう。

単身・荷物少なめの場合
30,000円~50,000円程度

単身・荷物多めの場合
50,000円~75,000円程度

家族の引越しの場合
60,000円~130,000円程度

上旬の平日は最安値に近くなり、下旬の土日は最高値に近くなります。

しかしこれは主に同一県内を想定していますので、100kmを超える移動距離の場合はこの見積金額より高くなる可能性もあります。

最終週に東京→札幌の引越しをすると、単身でも10万円近い金額になることもあります。特に荷物が多い人、家族の人は料金が高くなりやすく、引越し料金を抑えるなら時期を選ぶのがとても大切です。

平日の引越しは時間的に厳しい場合も多々ありますが、できる限り引越し業者の繁忙期を避けてください。

少しでも料金を安くするには?

お財布

前述した通り、ひと月の中でも忙しい時期、比較的空いている時期は確実に差があります。

引越し業者の都合に合わせて引越し日時を決めるのがベストですが、それが難しい場合は午後からの便やフリータイム便を選ぶなど、時間だけでも調整してみましょう。

午前中から引越しをしたい人が多いので、午後便にすると料金が安くなる可能性が高くなります。

また、「複数の引越し会社に見積もりをとる」「荷物量をできるだけ少なくする」など基本的なところをしっかり押さえておくのも大切です。

繁忙期だからこそ、基本を忘れずに。パック料金ならそのパック内容をよく確認して、その中で収まるようにしてください。

余分な加算料金が増えていかないように、最小限の荷物で引越ししていきましょう。

12月の物件状況はどんな感じ?

12gatsubukken1203

年内に引越しする人が多く出る時期

12月は第二の繁忙期ですから、物件数も多くなります。単身よりも家族用の物件に空きが多いという意見も。

11月ぐらいから物件が出始め、12月はたくさんの物件から選べる時期になりますから、理想に近い物件が選べるでしょう。

繁忙期は「物件は多いけどすぐに埋まってしまう」という特徴がありますので、物件選びは1日に固めておき、ある程度狙いを定めて内見→決定という流れが理想です。

家族がいる人は夫婦で日程を調整する必要がありますから、物件探しの日程も大切なポイントですね。当然ながら、条件の良い物件ほどうまりやすくなります。

この時期はブライダルシーズンも迎えていますので、家族向け新築物件は埋まりやすいと考えておきましょう。良い物件が多い分、早めの決断が必要ということです。

12月の引越し、縁起が悪いの?

engigawarui1203

縁起を担ぐ人にとっては、引越しに関する縁起の良い日・悪い日も気になるところですね。

12月は「師走」と言われる忙しい時期ではありますが、引越しに向いていない時期ではありません。縁起が悪いという言い伝えもなく、12月をわざわざ避ける人もいないと言ってよいでしょう。

引越しに縁起が悪いと言われているのは「1月・5月・9月」で、古い言い伝えを重んじる人はその時期を避けることも。

12月はこの古い言い伝えでは特に言及されておらず、縁起の悪い日もありません。あえて避けるのであれば、何事も成就しないと言われている「不成就日」を避けるのがベストです。

縁起が良い「大安」や「天赦日」「一粒万倍日」は引越しにも適しています。

縁起が良い日と土日が重なっていると込み合うこともありますが、平日であれば縁起の良い日も比較的スムーズに引越しできるでしょう。

縁起を重視する人はぜひ参考にしてください。

まとめ

1年で最も忙しい時期である12月。引越しをするとなると何かと大変ですので引越し計画はしっかりと立ててください。

物件選びから引越しまでのスケジューリングは非常に大切です。公的機関も込み合っていますので、できる限り早めに動きましょう。

12月の特徴は「第二繁忙期」であることです。年末までに移動しておきたい人が一斉に引越しをする時期ですので、料金面では少し高めになります。

そんな時こそしっかりと基本を押さえて、荷物整理と見積もりを徹底してください。また、ブライダルシーズンならではのきれいな物件が出やすいのも特徴の一つです。

新築は埋まりやすいので早めに決定を。良い物件の有無や間取りをあらかじめ調べておき、内見で即決するのが賢いやり方です。

「理想の間取り」や「押さえておきたい条件」をあらかじめ決めておくとスムーズに決定できます。


lp4





スポンサーリンク


  関連記事